2017年に伸びる業界とは?

株式会社サヤトレの増田です。

本日、2016年12月の投資の宿題をまとめて
宿題提出者の方に内容をシェアしました。

先月の投資の宿題のテーマは
「2016年の投資の振り返り」と
「2017年の投資の目標」についてです。

【参考記事】

先月の宿題の内容のシェアは、
私個人的にこれまでで
一番参考になる内容でした。

宿題にご参加いただけた方は第三者の
個人投資家の投資の反省と良かった点などを
ぜひご参考にして活かしていただけると幸いです。

投資の世界は、専門家の間でも
意見が分かれる事は珍しくありません。

個人投資家は、人の意見を聞いて
参考にしつつもご自身の運用方針は曲げないという
非常に難しい選択と意思決定が重要になります。

そして他人の目標や投資結果を意識して
他者と自分の投資を競争する事は無意味です。

投資は、自分の欲との戦いとも言えるでしょう。

ご自身の運用方針に合った投資を心掛けくださいませ。

本日は、2017年1月の投資の宿題をご用意しました。

今月のテーマは「2016年の銘柄分析」と
「2017年に伸びる業界予想」です。

昨年の1年間で株式銘柄において
どのような銘柄が上がったのか下がったのか?

また今年はどのような業界が延びそうなのか?

過去の事実の分析と未来の予測をしてみましょう。

投資の宿題に参加された方にとって
ご自身の投資について考えるきっかけや
スキルアップになればうれしく思います。

【宿題1】
2016年の1年間に東証1部の銘柄で
最も株価が上昇した銘柄は何ですか?
(1月4日始値~12月30日終値)

【宿題2】
2016年の1年間に東証1部の銘柄で
最も株価が下落した銘柄は何ですか?
(1月4日始値~12月30日終値)

【宿題3】
2016年の1年間に17業種指数で
最も価格が上昇した業種は何ですか?
(1月4日始値~12月30日終値)

【宿題4】
2016年の1年間に17業種指数で
最も価格が下落した業種は何ですか?
(1月4日始値~12月30日終値)

【宿題5】(記述式)
2017年の株式市場で伸びそうな(上昇しそうな)
業界やテーマを考えて、その理由も一緒にご回答ください。

【宿題6】(記述式)
2017年の株式市場で厳しそうな(下落しそうな)
業界やテーマを考えて、その理由も一緒に回答ください。

【宿題7】
課題5で選んだ業界の株式を買い
課題6で選んだ業界の株式を空売り
上記のロングショート戦略を実践しますか?

【宿題8】(記述式)
2017年に個人投資家自身の力で達成可能な
「絶対にやるべき事」や「絶対にやらない行為」を
具体的に回答してください。

【宿題9】
あなたは「E・S・B・I」の中で
どのクワドラントに属していますか?

(宿題は以上です)

正解のある質問と正解の存在しない質問があります。

回答結果は、間違っていても全く問題ありません。

投資の宿題に参加する趣旨は、ご自身が
問題に対して考え調べて、答えを導き出すことが大切です。

答えが分からない場合は、ネットで検索するなどして
課題に取り組んでいただく事をお勧めいたします。

宿題に参加するメリットはお客様ご自身の
「金融リテラシーの向上」が目的である事をご認識ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週末に会員限定メルマガ「サヤ取り通信」にて
2017年の増田の投資戦略をお伝えさせていただきました。

色々と時間がかかっている分析も終えて
本日から2017年の投資を本格的にスタートです。

久々の仕掛けでポジションの状態が凄く気になります。

真新しい気持ちで今年も頑張ります。


メールアドレス

関連記事

  1. トヨタが法人税を納めていない理由

  2. ニックリーソンという人物から学んだこと

  3. LINE株を長期保有した結果を公開

  4. ニッチを極めて年収3000万!

  5. 楽天銀行の金利55.5%は嘘!?

  6. 証券営業時代の研修資料を大公開

  7. 株を動かす要因は政治が9割

  8. ワインファンドのヴァンネットが破産した理由

  9. 会社名「損保ジャパン日本興亜」から読み取れる裏の事情

人気記事

おすすめ記事

増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP