相手の対応が遅い時の考え方

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「相手の対応が遅い時の考え方」をテーマにお届けします。

日常生活において自分と相手との対応のスピードにズレを感じる。

そういった事は、あると思います。

■もっと早く対応して欲しい

私は、せっかちなのでそう感じる事が多くあります。

そんなせっかちな私が心がけている考え方があります。

それは「相手は優先順位を作り対応している」という事です。

私がお願いした事への対応が遅い場合は、それは、私に対する相手の優先度が低いのです。

つまり私が悪いという考え方です。

仕事や返信が早い方や遅い方など個人によってバラつきは、多少ありますが、それも踏まえて全ては「優先度」で決まると考えています。

■相手からの返事がない、返事が遅い、対応が遅い

こんな状況が発生した時、私は相手にされていない。

悲しいですが、そう考えるようにしています。

後に出来る私の選択としては、相手にしてもらえるように頑張るor他の人にお願いする

対応が遅い相手が悪いのではなく相手にされていない私が悪いという考え方です。

想像してみてください。

自分が大好きで付き合いたい相手から来た連絡をあなたは、あと回しにしますか?

最優先で対応する事でしょう。

ごはんを食べる事も寝る事も遅刻する事もドタキャンされる事も全て優先順位で決まります。

人が1日に使える時間は限られています。

沢山の事をする事は出来ません。

優先度をつけて対応するのが普通であり私自身も皆さまも全員が同じです。

そういう私自身も優先順位を明確に持ち日々過ごしています。

心苦しいですが無視する依頼や連絡やメールは、優先順位に基づいて、対応するようにしているのです。

皆様も相手の対応で気になる事があった時自分は、相手の優先度のどこに位置付けられているのか考える。

そして自分自身も優先順位を明確に持つ。

考え方の一つとして参考になれば幸いです。

関連記事

  1. 証券会社の裏側を暴露!

  2. お金の知識の親から子への継承

  3. コロナ禍自粛で抑圧された才能は、将来結果を出す

  4. 人類VS感染症の歴史から学ぶ人間の愚かさ

  5. 中毒性とビジネスの関係

  6. 投資・お金のメンタル「湧き上がる自信」

  7. 自分に厳しくする重要性

  8. 無駄な慣習を無くして労働生産性を高める重要性

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
 
PAGE TOP