日本郵政の目論見書のポイント

株式会社サヤトレの増田です。

日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命
上記3社が東証に新規上場します。

本日は、元証券会社員目線と個人投資家目線で
日本郵政のIPOについて個人的な考えをお届けします。

個人投資家目線でIPO投資は・・・

■上がるか?下がるか?

■IPOを貰えるか?貰えないか?

上記2点が重要です。

【参考記事】

しかし証券会社目線で言うと・・・

■販売の際にいくらフィー(手数料)が入るのか?

■誰にIPOを配分するか?

■誰が何株持っている?

■主幹事証券はどこ?

■上場資金は何に使うの?

上記のような目線でIPOの販売を行います。

そして上記のような細かい内容は
全て目論見書に書いてあります。

■日本郵政の目論見書
https://search.sbisec.co.jp/v2/popwin/info/connect/ipo/201509102103.pdf

ネット証券で取引している方は目論見書を
必ず確認しないと購入出来ません。

誰でも1度は、見た事はあると思います。

多くの場合は、目論見書を開いて中身を見ずに
確認したにチェックする感じではないでしょうか?

そんな適当な奴は、私だけですか?

私は、目論見書に書いてある内容を理解するのに
1年くらいかかりましたがコツが分かると簡単です。

私が証券にいた際に見たポイントとしては、
まず証券会社の利益となる販売手数料です。

これは「引受価格」という欄を見ると分かります。

今後訂正事項入ってページ数が変わるかもしれませんが
277ページある中の2ページ目に書いてありますね。

■ゆうちょ銀行
売出価格=1450円
引受価格=1425.50円(販売手数料=1.69%)

■かんぽ生命
売出価格=2200円
引受価格=2162.82円(販売手数料=1.69%)

IPOの買い付けは投資家側に手数料がかかりません。

証券会社は、売出価格よりも安く株を仕入れているので
投資家に販売出来た瞬間に手数料1.69%が利益になるのです。

いわずもがなIPOを欲しがる投資家は多いので
販売に手間がかかる事はなく簡単に捌く事が可能です。

ゆうちょ銀行の場合は1株販売につき
24.5円(1.69%)の手数料が証券会社の利益になります。

そしてゆうちょ銀行の場合は
329,953,800株売り出されます。

24.5円×329,953,800株=80億円

80億円を販売する各証券会社の
配分によって分けるイメージです。

実際は、売却の際にも手数料が取れますので
IPO案件は、証券会社はメチャクチャ儲かるのです。

通常のIPO場合は、主幹事証券が多く株数を持って
配分するのですが今回のケースは、大型上場ですので
多くの証券会社達で分けて配分を行います。

■主幹事証券会社

(国内区分)
大和証券株式会社
野村證券株式会社
みずほ証券株式会社
三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
SMBC日興証券株式会社

(海外区分)
ゴールドマン・サックス証券株式会社
シティグループ証券株式会社
JPモルガン証券株式会社
UBS証券株式会社

(国内特定区分)
岡三証券株式会社
東海東京証券株式会社

個人投資家がIPOの配分をもらうには
基本的に沢山株式の引受けを持っている
主幹事証券に問い合わせてもらうのが一般的です。

しかしIPOのプロいわく主幹事証券に問い合わせるのは
王道過ぎて競争が高くなるために地場証券の方が競争少なく
IPOをもらいやすいという話もあります。

今回のように大型上場の場合は別ですが
IPOは、絡んでいる主幹事証券によって売出価格よりも
初値が高くつきやすいなど法則性が存在しています。

主幹事証券がどこなのか?

あまり注目されないテーマではありますが
IPOに投資する際には気にかけてみるといいでしょう。

そして今回の株式は政府が100%保有しています。

3分の1を手元に残して早期処分して株式の売却益は
東日本大震災の復興債の償還費用に充てるみたいです。

これまで日本郵政は、民間企業ながらも
政府の管理下にあったため自由な経営が
出来ていなかった部分が多くあります。

反対に職員の中の一部では、いまだに公務員という
意識が抜けきっていない部分もあったでしょう。

私は、日本郵政という民間企業は
全国に支店も人もお客も沢山いる。

そして何よりイメージがいい!

郵便という全国の流通に加えて
銀行・保険という金融業も行っております。

年賀状の枚数を増やそう!

・・・とかではなく能力ある経営者が
新しい発想を持てれば日本郵政にしか出来ない
凄いビジネスが出来るのではないでしょうか?

もちろん既存のビジネスは安定継続しながらも
日本全国にあるネットワークを活かしながら
今後は、いっぱい儲けて欲しいですね。

なんかネットでは外資に乗っ取られる疑惑も
騒がれておりますので皆様が個人投資家として
出来る応援を行っていただきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

サヤトレLSで私が最適と考えて組んだ
組み合わせ例が非常にいい感じて伸びてきています。

組み合わせ例を事前に提示しないと
証拠にならないので何とでも言えますね。

8月から投資成績の公開をお休みしておりますが
今後何かしら上手い仕組みを考えます。

一度スタートすると途中で辞める事が
出来ないのでちゃんと考えてから決定します。

投資で損しているあなた!株価が下がっても儲かる投資法ご存じですか?

当メディア「サヤトレ通信」では、投資初心者の方にも分かりやすくサヤ取り投資や金融経済などお金に関する情報を発信しています。

元・証券会社 → 現・IT企業経営&投資家が運営しているメディアです。

投資で損をしている方は、株価が下がっても儲かる投資法「サヤ取り投資」をお試しください。

まずは、こちらのサヤ取り投資入門レポートをご覧ください!

【初心者向け】サヤ取り投資入門レポート!サヤ取りの説明から取引実践まで

関連記事

  1. まだ証券会社のレーティング信じてるの?

  2. 投資家目線の東芝が3社分割について

  3. コロナショックで大損する投資家の3つの共通点

  4. 投資は、逃げるが勝ち!勝ち確定ボーナスモード!

  5. 飲食店の多店舗経営の難易度

  6. ベンチャー企業は、赤字が王道

  7. 「緊縮財政」VS「積極財政」どちらが正しい?

  8. ヤマダ電機のポイントカードが変わった裏の理由

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
PAGE TOP