VIX指数(恐怖指数)でヘッジする方法

株式会社サヤトレの増田です。

本日、日経平均株価5日連続安の
-895.15円(-4.61%)と暴落しております。

読者様は、大丈夫でしょうか?

私は、NISAで買って長期保有している
外国株式を確認したところ・・・

先週末に書いたメルマガですが
本日の暴落と関連させてもう少し情報を
追記させていただきます。

【参考記事】

本日も先週紹介したVIX指数連動ETF価格を
確認していただくと分かりますが相場が暴落している
本日でも2つのETFは共に大きく上昇しております。

【2035】日経平均VI先物指数(+14.46%)
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=2035.t

【1552】VIX短期先物指数(+17.51%)
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=1552.T

【本日の株価騰落率】
日経平均株価指数??? ??? (-4.61%)
TOPIX(東証株価指数)??? (-5.67%)

【2035】日経平均VI先物指数(+14.46%)
【1552】VIX短期先物指数(+17.51%)ストップ高

株式市場が大きく下落するとVIX指数は
その下落以上に大きく上昇する傾向が高いです。

投資の教科書的にはVIX指数は
下落時に上昇すると言い切る事は出来ないのですが・・・

ボラティリティが高くなる=
VIX指数が高くなる=
相場下落時の可能性が高い

上記のようなイメージで私個人の意見ですが
単純にVIX指数は、暴落時において
下落以上大きくハネ上がると考えております。

つまり株価とVIX指数は暴落時限定ですが
逆相関の値動きをする銘柄というわけです。

空売りではなく

■日経平均=買い

■VIX指数=買い
片張りで買うのが正解です。

間違えないようにお気をつけください。

現在、為替や世界株を絡めて何を売って何を買えば
安定したポートフォリオを組んで利益が取れるのか
時間をかけて検証しております。

8月27日9:00に新しいシステムの
「ロングショート戦略分析システム」を
一般公開するのでお待ちくださいませ。

私自身の投資戦略の考え方において
「何かを買うなら同時にヘッジで何かを売る」

上記の考えが根本にあります。

買いだけにする事なく売りも絡めて
ゴチャ混ぜにしてトータルで利益を狙うイメージです。

本日の暴落を見ても分かるように
買いオンリーの投資は、儲かる時は良いですが
下落相場になった際には危険であるか分かると思います。

私にとっての正しい投資とは、
リスクを減らしてリターンを狙う事にあります。

両建てやヘッジはその中で
一番簡単な戦略なのです。

年々日本の個人投資家は賢くなっています。

金融機関の営業に騙される高齢者は
まだまだ多いですがこれから先の個人は
ますますお金に関する知識を自ら習得していくでしょう。

個人投資家が両建て売買に辿りつく
確率も高くなると私は考えております。

個人投資家の時代にニーズ合った
システムやサービス提供を目指して
情報発信を続けていきたいと考えております。

サヤ取りや両建て云々はどうでもよくて
日々このメルマガで全国の方に役に立てる内容を
お届けする事が出来れば、とてもやりがいのある仕事です。

好きな分野で仕事が出来ている私は
本当に幸せ者だと感じています。

投資は、本日のように大きく下落して
負ける時もありますが運よく儲かる時もあります。

直近一撃大きく負けた方も多いと思いますが
なぜ負けたのかをよく考えてみてください。

正解は簡単に分かるはずです!!

その反省を乗り越えてまた一緒に頑張りましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「サヤトレ」という言葉を商標登録申請行い
サヤ取りツール=サヤトレというイメージを作るために
新システムに「サヤトレLS」と名づけましたが・・・

いざ開発が進むとサイト名とシステム内容が
あまりマッチしていないような気がしてきました。

サイト名を変更しようか迷い中です。


メールアドレス

関連記事

  1. 東証TOPIX100とTOPIX1000一覧まとめ

  2. 銀行よりも証券に預ける方が安全?

  3. 起業で失敗した社長が評価される時代

  4. JPX日経400を活用したサヤ取り

  5. サヤ取り投資の軸銘柄と脇銘柄

  6. おとり物件よりもエグイ投資業界の裏側

  7. NT倍率を使ったサヤ取り 解説その2

  8. 証券口座を複数持つ事のデメリット

  9. 株価が下落しても利益が出る投資法

人気記事

おすすめ記事

増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP