メルカリのIPOを貰うコツ

【サヤトレ通信 第1652号】

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「IPO」をテーマにお届けします。

IPOとは「新規公開株」を意味します。

証券取引所に上場して誰でも
自由に株取引ができるようなる事です。

IPOの特徴としては・・・
「上場する前に株を手に入れて、上場日に売る」

上記を実践するだけで、どんなIPOであっても
80%以上の確率で儲かるのがIPOの特徴です。

私のように投資に詳しい者がIPO銘柄を
少し分析すればその勝率は95%以上に高まります。

つまりIPOをゲットして初日に売れば
かなり高い確率で儲かるのがIPO投資なのです。

それゆえに実際には上場しない
未公開株詐欺が未だに絶えません。

本日は、元証券会社でIPOを配分していた立場から
IPO株が貰える投資家の特徴についてお届けします。

結論を先にお伝えすると
IPOが貰える投資家の特徴は・・・
「証券会社にとって得になるお客」です。

個人投資家の立場からすれば
IPOは絶対に欲しい金融商品です。

6月19日に上場するメルカリ(4385)が
配分されている投資家は、ほぼ勝ち確定状態です。

こんな美味しい営業アイテム(メルカリ株)を持っている
証券会社が誰に株を何株配分するか考えた場合
常識的に考えて日頃から手数料を落としてくれる
お得意様に配分するのが普通ではないでしょうか?

IPOは証券会社にとって得になるお客に配るので
IPOが欲しい方は、自分が証券会社にお得になる
お客であるかのように振る舞いましょう。

もし心当たりがある方がいれば申し訳ありませんが
証券会社側として、日頃から自社で取引をしていないのに
「メルカリ株ちょうだい」と言ってくる方は、迷惑です。

メルカリのような超ウルトラ激レアカードを
何も考えずに適当に使う訳がありません。

IPO株の配分はこれまでに稼働していなかった
超大口顧客の稼働や、日頃お世話になっている
優良顧客に接待するための最強武器とお考えください。

大手総合証券会社の本社にて
上場企業の口座開設を行う際にも
このIPOの配分はよく使われます。

上場企業の社長や財務責任者に対して・・・

「今、うちで新規に口座開設していただければ
メルカリ株をお渡し出来るかもしれません。」

伝え方に関しては、法律的に問題のない範囲で
営業しますが上場企業でも振り向くような
攻撃力を持っているのがIPOの実力です。

私が過去に証券営業を行っていた時期に
第一生命 (8750)のIPOがありました。

新規口座開設いただいたお客には
IPOを配分するという暗黙の条件にて
私は1か月で55件以上の新規口座開設をしました。

営業成績、全国1位です。

証券会社は、IPOを上手く使い営業すれば
将来的に大きな収益を産み出す事も出来るのです。

「メルカリ株ちょうだい!」ばかりだと
証券会社側はIPO目的と判断して配分しません。

個人投資家が証券会社からIPOをもらうためには
「証券会社にとって良いお客」とは何かについて
考えてみると配分の確率が上がるかもしれません。

IPO投資は、ゲット出来れば簡単に儲かりますが
ゲットする事が非常に難しい金融商品なのです。

ちなみに私は過去に1度も投資家として
IPOの配分を受けた事がありません。

証券会社の営業担当と仲良くして
コミュケーションを取るのが
私には、とても面倒だからです。

コニュにケーション能力が高く
人たらしな方であればIPO投資を
積極的に頑張るのはとても良い投資戦略だと思います。

読者様の資産運用のヒントになれば幸いです。

関連記事

  1. 証券会社の新規開発営業

  2. 自動ブレーキで事故のほとんどは防げる

  3. サヤ取り投資のQ&Aを拡充!

  4. 証券会社時代の思い出

  5. 金商法を守ったサービスの提供

  6. ブラック企業と投資

  7. サヤトレFXに株価指数搭載

  8. 投資の宿題2016年10月の公開

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
 
PAGE TOP