やらない事リスト・Not ToDoリストの重要性(投資編)

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「やらない事リスト」をテーマにお届けします。

私は「やる事リスト」を長く使っています。

自分がやらないといけないタスクをリスト化。

ToDoリストを作って、日々タスクを消化していました。

やる事リストは、現在も使っているのですが、現在は、やる事リスト以上に重要に考えているリストがあります。

それが「やらない事リスト」です。

自分がやらない事をリスト化してそのリストに書かれている事をやらないのです。

Not ToDoリストです。

皆様は、やらない事リストを作っていますでしょうか?

まだ作っていない方は、ぜひともやらない事リストを作りましょう。

人生が豊かになります。

今、やりたい事や熱中できる事が見つかっていない人もやらないリストを作るメリットは大きくあります。

やらない事リストを増やしていけば、消去法で自然とやりたい事が見つかるかもしれません。

本日は、私のやらない事リストに書かれている「投資」のジャンルの中からいくつか役立ちそうなリストをいくつか紹介させていただきます。

増田のやらない事リスト(投資編)

■ネットで売買出来ない投資対象は、扱わない

私は、ネットで売買出来ない投資対象には、投資しないように制限しています。

よっては「不動産」「ベンチャー企業投資」「私募ファンド」など

対面で説明を受けて、売り買いを判断する投資は、行いません。

「株式」「先物」「暗号資産」のようにネットで自宅からでも投資出来る投資対象だけに全集中です。

■夜中に大きな金額で投資をしない

私は、朝起きて、夕方まで活動して、夜に寝る。

普通の生活リズムです。

頭脳労働なので、帰宅後の私は、疲れてポンコツです。

スタッフに電話する約束は、ほぼ忘れます。

そんなポンコツな状況で投資や相場気になって投資をした結果、これまでに何度も失敗しました。

その結果、夜に投資をする事を自分自身で禁止しました。

これと同じように投資以外にも重要な決定は、夜中にしないようにしています。

■投資でハラハラしない(ストレスを抱えない)

私は、過去に数回投資で大きく損をしています。

ハイレバレッジで投資して負けているのです。

投資状況が気になって、目の前にいる相手との食事や会話に集中できない。

携帯で相場を確認する度に損失が増えて胃が痛い。

夜寝ても損益が気になって、早く目が覚める。

投資でそんなストレスを経験しました。

最悪です。

経験ある方もいるかもしれませんが、想定以上に損失が大きくなって、祈り出す。

この精神的なストレスは、寿命を縮めます。

よって投資で自分がストレスに感じるような取引は、やらないように決めました。

ストレス抱えて大金儲けても、その間に失っているものもある事に気づいたからです。

お金が欲しくて投資をしていますが自分がストレスに感じないやり方で儲ける。

これが私の考えです。

この他にもいろいろとやらない事リストはあります。

皆様もやる事リストだけではなく、やらない事リストを作ってみてはいかがでしょうか?

投資編、仕事編、私生活編など分けて管理するのもおススメです。

意思決定が早くなり人生が豊かになる事でしょう。

以上、参考になれば幸いです。

関連記事

  1. 官民ファンドが失敗する理由

  2. 株式上場を目指さない会社

  3. グローバルニッチトップ(GNT)企業への投資

  4. 空売り銘柄選定大会の途中経過

  5. サヤトレスタッフの投資法がプレジデントに掲載

  6. 原因と結果を分析する重要性

  7. シャープ債券の利回りが上昇するとどうなるか?

  8. 投資の連敗に理由はあるのか?

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
 
PAGE TOP