本は読んだらすぐ捨てよう!

【サヤトレ通信 第1666号】

株式会社サヤトレの増田です。

本日、長距離移動で配信が遅くなりました。

私は、長距離移動の際には
いつも本を読んで過ごしてします。

片道で出来るだけ読み終えて
そのまま到着駅で本を捨てて軽くします。

昔は、読んだ本を捨てる事に抵抗があり
本棚に飾っていましたが・・・
次にまた読む機会なんてほとんどありません。

本は、そのものの紙に価値があるのではありません。

書かれている文章、その内容・情報に価値があります。

書籍内の情報が自分の頭の脳みそで入ったら
もうその本は、私にとってはただの紙切れ冊子なのです。

「読み終えた本は、勇気を持ってゴミ箱に投げ捨てる。」

上記が出来るようになってから私は
「本を捨てる事=脳に情報が入った事」になり
捨てる事を目標に読書が少し楽しくなりました。

読み終えた本を本棚に飾って溜まり続け
数年経過している方は参考にしてください。

その他にも私は読者に限らずですが
色々と損切りが結構早いです。

下記のように思ったらすぐに閉じて捨てます。

■面白くない
(最初から最後まで面白い本は世の中に沢山ある。他の本読もう。

■書いている意味が分からない
(内容が分かりにくい時点でダメ。自分のレベルが低く達してない?)

■話が長い(面白い小説は除く)
(出来るだけ短く・簡潔にまとめて欲しい。
内容を長くしても忙しい人は、お得感は感じずマイナス要素)

本は、1年間で約80000点ほど新しく出ます。

1日に換算すると毎日219冊新しい本が
世の中には登場しているのです。

絶対に全部読めないので諦めて
自分にあった本のみを選んで読んでください。

最後になりますが、私の下記の書籍ですが
現在、増刷に伴って改訂版が近日中に出ます。

■相場の上下は考えない「期待値」で考える株式トレード術
https://amzn.to/2IPdol3

改訂版が出た際にはまたご連絡します。

そのタイミング買っていただき読んだら
すぐにゴミ箱に投げ捨ててみてください。

増田の書籍を読んで捨てよう
キャンペーンも考えておきます。


メールアドレス

関連記事

  1. 投資家情報交換会は大成功!

  2. 情報発信者の資産は莫大

  3. エンジェル投資家とは

  4. サヤ取りセミナー参加者の声を公開!

  5. 中国企業のリサーチ会社の社長とランチ!

  6. 史上最年少マザーズ上場!

  7. チャート分析の設定と選択肢

  8. 日本経済が崩壊するタダ1つの方法

  9. サヤ取り投資クラブSIGMAの成績を公開!

サヤトレ会員のサヤ取りブログ

人気記事

おすすめ記事

代表・増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP