「売買高」と「売買代金」の違い

株式会社サヤトレの増田です。

本日は、株式投資における
「売買高=出来高」と「売買代金」
2つの違いについてお届けします。

売買高は、特定の銘柄において
売買された株数」を表します。

売買代金は、特定の銘柄において
売買された金額」を表します。

例えば、トヨタ株が株価6000円の時に
1日の売買高が1万株だった場合では
1日の売買代金は、株価6,000円×1万株≒約6千万円です。

売買される株価は一定ではないので多少の誤差があります。

市場で売買が活況な銘柄は売りと買いの
売買が増えて売買高が大きくなります。

その結果として売買代金が大きくなるのです。

投資業界において銘柄の活況度合いを表す際には
一般的に売買高が使われる事が多いです。

しかし私個人の考えとしては「売買高」よりも
「売買代金」の方が投資分析を行う際に精度が高く
他の銘柄と相対的に比較する際にも便利
と考えています。

例えば、次の2銘柄の売買高を見てその株が
一番活況に売買されたか分かりますでしょうか?

【売買高で比較】
■トヨタ自動車 売買高 1000株

■日立製作所 売買高 5000株

■みずほFG 売買高 10000株

上記のような売買高の情報だけでは
どの銘柄の売買が活況だったのか分かりません。

しかし、上記の売買高を売買代金にして表すと
簡単に一番売買が活況だった銘柄が分かります。

【売買代金で比較】
■トヨタ自動車 売買代金 6,043,000円

■日立製作所 売買代金 2,661,000円

■みずほFG 売買代金 1,753,000円

売買された株数が一番小さいのはトヨタですが
売買された金額が大きいのはトヨタになります。

一日の銘柄の売買高を聞いてもその銘柄の株価や
その銘柄の平均的ば売買高が頭に入っていないと
その売買高が多いのか少ないのか分かりません。

私個人は、その銘柄の売買の活況具合を確認したい場合
売買高よりも売買代金を使うようにしています。

その考えから、高機能版サヤトレの検索機能においても
過去は「売買高」と「売買代金」の両方を入れておりましたが
「売買高」の機能を削除して現在は「売買代金」のみです。

売買代金を金額指定で検索出来れば、検索結果から
流動性高低い銘柄を除外するには十分可能です。

本日の内容は、現在新しくサヤトレの株価データベースを
エンジニアに開発してもらう中で銘柄の「売買高」を
取り入れるべきかどうかという議論から
本日の記事を書く流れになりました。

ここから先は、システム内部の話になり恐縮ですが・・・

売買高の取り扱いにおいて選択肢は3つあります。

■1つ目:売買高は、取らずに売買代金のみ取得する

■2つ目:売買高は取得するが株式分割や株式併合において修正対応しない

一般的な株価データを提供しているサイトはこのタイプです。

株式分割で株価が10分の1になっているのに
売買高が修正されていないと投資分析を行う際に苦労します。

■3つ目:売買高は取得して株式分割や株式併合において修正対応を行う

株式分割で株価が半分になった場合
その比率に対応して売買高も修正対応行います。

上記の作業を行っているのは一般的ではありません。

修正後株価・修正後売買高という形式で
正しい値ではありませんが投資分析を行う場合には便利です。

どういう設計するか考えつつ仕様を構築しています。

サヤトレとサヤトレLSを全銘柄対応できるように
対応中ですのでサヤトレ会員様は、楽しみにお待ちください。

【参考記事】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

早くも週末ですね。

私は、出来ていない仕事を多く
休日出勤になりそうです。

本日、郵便局から料金後納の申請が通りました。

毎月50件以上の発送業務を行えば
料金は後払いでOKな仕組みが料金後納です。

今まで毎月切手を貼って
発送作業していたのがバカバカしく感じます。

切手貼らずにちゃんと届くが不安なので
一度会社から自宅に発送して実験してみます。

関連記事

  1. 2020年の相場振り返り

  2. 日本企業の価値とアメリカ企業の価値比較

  3. システムトレードと自動売買の違い

  4. 関西スーパー争奪戦における利用者の考え

  5. 企業買収M&Aに関する間違ったイメージ(企業買収の正しい知識)

  6. インデックスファンドが人気になる理由

  7. 株価が暴落しても損しない投資戦略

  8. 善良な参加者の個人投資家交流会を作りたい

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
 
PAGE TOP