投資は国策

株式会社サヤトレの増田です。

私が証券業界に入り日本経済が
どうすれば良くなるだろうか?

自分なりに一生懸命考えました。

そして富裕層の方や小金持ちの高齢者と
出会う中で一つ重要なポイントに気付きます。

「過剰な預金は経済にとって悪である」

証券会社は、銀行口座にある預金を
証券口座に移してもらい投資してもらうのが仕事です。

そのような環境で育った影響もあるかもしれませんが
日本人の多くが預金してお金を眠らせる国民性は
日本経済にとって非常に悪い循環を生み出していると考えました。

極端な例ですが・・・

銀行口座に1億円を定期預金して
全く動かさずに消費もしない富裕層

銀行口座に預金はありませんが
酒・タバコ・FXにお金を使う個人

上記が日本経済にとってどちらが貢献しているか
考えた場合お金を使って経済を回している後者の方です。

どれだけ沢山のお金を皆が保有していても
そのお金が移動することなく銀行口座に
眠っていたら経済的には意味がありません。

最低限の貯蓄は必要ではありますが
日本人全体の考え方として消費や投資に
お金を回す事で経済が良くなるという認識を
少し上げるだけで今よりも良くなる事でしょう。

長年日本の金融教育では「貯金」の
文化で教育がなされてきました。

しかし近年では「貯蓄から投資」の方針に
金融庁主導で転換されつつあります。

投資は国策なのです。

「NISA」「つみたてNISA」「iDeCo(イデコ)」など
投資が初めての人向けの政策が多く登場しています。

上記の政策によってこれまで投資とは無縁だった
30代以上の女性も投資に参入しつつあります。

貯金派で育った今の国民全体の考えを
投資派に変えるためには長い期間が必要です。

貯蓄から投資というスローガンは
これまでも長く言われ続けておりましたが
相場が暴落する度は、失敗してきました。

このスローガンが成功するか否かは
結局、相場の上昇次第だと私は考えています。

日本国民意識の貯蓄から投資への
切り替えは上手く成功するのでしょうか?

読者様はどのようにお考えですか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【投資の確定申告の経費でご購入ください】

■有料版メルマガ サヤトレ通信プレミアム
https://investars.jp/member/form-mail.php

■高機能版サヤトレお申込みフォーム
⇒ https://investars.jp/member/form-new.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事

  1. 10倍になる株の探し方

  2. お医者様と投資話!

  3. お金儲けは悪!

  4. 自動ブレーキで事故のほとんどは防げる

  5. サヤ取り節税セミナー募集開始

  6. 中原圭介氏(エコノミスト)の新刊

  7. 知っている人に聞け!出来ない事をするな!

  8. 個人情報漏洩は、防げない

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
 
PAGE TOP