アフターコロナで世界のルールは大きく変わる

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「アフターコロナ」をテーマにお届けします。

本日の記事は、2020年4月3日に執筆しています。

現在、日本では新型コロナウイルスの感染爆発寸前の状態です。

指数関数的(倍々)に感染者が増加していく事を考えると日本での感染爆発は、時間の問題と、予想しています。

個人的な考えですが、自分がウイルスに感染するのであれば、医療体制に余裕ある今の早め。

もしくは、感染収束最後の最後に感染したいです。

感染から復活出来れば、免疫や抗体で体が強くなります。

最悪なのは、感染者がピークに達して医療が追い付いていないタイミングでの感染です。

十分な医療を受けられない状態で感染するのが最も辛いと考えています。

そんな中で「アフターコロナ」という言葉を少しずつ耳にするようになってきました。

新型コロナウイルスが収束した後の世界を意味しています。

私は、新型コロナウイルスによって世界のルールは、変わると考えています。

私にとっては、生活しやすい世界により近づきます。

私は、幼少期の頃から菌やウイルスを恐れていました。

知らない人が握ったおにぎりは、菌が怖くて食べられないクソガキです。

じじいが素手で握った料金の高いお寿司よりも、バイトが手袋をした回転ずしを選ぶ子供です。

手袋をしているからと言って衛生的かは、別問題です。

しかし私含めて全員がウイルスに感染している可能性がある状況で知らないおじさんが素手で握る寿司を食べるのに抵抗を感じる方は、増えるでしょう。

子供の頃に母親からは「菌・菌ウルサイ」と言われていました。

しかし今回のコロナショックにて、母親から「アンタが正しい。菌は怖い。」と世論が変わり始めている事を嬉しく感じます。

お寿司大好きなので、アフターコロナの世界においては、寿司職人の方は、ぜひ手袋をして寿司を握る事をお願いしたいです。

もし素手だとシャリの感覚が分からないという寿司職人がいれば、レベルアップしてください。

アフターコロナの世界では、素手などで食品を提供している飲食店は、世論の反応から食品の提供方法を見直す飲食店が多いと思います。

いくら寿司職人が手を綺麗に洗っていたとしても、ウイルスは目に見えず、お客には、分かりません。

ちなみに私は、スナック菓子やポテトなども素手では、食べません。

自分の手は、菌だらけで汚いと思っているので昔から箸を使って食べています。

今後、私のような人は増えるのではないでしょうか?

そしてアフターコロナの世界で大きな変化は、オンラインを使った仕事が増えていく事でしょう。

個人的には、とても嬉しいです。

打ち合わせや会議やハンコを押す為に人が移動して会社に出社するのは非効率です。

メール・チャット・テレビ電話など

無料で使えるオンラインサービスがあります。

上手く活用すれば、対面で会わなくても多くの仕事を進める事は、出来ます。

【参考記事】

現在、多くの会社がリモートワーク(テレワーク)に挑戦していますが、この取り組みは、日本の労働生産性を高めて、仕事の効率化を一気に上げる事でしょう。

これまでチャットワークやってる?

Slackは?Zoomは?Skypeは?

上記を投げても「何それ?」状態でしたがこのようなツールを使う人が増えると、情報伝達が早くなり便利になります。

今回のコロナショックの数か月で仕事上をオンライン行う機会が増えました。

アフターコロナの世界では、オンラインで仕事を進める仕組みが広がっていくと考えています。

個人的には、とてもありがたいです。

そしてこのオンラインは、仕事だけではなく遊びや娯楽にも広がっていくと思います。

私は、友人と通話で話ながら自宅でポーカー・麻雀・オンラインゲームで遊びます。

友人4人時間だけ合わせれば、雀荘にいかなくても自宅で麻雀も出来ます。

外出自粛によって花見にいけない人達が自宅で友人達とテレビ電話を繋いでオンラインで飲み会をする人も出てきました。

■オンライン飲み会

■オンライン入社式

■オンライン面接

■オンラインオフ会

■オンラインキャバクラ

などなど

オンラインゲーム以外にオンライン〇〇という新しいビジネスがアフターコロナで誕生します。

従来、対面でサービスや価値を提供していた方は、アフターコロナの世界では、オンライン〇〇に人が流れていく事を想定しておいた方がいいかもしれません。

コロナウイルスが収束したらまたお客が戻ってくると思っていても、以前通ってくれていたお客がオンラインに流れてしまい戻ってこない可能性もあります。

アフターコロナの世界では、従来のビジネスや慣習や文化を破壊して新しいルールが作られ動いていくと私は考えています。

そういう私の会社もアフターコロナの世界でどう生き残っていくのかは、まだ模索中です。

やっておくべき事は、このメルマガ・ブログのようにオンライン上で人に役立つ情報発信による信頼の獲得。

そしてオンライン上でお客からお金を頂戴出来る価値やサービスの提供。

これが出来れば、アフターコロナの世界でもビジネスで生計を立てていけると考えています。

あなたは、アフターコロナの世界で以前と同じように生計を立て生活は出来ますか?

ぜひ一度考えてみてください。

新型コロナウイルスの感染拡大によって従来の世界のルールは大きく変わる事でしょう。

■個人投資家コミュニティーへの招待(無料)
http://sayatrade.co.jp/slack.html

■メンバーの方はこちらから
https://sayatrade.slack.com/

■個人投資家コミュニティーの加入方法解説
http://sayatore.com/blog/2020/03/11/10867

関連記事

  1. ジェダイの騎士から学ぶ投資メンタル(精神論)

  2. 10年前の証券会社の推奨銘柄の価格は?

  3. 投資家は、いくら報酬をもらうべきか?

  4. 起業3年目突入!退職当時の思い出

  5. 景気が悪いのに株価が上がる理由

  6. 生存者バイアスを理解して情報を得よう

  7. 逆イールド現象と株価下落について

  8. IT社長がモテる3つの理由

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
 
PAGE TOP