ビットコインの分裂は大チャンス?

株式会社サヤトレの増田です。

本日は、直近話題になっている
ビットコインに関してお届けします。

本日8月1日は、ビットコインが2つに
分裂すると言われており世界中の取引所の多くが
ビットコインの送金を停止している状態です。

私が初めてビットコインの存在を知ったのは
2014年頃にマウントゴックスという取引所が
倒産したニュースがきっかけです。

当時は、よく分かっておりませんでした。

しかしその後、金融とITを組み合わせた
フィンテックブームの到来にて
ブロックチェーンという技術を知り
暗号通貨の素晴らしさに気付きます。

私が暗号通貨に実際に投資を始めたのは
イーサリアムというビットコインに次ぐ
世界第2位の暗号通貨が登場した時期からです。

その後、DAO事件にも巻き込まれて
揉まれながらも生き残っています。

当時は、信頼出来る正しい情報発信をしている人も少なく
ネットの情報も日々荒れておりましたが、最近では少しずつ
メディアでも多く取り上げられるようになってきました。

日本でも法律の整備も進んだ事によって
大手ネット証券各社が参入して暗号通貨の
取引所の設立に早急に動いている状態です。

証券会社の参入によってFXの登場以来
新しい金融商品として認知されていくかもしれません。

私が最初に投資をスタートしたのは
FXが世の中に登場して間もない頃です。

当時は、法律の規制も緩くレバレッジ200倍や
取引所が自由に為替の価格を設定出来る事から
ストップ狩りという行為も多くあり大変でした。

しかしレバレッジが25倍制限や税金の区分など
ルールが作られる事によって今では、為替取引を
便利に行うための素晴らしい金融商品になっています。

今でもFXが怪しいと認識をしている方が
少数ながらいるかもしれません。

日本で最も厳しい省庁である金融庁に監視され
東京証券取引所第1部に上場している金融機関が
はたして怪しい金融商品を取り扱うでしょうか?

わけの分からない金融商品を販売したら
金融庁から免許が取り消され上場廃止になります。

当たり前ですが真っ当な金融商品しか扱いません。

FXは全く怪しくありません。

FX黎明期には、取引所間の価格差を利用したサヤ取りなど
ピンチの中に多くのチャンスが眠っていることを学びました。

暗号通貨の取引市場にもこのような
チャンスが沢山眠っていると思います。

ビットコインは終わったという方もたまにおりますが
私からすれば、まだ始まってもいないと考えています。

ブロックチェーンは、未完成の技術で
本当に始まるのは、これからだと考えています。

現在、投資対象として暗号通貨にしか
注目がされていませんが将来的にはこの技術を
トヨタ自動車のような各企業が利用するでしょう。

■仮想通貨イーサリアムの企業連合、三菱UFJ・トヨタも参加(日経新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO16715830S7A520C1EE9000/

ニュースなどで大きく損した方や一瞬で億万長者など
イメージの悪い報道がされがちですが正しい知識を
身につけることで投資のチャンスが見えてくるかもしれません。

本日のビットコイン分裂に関しては
私は、黎明期しか経験できない
大きなチャンスであると考えています。

関連記事

  1. 寿命はバイオテクノロジーで延ばせる

  2. 同じ年の上場企業社長!

  3. 予測市場と金融市場

  4. サヤトレ無料は本日終了!

  5. 物の値段が決まる理由

  6. 100億円稼ぐ友人

  7. 裁量の投資戦略は説明出来ない?

  8. イタリア国債3段階引き下げ

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
 
PAGE TOP