金持ち父さん貧乏父さんが電子化されていない経済損失

株式会社サヤトレの増田です。

証券会社に勤務していた頃
私は非常に勉強熱心でした。

学校では教えてくれない私が知らない情報が
世の中にあり過ぎる事に気付いたからです。

会社が休みの土日も勉強や情報収集して
色々と考えやアイデアを構想しておりました。

その当時に多くの書籍を読んでいたのですが
お金に関するテーマで人と話をする際に
非常に高い確率で次の本を紹介されました。

読者様もきっと読んだことがあると思います。

こちらの本です。

■金持ち父さん貧乏父さん
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4480863303/investars0e1-22/ref=nosim

出会う多くの人が、

「この本を読んで人生が変わった」

などなど大絶賛で沢山の紹介を受けて
まだ読んでなかった私は大きな期待をして
金持ち父さんを読んでみたのです。

大ベストセラーを読んだ
当時の私の感想は・・・・

「確かにいいけどそこまでのレベルかな~?」

私は、本を読んだら基本的に捨てます。

本を読み返す事はほとんどしないので
心に響いた良書だけを残しておくスタイルです。

当時の私にとって「金持ち父さん貧乏父さん」は
すぐにゴミ箱行きになってしまいました。

・・・・時は流れ現在!

先日、実家の長年ニートの友達の車に
金持ち父さん貧乏父さんが置いてあり
助手席でパラパラと読んでいました。

「これもう一度読み返そう!」

昨日アマゾンから書籍が届いて
金持ち父さん貧乏父さんを再度読み返しています。

当時は気が付かなかった視点からの
多くの発見があり非常に勉強になります。

「金持ち父さん貧乏父さん」は
お金に対する考え方を見直すきっかけとなる
非常に素晴らしい本であると実感しました。

当たり前ですね!

■金持ち父さん貧乏父さん
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4480863303/investars0e1-22/ref=nosim

この経験で感じたことは、情報は受け取るタイミングや
その時の感情や場所によって価値が上下する
という事です。

レベルの高い内容が書かれた書籍を
初心者の方が読んでも理解出来ずに
その内容の価値は低くなります。

しかし初心者の方が上級者になってから
その情報の価値に気が付く事もあります。

反対に投資初心者の時にありがたがっていた
証券会社のコメンテーターの予想が
上級者になってレベルが低く感じる事もあるでしょう。

情報の価値は受け取る人によって変わります。

金持ち父さんの言うラットレースから抜け出したいと
情報欲していた時期と、ラットレースから抜け出して
会社を作り投資を行っている今では、全く感じ方も違います。

読んだタイミングによっては
受け入れられない情報でも
巡り巡って評価されて受け入れられるのが
本当に価値のある情報なのだと思いました。

【参考記事】

本は読んだらすぐ捨てよう!

私の情報も数年後に価値ある情報として
評価していただけるように頑張りたいです。

■増田の出版投資書籍
相場の上下は考えない「期待値」で考える株式トレード術

最後に関係のない話になりますが
金持ち父さん貧乏父さんの書籍を
購入する際に不便に感じた事があります。

なんと・・・「電子化されておりません!」

なんという機会損失でしょうか?

私は今すぐに読み直したいと思っていたので
アマゾンのキンドルで購入しようと思いました。

定価でも迷わずに即決で買っていましたが
金持ち父さん貧乏父さんは電子化されておりません。

■金持ち父さん貧乏父さん
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4480863303/investars0e1-22/ref=nosim

今の世の中には、多少の多くのお金を出しても
今すぐに欲しいというわがままな方も多いです。

暑い中、寒い中、雨の中や深夜に外に出たくないけど
今どうしても本が読みたいという人が
私以外に何人諦めた事でしょうか?

今すぐに読みたかったけど
電子化されていないので仕方なく
私は、中古を476円で購入しました。

書籍の電子化は原価がかからないビジネスなので
利益率100%と言っても過言ではありません。

【参考記事】

出版業界のルールか何かで存在しない
理由があるのかもしれませんが不思議ですね?

ここに何かしらのサヤが潜んでいるかもしれません。


メールアドレス

関連記事

  1. 中小企業の財務戦略 黒字か赤字か決める重要性

  2. 証券口座を複数持つ事のメリット

  3. 投資の確定申告のデメリット

  4. 世界最強の株価指数とは?

  5. 銀行員・証券会社員による横領・窃盗・不正

  6. 同業種ロングショート戦略

  7. BIGで10億円当たった時の使い方【続き】

  8. 時間がない方におすすめの投資勉強法

  9. 半沢直樹より面白い金融ドラマ ビックマネー

人気記事

おすすめ記事

代表・増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP