ニッチを極めて年収3000万!

株式会社サヤトレの増田圭祐です。
 

私は、19歳の大学生の頃から
将来起業すると考えていました。
 
大阪の大学を卒業して銀行系の証券会社に入社。

入社してからは、自分と同じような
起業を目指す同世代とよく会うようにしておりました。

理由は、それぞれありますが
起業したい願望を持っている人は多いです。

そんな出会いの中で自分と同じタイミング(前後1年間くらい)で
独立起業した同期で断トツにビジネスで
成功している友人が一人おります。

投資の運用金額ではなく事業利益の話です。

その友人の職業は、社労士です。

その他、行政書士やFPなど色々資格を持っております。

とても賢い人です。

社労士、行政書士、司法書士など
一般的なイメージでは、高給な印象を
持っている方が多いかもしれません。

しかし実際は、違います。

現状は、頑張って試験に合格して独立しても
仕事が取れずに生活出来ていない士業の方が多くおります。

日本一の腕を持っていてもお客様を集客する
マーケティング能力がなければ仕事が取れないからです。

逆を言えば、マーケティングが上手ければ
普通のクオリティーの商品やサービスでもよく売れます。

ビジネスの現実です。

そんな中で友人は、社労士として普通はやらない
あるニッチな分野に特化したビジネスモデルで大成功しております。

社労士の中核な仕事は、企業の労務管理を担当して
月額顧問料などをもらうのが一般的です。

しかし、その友人は社労士なのに
企業の労務管理を一切やっておりません。

ニッチな分野の専門社労士として毎日、活動しております。

とてもお客は喜んでくれるサービスです。

カッコいいことにマーケティングも出来るので
そのニッチな需要を持ったお客様(見込み客)の集客にも
全く困っておりません。

毎日、新規のお客様と会い時給10万円~の仕事をしております。

年収3000万~はあると思います。

改めて、人がやらないニッチな分野でも
極めることによって大きな結果になると実感しました。

サヤ取り投資も非常にニッチな分野です。

ニッチですが需要があり
とても素晴らしい分野だと思っております。

そしてサヤ取りを知らない人が99%以上です。

新規に開拓する余地もあります。

日本一サヤ取り投資で有名な
サヤ取り投資クラブSIGMAの上野さんと
一緒に仕事が出来ることにも誇りを感じます。

今後も両建て売買(サヤ取り)の専門家として
多くの方の役に立てる仕事をしていきたいと思います。

【参考記事】

これからその友人の社労士と
お好み焼き&たこ焼き食べ放題に行ってきます。


メールアドレス

関連記事

  1. 銀証連携成功のカギとは?

  2. 月額継続課金ビジネスが最強

  3. 人狼(じんろう)ゲームが潰れた理由

  4. 元証券マンが考える年代別の理想貯蓄額(小金持ち)

  5. 証券会社が月末に売る金融商品

  6. ニックリーソンという人物から学んだこと

  7. 証券会社の未来予測

  8. 証券会社のITシステムの弱さ

  9. 興味の無い情報を遮断するリスク

人気記事

おすすめ記事

代表・増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP