富裕層がお金を持っている事を隠す理由

株式会社サヤトレの増田です。

直近取り上げる事が多いテーマですが
本日も「富裕層」に関してお届けします。

富裕層がお金持ちである事を隠す理由についてです。

【関連記事】

銀行員・証券会社員のような金融機関の
特権の一つにその人の金融資産が分かります。

私は、証券会社に入社して富裕層と出会う中で・・・
「えっ!こんなおじいちゃんが1億円持ってるの?」

上記のような経験を数多くしてきました。

お金持ちの家の外観には共通点も多く
営業で外回りをしていた私のような者には
お金持ちの家は、すぐに分かるのです。

真にお金を持っている高齢の富裕層の多くは
自分がお金持ちである事を世間に隠しがちです。

私が大手証券会社の色のついた紙袋に
粗品を入れて自宅に伺うと君の会社と
取引している事がご近所にバレるから
辞めて欲しいと言われた事もあります。

富裕層がお金持ちである事を
世間に隠そうとする最大の理由は・・・
「自分の身を守るためです」

富裕層は、資本主義社会という
スポーツで勝っている状態なので
何かでの逆転負けのリスクを嫌います。

お金持ちは、リスクヘッジのために
お金を持っている事を隠す傾向があるのです。

お金持ちであるリスクは意外に沢山あります。

【お金持ちが抱えるリスク】

  • ■強盗にあう可能性が上がる
  • ■詐欺師に狙われる可能性が上がる
  • ■誘拐にあう可能性が上がる
  • ■勧誘・営業が多くなり時間を奪われる(金融機関など)
  • ■税務署などに目をつけられる可能性が上がる

などなど

上記のような面倒から解放され
ゆっくりと静かな場所で過ごしたい富裕層は
お金持ちである事を隠すのです。

また上記の傾向は保有している金融資産額や
富裕層になった経緯によっても異なります。

資産100億円持ってメディアにも出ている
突き抜けた有名人などであれば、襲われる
可能性は低く、逆に身が安全だったりします。

ソフトバンクの孫社長や楽天の三木谷社長の自宅に
泥棒に入ったり、詐欺をする勇気はないイメージです。

しかし、特にメディア露出もない普通の富裕層は
顔も名前も世間に出ていないので狙われやすいです。

また富裕層の中でも3ステージくらいに分かれています。

■1億円の富裕層

■10億円の富裕層

■100億円の富裕層

1億円の富裕層は自分で車を運転します。

さすがに専属のドライバーを雇うだけの資金はありません。

10億円の富裕層は、専属のドライバーを雇い
運転はプロに任せる事が出来ます。

100億円の富裕層は、逆に
自分で運転する人もいます。

その理由は、雇ったドライバーが
もし自分を裏切った場合に多くの
大きなリスクを抱えているからです。

100億円の富裕層は、自分の命を預ける者には
絶対的に裏切らない信頼出来る者でないといけないのです。

お金を持ち過ぎる事で人間不信になったり
身動き取り辛く不自由になる事もあるのです。

上記のようにお金持ちはお金持ちなりの
リスクや悩みを抱えて生活しているのです。

良いか悪いか分かりませんが
お金持ちは、よりお金持ちになり
2極化するのが資本主義社会です。

上記のようなリスクを回避するためにも
自分はお金持ちではない風を装う
富裕層が多いのではないでしょうか?

私の意見ですが、個人の金融資産は
1億円程度が仕事も頑張れて
ちょうどいいと考えています。

100億円あることが世間にバレたら
不自由な人生になるかもしれません。

本日の内容を踏まえて読者様は
いくら金融資産を築きますか?

一度考えてみるといいかもしれません。

関連記事

  1. 元うつ病患者のメンタル管理の方法

  2. レオパレスの不正を暴いたテレビ東京のガイアの夜明け

  3. 投資家オンラインコミュニティー参加方法

  4. 会社に雇われるリスク

  5. ジェダイの騎士から学ぶ投資メンタル(精神論)

  6. サヤ取り投資が普及しない3つの理由

  7. 個人が使えるお金の上限は年間3000万円

  8. MMT(現代貨幣理論)の解説(ウォーレン・モズラーの名刺)

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
 
PAGE TOP