成長する会社ランキング(MIDDLE200)

株式会社サヤトレの増田です。

ここ数年の投資ブームにて投資の王道である
「割安株投資」と「成長株投資」に注目が集まっています。

割安株投資(バリュー株投資)は
株価が割安な銘柄に投資を行う投資手法です。

株価が割安の定義は、PERなのかPBEなのか
人それぞれ違いますが、不当に売られすぎている
銘柄に投資を行い適正価格まで戻れば決済します。

もう一つの成長株投資(グロース株)は
将来成長性が見込める銘柄に投資する手法です。

現在の株価が割高でも、今後成長するので
株価水準に関係なく投資を行います。

どちらの投資手法も王道な株式投資のやり方です。

私個人的には、昔は「割安株投資」推しだったのですが
どちらかと言えば現在は「成長株投資」推しです。

株式上場を目指している同世代の社長と話をしていると
「成長株」への投資の方が大きく夢があって面白いと
感じるようになったのも一つの要因かもしれません。

私が成長株投資を行うとすれば
重視するべきポイントは3つあります。

■事業内容とビジネスモデル

■社長(経営を支えている者)

■現在の市場シェア獲得

1つ目の「事業内容とビジネスモデル」ですが商売では
儲かりやすいビジネスと儲かりにくいビジネスがあります。

「IT」「金融」と「飲食」「小売」の儲かりやすさは違います。

しかし儲かりにくい商売でも社長が優秀な場合は、
事業内容もビジネスモデルもあまり関係ありません。

会社経営は、社長が全てです。

会社を新規上場すると大株主の社長や
その家族には、数億円単位の資産が入ります。

最近の社長によっては・・・

「僕は、10億円株で稼いだのでやーめた!」

的な感じで急に社長を退任して逃げたり
上場をきっかけに経営のやる気が無くなる
社長は結構沢山いるのです。(通称:上場ゴール)

投資家は、キレていいのではないでしょうか!?

そして最後は、現在獲得している
市場シェアとその規模感です。

分かりやすく飲食店で例えると先日上場した
ラーメン店の一風堂を運営する力の源HD

既に全国都市に店舗があるのか?

それとも一部の地域にしかまだないけど
これから東京や全国に出展するのか?

これから取れるマーケットの広さによって
売上げや株価の伸び白は大きく異なります。

成長株として投資するタイミングが
今後シェア獲得する伸び白がまだまだあるのか?

考えてみると良いかもしれません。

そして最近、日本経済新聞社は新興市場に上場する
中堅企業の成長力ランキングを発表しました。

■「伸びる会社 MIDDLE200」
https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/middle200-2017/

日本経済新聞社が公式発表しているランキングです。

世の中には50万円くれたら○○賞をあげます的な形で
いろんな会社が独自にランキングや表彰式を運営しています。

表彰される会社が広告費としてはお金を支払って
ランキングを上位にしてもらうイメージです。

さすがにランキング上位の会社が日経新聞に
ワイロを渡している事はないかと思います。

上から順に企業研究しておりますが
私でも知らない会社が多く勉強になります。

ご参考にしてはいかがでしょうか?

■「伸びる会社 MIDDLE200」
https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/middle200-2017/

【参考記事】


メールアドレス

関連記事

  1. 証券アナリストの本音とは・・・?

  2. 投資詐欺に騙されない方法とは

  3. 三菱財閥の凄さ

  4. LINE上場で儲かる企業

  5. 投資でお金持ちになれるのか?

  6. 証券会社の裏側を暴露!

  7. ビットコインの税金について

  8. 2017年に伸びる業界とは?

  9. コインチェックからNEMを盗んだ犯人は捕まる?

人気記事

おすすめ記事

増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP