サヤトレロングショート損失転じる

株式会社サヤトレの増田です。

本日は、サヤトレロングショートの損益経過報告についてお届けします。

■サヤトレロングショート企画の説明はコチラ
http://sayatore.com/blog/2019/03/07/10231

運用シミュレーション開始直後から好調な成績を維持していたサヤトレロングショートですが・・・

なんと昨日!

マイナスに転じてしまいました。

■みんなで作ろう!サヤトレロングショートの損益状況
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1Dwy-gaWOOuEd7J3Ni28siWKOgR-DvEgp4ydILLwa2Pk/edit#gid=0

日々、損益推移を確認していただいている方は、流れなども分かると思いますがまとめて振り返りましょう。

前回サヤトレロングショートの途中経過をお伝えしたのが先週の5日(金)です。

そこを高値に今週ずっと成績を下げ続けました。

成績を下げた一番大きな要因は、一番大きく値上がっていたインパクトHD(メディアフラッグ)の値下がりです。

短期的に大きく値上がっていましたが失速して高値から落ちてきています。

実際の投資であれば、途中で選手交代するのが正解だったみたいですね。

【参考記事】
http://sayatore.com/blog/2019/03/27/10274

とは言え買い(ロング)16名チームの中で一番大きく貢献してくれています。

そしてインパクトHD以外のその他は、勝ち負けありながらも善戦している中・・・

下記の2銘柄の大負けが足を引っ張り全体として、損失に転じている状況です。

3776    ブロードバンドタワー(TOPIXとの乖離 -19.01%)
7591    エクセル(TOPIXとの乖離 -16.03%)

ちなみにパフォーマンスがドベから2位の(7591)エクセルの買い(ロング)を選定した人物は・・・

私です(小声)

インパクトHDを選定した方が2名いたので採用した結果、1銘柄枠が空いたので私が選びました。

買い(ロング)チームの足を引っ張ってしまい心苦しい限りです。

しかし選定した理由があるので6月までに大爆発してくれるかもしれません。

感の良い方であれば、察すると思いますが投資戦略の一つとして参考になると思うのでまた改めて記事にさせていただきます。

投資の世界では、上がると思って買ったけれど実際は、下がってしまう。

そんな事は、しょっちゅうです。

今TOPIXとのパフォーマンス比較で劣っている銘柄を選んだ参加者も気にする事は、全くございません。

真剣に銘柄選びをしたけれどうまくいかない。

その経験を繰り返し活かして、ご自身の資産運用をより真剣に考えて上達いただくのが良いと思います。

また先日、お客様からシミュレーション成績は、株価しか表示されていないので3月末に受け取れた配当金が含まれていない事をご指摘いただいております。

確かにそのとおりなので、実際に投資した結果に近づけるために配当金が出ている銘柄は、配当金を計算して集計の最後に考慮して発表します。

それと同一人物のご意見として(8079)正栄食品工業が4月末の権利確定日以降の配当落ちで大きく下落する事を予想されておりました。

その方は、豊富な金融知識があり、とある市場のサヤを発見して長年資産増加に成功されているお客様です。

今回は、シミュレーションの企画なので途中で決済などは、行いませんが(8079)正栄食品工業の動きは注視します。

6月までまだ長いですが、引き続き毎日株価計算して損益集計しております。

市場が暴落するなど大きな転機があれば、また報告させていただきます。

【本日のマネー実践タスク】
ロングショートファンドの損益推移から自分の資産運用に役立つヒントを考えましょう。


メールアドレス

関連記事

  1. 空売りの悪いイメージは誤解です

  2. 日産自動車の監査法人とは?

  3. 世界最強の株価指数とは?

  4. FX JIN氏から学ぶ 投資で大損しない唯一の方法

  5. サヤ取り投資が普及しない3つの理由

  6. おとり物件よりもエグイ投資業界の裏側

  7. VIX指数(恐怖指数)を使ったサヤ取り

  8. 日本郵政の目論見書のポイント

  9. 証券会社の正しい選び方

人気記事

おすすめ記事

代表・増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP