100億円稼ぐ具体的な方法

株式会社サヤトレの増田です。

友人が国家プロジェクトに関わっており、
先日私が本人から直接聞いた話を書きます。

【参考記事】

タイトルはキャッチーに「100億円」
と書きましたが実際はもっと儲かるでしょう。

このメルマガ・過去記事のブログを
将来的に何人の方が読むかは分かりません。

しかし・・・

この方法は、非常に応用が効きます!

仮に1万人が読んだ場合は、
1人くらいインスピレーションから
成功される方が出ると思います!

確率としては0.01%!

十分に有り得る話ですので数年後に
この記事をきっかけにして大儲け出来た場合は
ぜひとも増田までご連絡くださいませ。

【連絡先】 info@investars.jp

前置きは以上として・・・

100億円稼ぐ具体的な方法は・・・

「無限に近くタダで手に入る物を有料で販売する」事です!

意味が分かりますでしょうか?

100%実例を出すと企業が特定されるので
イメージを置き換えて具体的にお伝えします。

一番の成功例イメージとしては「原油」です。

地下から勝手に湧き出るにも関わらず有料で販売されています。

日本ならば「温泉」もイメージに近いです。

運よく原油や温泉を掘り当てる事が
出来れば大金持ちになれるでしょう。

述べたい事は上記なのですが
現実問題としては、非常に可能性が低いので
もう少し個人でも可能性のある話に置き換えます。

まず大量にタダで手に入るのが条件です。

上記のような縛りが発生すると
基本的に「自然界」に存在する物になります。

一番身近な成功例としては「水」です!

ミネラルウォーター!

アサヒ飲料:六甲のおいしい水
サントリー:南アルプスの天然水

多くの飲料メーカーが
「○○山の水」というような
商品名で水を販売しています。

山に流れている水なんて
ほぼ無限にタダ同然で手に入ります。

自然界にある無限に存在して
タダ同然で手に入る物を有料で販売している
ビジネスモデルは利益率が非常に高く大儲けです。

探してみると結構沢山あります!

そして上記のようなビジネスモデルにおいて
個人がスタート段階の権利関連で
しっかりと名前を入れて絡む事が重要です。

「山」であれば個人で所有されている場合が結構あります。

しっかりと自分の権利を法的に確保しておかないと
一時的な利益で10年後も稼ぎ続ける事が出来ません。

他にも「海」は誰の物ではないと思いますが
海水を蒸発させて有料で販売しているのが塩です。

「はっ! かっ! たっ! の 塩!」

仮に海水に価値つけて有料で販売する事に成功し
その海水を所有する権利を保有できれば最強です。
(海水を勝手に沢山取っていいのか知りません。)

山が近い人は、山には沢山の自然があります。

「木」「土」「葉っぱ」「落ち葉」「岩」「石」など

無料で手に入る自然界の物を有料化するという発想!

頭の片隅に入れておくといつか
物凄いアイデアが生まれるかもしれません。

そして出来れば同じ事を真似されないように
何らかの形で差別化出来ると最高です。

例えば・・・

「沖縄の××島の海水の中には○○という
成分が多く含まれており摂取すると健康になる」

みたいなイメージです。

○○産の××じゃないとダメ
という要素があると最強です!

本日は、この辺りで終了しますが
実際に身近に何か自然界の物がある場合には
勝手にやって中途半端に儲けるのではなく
取得の権利関連を抑えてから行動する方が良いでしょう。

私の友人はココが上手かったのです!

そして勝手に取得する行為そのものが免許や届出制度
法律や条令で禁止されている場合もありますので
行動に移す前にはしっかりと調べてください。

もし読者様の身の周りに
自然界の物が大量に存在した場合には
どのように売るか?欲しがる人はいるか?

一度頭を悩ませてみても良いかもしれません。

どのように有料化して販売するかの
マーケティングに関してはご連絡いただければ
面白そうなので出来る範囲でお力にならせていただきます。

読者様の住んでいる近くにも
大きなビジネスアイデアが眠っているかもしれませんね!


メールアドレス

関連記事

  1. 好きな仕事と収入!どっちを選ぶ?

  2. 年代別老後資金の作り方(40代~50代編)

  3. 投資の営業アポイントの変化

  4. 新宿でドルを安く買う方法

  5. 銀行よりも証券に預ける方が安全?

  6. お金稼ぎの考え方(長期編)

  7. 逆イールド現象と株価下落について

  8. MMT(現代貨幣理論)の解説(ウォーレン・モズラーの名刺)

  9. AI・人工知能・ディープラーニングと投資

サヤトレ会員のサヤ取りブログ

人気記事

おすすめ記事

代表・増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP