塩漬け株の処分の方法

株式会社サヤトレの増田です。

本日は、塩漬け株の処分の方法についてお届けします。

処分方法はいたって簡単です!

「全株売り注文」するだけ!

しかしこの行動を多くの個人投資家は出来ません。

塩漬け株の処分方法は簡単ですが処分するために
必要な投資の正しい考え方をお伝えします。

塩漬け株を持っている多くのケースが
高値に買ってしまい今売ると損するから
元に戻るまで待つという考え方が多いです。

ひどいケースになると評価損は決済しない限り
損になっていないと考えている方もいます。

冗談で言っているケースは良いとして
たまに本気でそう思っている方もいます。

全然笑えません。

正しい投資の考え方ですが評価損は決済するしないに関わらず
実際に損してお金が減ってしまったという現実を認識してください

現実逃避をしてはいけません。

■評価損は実際に損している状態で資金は失われている

これがまず大前提の話です。

そして損失を受け入れたとしても
多くのケースで過去に○○円で買った
今売ると半分以下の値段になってしまう。

上記のように過去購入した価格にとらわれてしまいます。

投資における正しい考え方は過去に値段は関係ありません。

今現在その株に投資する魅力があるのかが全てです。

追加で買い増してもいいと考えるくらいに
魅力的なのであれば売る必要はありません。

しかし過去魅力を感じて購入した時と比べて
現在魅力が無くなってしまっている場合は
決済した方がいいです。

■過去に買った価格は関係ない。今現在魅力あるかどうかを考える

私が証券会社にいた際には、バブルの頃に買った株が
何十分の一の価格になり売却しても数万円にしか
ならないにも関わらず拘って中々売らない方は多かったです。

そのようなお客様に私は保有している銘柄
一つ一つ分析してコレとコレを残す以外全部売って
私が推奨する○○にまとめて投資しましょう。

そんな営業提案をしており
私の説得力がなかっただけかもしれませんが
全部を決済出来る勇気を持った方は少なかったです。

全部決済して一度スッキリしたら楽になるのに
と内心思いつつも損切りの難しさを痛感し
自分が投資家ならこうなったらダメだと感じました。

一度全てのポジション目をつむって決済した後に
ゼロからスタートするのは素晴らしい選択です。

決済して1週間くらい経過すると意外にも
気分はとても楽になり今後の正しい運用に前向きになります。

時間は傷を癒してくれます。

損切りは心理的に難しいですが
稼げる投資家になるための最初の大きな壁です。

負けを認めたくない気持ちはよく分かりますが
もし塩漬け株をお持ちの場合には見直し整理してください。

【参考記事】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日からサヤトレLSのポートフォリオ機能を
非会員の無料版でも使えるように改良を行いました。

■ポートフォリオ検索
https://sayatrade.com/feature/portfolio.php

有料版との違いは、主要通貨以外の
投資対象を含める事が出来ない点です。

今後こちらの機能をバージョンアップして
最適なロングショートの組み合わせ例が
検索できるように改良してまいります。

無料でもご利用いただけるので
是非ご利用くださいませ。

■ポートフォリオ検索
https://sayatrade.com/feature/portfolio.php


メールアドレス

関連記事

  1. サヤチャートの法則性

  2. 日銀がマイナス金利で個人投資家が取るべき行動とは?

  3. 3月末権利確定日に株価が上がる裏の理由

  4. 東芝が倒産する確率は?

  5. ドルインデックス(ドル指数)とは?

  6. 空売りする企業の探し方

  7. LINE上場で儲かる企業

  8. FX金利裁定取引の最新情報

  9. VIX指数(恐怖指数)を使ったサヤ取り

人気記事

おすすめ記事

増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP