LINE株を長期保有した結果を公開

株式会社サヤトレの増田です。

普段私が保有している個別銘柄は
書かないように心がけているのですが。。。

本日は、大きなニュースがありましたので
テーマに取り上げてみます。

「LINEの東証の新規上場について」です。

■LINE、7月に東証上場へ 時価総額6000億円

ご存知の方も多いと思いますが、
LINEはスマホでメッセージのやり取りや
ゲームが出来るアプリです。

私は、日本でLINEが流行り始めた頃に
親会社が韓国企業の「Naver(ネイバー)」と知り
2014年にスタートしたNISA口座にて
外国株式投資として株を購入しました。

【参考記事】

2014年1月に100万円で購入したNaver(ネイバー)株!

2年半保有した結果、現在いくらになっているでしょうか?

結果はこちら・・・
 ↓
 ↓
 ↓

取得金額:982,514円
評価額 :840,317円
評価損益:-142,197円

結果全然儲かっておらず
14万円ほど損している状態です。

そして本日、ニュースで話題になっているにも関わらず
Naver(ネイバー)の株価は-4.58%と大きく下落しております。

NISAでNaver(ネイバー)株を購入した当初の私は
5年後に売却したらテンバガー(10倍)狙える!

上記のような夢を見ておりました。

全然無理そうです。

NISAの恩恵を受けるために5年間保有する予定でしたが
LINE株の上場するのを見守って早めに決済する事も考えております。

ただ、決算予想を見ると、今期の業績予想が294.98%と
異常な予想を出しているので、何か秘策があるのか?

わずかに期待しつつもう少し寝かせてみます。

Naver(ネイバー)は、LINEの新規上場について
戦略的でかなり慎重に考えているようです。

出来るだけLINE株の時価総額を高めて
新規上場する考えでしょう。

日本で一番使われているアプリの親会社が
日本企業ではないことはかなり残念ですが
資本主義社会においては仕方のないことです。

ちなみに、私は、メッセージアプリとして
「チャットワーク」が使いやすく一番利用しています。

■チャットワーク(ChatWork)
http://www.chatwork.com/ja/

チャットワークは、これまで自己資本に拘って
経営をしておりましたが昨年に外資本を入れて
新規上場を目指す方向に舵を切ったようです。

個人的に、下記のように使い分けています。

・プライベートのやり取り:LINE
・社内でのビジネスのやり取り:チャットワーク(ChatWork)
・社外でのビジネスのやり取り:メール

今後期待する企業として、個人的には

メッセージアプリに関して、
日本代表で「チャットワーク」を応援

個人投資家としてはLINEの親会社
「Naver(ネイバー)」を応援しています。

【参考記事】

関連記事

  1. 優秀な証券マン同期達!

  2. 証券会社の未来予測

  3. AI・人工知能・ディープラーニングと投資

  4. 負ける投資家のタイプ分類

  5. マーケットニュートラル戦略の解説

  6. デイトレの結果発表!

  7. 個人投資家がリスクヘッジする方法

  8. 煽り運転の法律は間違っている

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
 
PAGE TOP