残り物には福はない

☆第657号☆

いつもメルマガをお読みいただきありがとうございます。
株式会社サヤトレの増田圭祐です。

「プレジデント」や「東洋経済」のようなビジネス雑誌

もしくは『週間少年ジャンプ』をコンビニで買う場合
私は、必ず下の方に置いてある雑誌を選びます。

理由は単純に立ち読みされていない
綺麗な商品が欲しいからです。

同じ商品を同じ値段で買うのであれば
誰かの手アカが付いているヨレた雑誌よりも
綺麗な新品の雑誌を選択するのは
消費者として当然の心理でしょう。

仮に上記の行動を全員が行えば結果的に
汚れた雑誌が売れ残る事になります。

これは、物やサービスだけではなく
基本全てにおいて同じ事が言えるでしょう!

「金融商品」や「投資話」でも同じです!

私は、過去に証券会社に勤めて
お客様に金融商品を販売しておりました。

証券会社の扱う金融商品は毒饅頭もあれば
買えたら勝ちみたいな素晴らしい金融商品もあります。

内部にいた立場からお伝えすると・・・

【条件の良い金融商品は一瞬で無くなります!】

「条件の良い金融商品」の定義は
「リスクの割に儲かる可能性が高い」とお考えください。

条件の良い投資商品が出た場合
主幹事証券には、投資家から電話が殺到します!

販売金額に制限がる場合
ほぼ1日で売り切れてしまうでしょう。

「瞬間蒸発」と言います!

瞬間蒸発する金融商品の例としては
注目度高いIPO(新規公開株)などが基本です。

その他、2009年に発売された
ソフトバンク社債年利5.1%(期間2年)

上記のように好条件の債券も瞬間蒸発していました。

社債とは、お金をソフトバンクのような企業に貸して
貸した期間に応じて金利が受け取れるイメージです。

上記の場合ですとソフトバンクに100万円を
1年間貸せば5万円の金利が受け取れます。

期間2年なので100万円が
2年後に110万円になるイメージです。

500万円だと50万円の儲け
1000万円だと100万円の儲けになります。

投資リスクとしては元本保証をソフトバンクが行っているので
ソフトバンクが潰れた場合に投資した元本が割れます。

ソフトバンクが赤字になろうが
株価がどれだけ下がっていても関係ありません。

しかし過去に社債が償還までに
倒産した企業の例は実際にあります。

社債を購入する発行体企業が
倒産するかしないかが一番の判断材料です。

期間2年なので既に償還を迎えておりますが
つい最近は、第45回が発行されておりました。

利率を確認しましたところ1.45 %(期間5年)
(お父さん応援隊長トートバッグ付き)

証券会社員&投資家の立場からすると
「お父さん応援隊長トートバッグ」みたいなオマケはいらん。

その製造コスト分を利率で上げてくださいと感じます。

条件の良い金融商品はお客から
問い合わせですぐに売り切れる。

逆を言えば・・・

営業員から丁寧に電話がかかってきて
セールスをしてくる時点で売れ残っているのです。

不動産で考えてみてください。

1つの物件を1社専属で
取り扱っている訳ではありません。

複数の会社が同時に取り扱っています。

もの凄い良い条件の物件があれば
何日間も放置されて残っている訳がありません。

本当に条件の良い物件は、空き情報が
一般公開されるまえに買い手が見つかります。

そして一般公開されてからも
当たり前に良い物件からドンドン売れていきます。

ご丁寧にコストをかけて2人がかりの訪問してきて
投資用物件をセールスしてくる時点において
その物件は、誰も買わなかった売れ残り物件とお考えください!

(※そこから交渉で安くすれば話は変わってきます。)

私は多くの証券会社で口座を持っているので
毎日、証券会社からメルマガが届きます。

時より金融商品のセールスメールも届きます。

そのようなメルマガが届くと私は
「なるほど~この商品が今売れ残っているのか~」と考えます。

もちろん例外もありますので全てとは言えませんが
ほとんどの場合にこの考えは当てはまります。

投資の参考になれば幸いです。

(まとめ)

【良い条件の金融商品はすぐに売り切れる!】

【セールスが来る時点で売れ残りの可能性が高い!】

【売れ残りの商品はダメな確率も高い!】

■高機能版サヤトレお申込みフォーム
⇒ http://investars.jp/member/form-new.html

■相場の上下は考えない「期待値」で考える株式トレード術
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4775991272/investars0e1-22/ref=nosim

■サヤ取りランク ⇒ http://sayatori.net/

(メルマガ読者限定公開ペアの仕掛け情報は仕掛け配信&編集後記にて)

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆ 株式市況 ☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【株式市場】
日経平均   14,337.79 +295.62(2.1%)
JPX日経400 10,666.60 +173.91(1.6%)
TOPIX     1,169.13 +19.08(1.6%)

NYダウ 16,533.06 +158.75(0.9%)
ナスダック 4,131.538 +34.647(0.8%)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆ サヤ取り銘柄ペア ☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【メルマガ読者限定サヤ取り公開ペア】

準備中

【サヤ取り投資クラブSIGMA売買シグナルペア】

「株式サヤ取り正会員」のシグナル配信のペアにおいて
メルマガでは、一定期間銘柄ペアは伏せております。

【かい離方向狙い】
■4月10日 寄付き仕掛け
ペアNo.1 ペア損益率 4.71%
売り銘柄 【8802】三菱地所
買い銘柄 【8830】住友不
https://investars.jp/multichart.php?q=8802:8830&term=1

【回帰方向狙い】
■5月13日 寄付き仕掛け
ペアNo.2 ペア損益率 4.24%

【回帰方向狙い】
■5月14日 寄付き仕掛け
ペアNo.3 ペア損益率 -0.92%

【回帰方向狙い】
■5月15日 寄付き仕掛け
ペアNo.4 ペア損益率 -5.70%
売り銘柄 【8604】野村
買い銘柄 【8601】大和証G
https://investars.jp/multichart.php?q=8604:8601&term=1

【回帰方向狙い】
■5月15日 寄付き仕掛け
ペアNo.5 ペア損益率 2.93%

【回帰方向狙い】
■5月22日 寄付き仕掛け
ペアNo. ペア損益率 0.92%

【回帰方向狙い】
■5月22日 寄付き仕掛け
ペアNo. ペア損益率 1.31%

保有ポジション全体の合計損益率 7.48%
(損益率は、四捨五入で計算されています。)

■サヤ取り売買シグナル成績(月次更新)
⇒ http://get-okuman.com/results/2014-record.pdf

■サヤ取り売買シグナルをご希望の方はこちら
⇒ http://www.get-okuman.com/gold.html

【FX金利裁定取引】
売り 豪ドル(●●証券) ←損失
買い 豪ドル(●●証券) ←利益
合計損益=利益 ←スワップ金利が毎日入り続けます!

豪ドルを『売る』FX会社はこちらをクリック
⇒ http://investars.jp/about/dmm.html

豪ドルを『買う』FX会社はこちらをクリック
⇒ http://investars.jp/about/livestar.html

■FX金利裁定取引の概要はこちら
⇒ http://investars.jp/sayatori/fx-technique.php

■サヤ取りに関する書籍一覧
⇒ http://investars.jp/about/book.php

■サヤ取り投資おススメCFD口座
(レバレッジ5倍で株取引が出来ます)
⇒ http://investars.jp/about/igmarkets.html

■サヤ取り投資ペアのランキング&口コミサイト
⇒ http://sayatori.net/

no_image1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆ 仕掛け配信&編集後記 ☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ 明日のサヤ取りペア新規仕掛け ☆
銘柄コード  銘柄名
売り ●●●●   ●●●●
買い ●●●●   ●●●●

こちらのコーナーはメルマガ登録者限定の内容になります。

【無料】サヤ取りメルマガ登録はこちらから

サヤ取りメルマガ登録


無料で株式サヤ取りの銘柄ペアを検索することが出来るツール!

banner_00103_300_250_02
質問、感想、仕事の依頼はこちらからご連絡ください。
https://investars.jp/contact.php

投資判断の材料・情報提供を目的としたものであり投資の勧誘を目的としたものではありません。最終的な投資の判断は自己責任にて行ってください。また、各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容・有益性を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当方および本情報提供者は一切の責任を負いかねますので御了承ください。








メールアドレス

関連記事

  1. リスクは、人によって違う

  2. 証券税制マスター講座 ステップ1

  3. 日本株のシェアを取り戻そう!

  4. 投資業界は逃げるが基本

  5. 新規上場株で大儲け

  6. 成功に必要なのは「継続」であり、継続するには「情熱」が必要

  7. 個人の影響力=お金

  8. 投資セミナーでの学び

  9. 株主優待タダ取り2013年版!

人気記事

おすすめ記事

増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP