サヤトレは倒産しない

株式会社サヤトレの増田です。

格安旅行会社の「てるみくらぶ」が
破産した事がニュースで話題になっています。

今回、非上場会社の倒産が大きく
ニュースになっておりますが会社が
倒産する事は、特別珍しくありません。

会社経営で資金繰りが自転車操業に
なっている会社も沢山あるでしょう。

むしろ会社が儲かって
長く継続する方がレアケースです。

今回の件が大きくニュースになっている最大の要因は
「多くの人に迷惑をかけて倒産」している事にあります。

倒産する数日までお客からお金を集めていたので
もし計画的な倒産であれば、悪質と言えるでしょう。

銀行の融資が出ずに、資金繰りが
行き詰ったのであれば経営者の実力不足です。

しかしこのようなことは
弊社でも全く同じ事が言えます。

株式会社サヤトレもお客様から1年契約で
サービスの料金をいただく事がよくあります。

またサヤトレ会員のお客様の中には
ニッチなサービスを応援してくれているのか?

数年分の料金をお支払いいただき
ビジネスを応援してくれている方も多くいます。

運営側としては、前払いでいただく事は
資金繰りとして非常にありがたい限りです。

本当にありがたく、いただいたお金は
サーバーのランクアップや開発費用に
充てさせていただき使わせていただいております。

しかし1年分の料金を先にいただくという事は
運営側の責任として絶対に1年間はサービスを
廃業する事はできないと考えています。

自転車操業になって、お客様に迷惑をかけないように
計算して運営を行っておりますのでご安心くださいませ。

私は、株式会社が進む方向は
大きく5つあると考えています。

■株式の上場
(誰でも株を買えるようにする)

■会社の売却(M&A)
(株式を他社に売って会社をあげる)

■事業承継
(自分の子供や身内に継がせる)

■清算
(色々と訳があったり面倒になって辞める)

■倒産
(お金が無くなって潰れる)

今回の事例は、最後の倒産というバッドエンドでした。

会社経営を行う中で、倒産エンドは避けなければなりません。

また近年、金融知識のない高齢の経営者が
「自分の会社を継ぐ後継者がいない」と言って
会社を「清算」する愚行が多くなりつつあります。

私個人の意見ですが「会社を清算」するなら
「会社を売却」した方が良いのではないでしょうか?

■創業○○年

■年商○○万円

■取引顧客数○万人

■特殊な技術を持っている

田舎の小さな会社でも上記のような肩書きが
欲しい会社が東京にあるかもしれません。

もっと視野を広げると海外の会社に売れるかもしれません。

海外のお金ある会社が日本の小さな会社を買うことによって・・・

「私達は、創業○○年の会社で、これまで日本で長く事業を行ってきました。」

上記のような事が言えるのです。(嘘はついていない)

会社を清算すると、その地域の雇用も法人税も
全てが無くなり、全然良い事がありません。

会社の清算を検討している社長が持っている
自社株が1億円で他に売れるかもしれないのです。

中小企業の社長のほとんどは、自分が株主でしょう。

上場株だけでなく非上場の株も
相手が見つかれば売ることが出来ます。

社長は、自分が個人投資家である事を忘れてはいけません。

上記のような資本主義社会のルールは
本などには書かれていないように感じます。

M&Aに関する話は、いい話になりそうなので
サヤトレ通信プレミアムにていずれ取り上げたいと思います。

【あとがき】
サヤトレ通信プレミアムの申し込みの
お問い合わせを多くいただきます。

4月以降に募集を開始しますので
もうしばらくお待ちくださいませ。

関連記事

  1. 会員限定メルマガを一部公開!

  2. ハイイールド市場は破綻するのか?

  3. 犯罪者1人による経済損失

  4. 信頼出来る人と付き合う方法

  5. 2ヶ月連続の大赤字

  6. 花咲舞が黙っていない感想

  7. サヤ取りペアの公開成績について

  8. 日経平均、今年最大の下落!

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
 
PAGE TOP