LINE株を長期保有した結果を公開

株式会社サヤトレの増田です。

普段私が保有している個別銘柄は
書かないように心がけているのですが。。。

本日は、大きなニュースがありましたので
テーマに取り上げてみます。

「LINEの東証の新規上場について」です。

■LINE、7月に東証上場へ 時価総額6000億円

ご存知の方も多いと思いますが、
LINEはスマホでメッセージのやり取りや
ゲームが出来るアプリです。

私は、日本でLINEが流行り始めた頃に
親会社が韓国企業の「Naver(ネイバー)」と知り
2014年にスタートしたNISA口座にて
外国株式投資として株を購入しました。

【参考記事】

2014年1月に100万円で購入したNaver(ネイバー)株!

2年半保有した結果、現在いくらになっているでしょうか?

結果はこちら・・・
 ↓
 ↓
 ↓

取得金額:982,514円
評価額 :840,317円
評価損益:-142,197円

結果全然儲かっておらず
14万円ほど損している状態です。

そして本日、ニュースで話題になっているにも関わらず
Naver(ネイバー)の株価は-4.58%と大きく下落しております。

NISAでNaver(ネイバー)株を購入した当初の私は
5年後に売却したらテンバガー(10倍)狙える!

上記のような夢を見ておりました。

全然無理そうです。

NISAの恩恵を受けるために5年間保有する予定でしたが
LINE株の上場するのを見守って早めに決済する事も考えております。

ただ、決算予想を見ると、今期の業績予想が294.98%と
異常な予想を出しているので、何か秘策があるのか?

わずかに期待しつつもう少し寝かせてみます。

Naver(ネイバー)は、LINEの新規上場について
戦略的でかなり慎重に考えているようです。

出来るだけLINE株の時価総額を高めて
新規上場する考えでしょう。

日本で一番使われているアプリの親会社が
日本企業ではないことはかなり残念ですが
資本主義社会においては仕方のないことです。

ちなみに、私は、メッセージアプリとして
「チャットワーク」が使いやすく一番利用しています。

■チャットワーク(ChatWork)
http://www.chatwork.com/ja/

チャットワークは、これまで自己資本に拘って
経営をしておりましたが昨年に外資本を入れて
新規上場を目指す方向に舵を切ったようです。

個人的に、下記のように使い分けています。

・プライベートのやり取り:LINE
・社内でのビジネスのやり取り:チャットワーク(ChatWork)
・社外でのビジネスのやり取り:メール

今後期待する企業として、個人的には

メッセージアプリに関して、
日本代表で「チャットワーク」を応援

個人投資家としてはLINEの親会社
「Naver(ネイバー)」を応援しています。

【参考記事】

関連記事

  1. マーケットニュートラル戦略の解説

  2. 個人投資家がリスクヘッジする方法

  3. スカイマーク上場廃止のよくある疑問

  4. 証券口座とCFD口座のおすすめの使い分け

  5. 予想的中と投資結果の差

  6. 投資マネーが仮想通貨(暗号通貨)に流れる とどうなるか?

  7. 私が証券会社を辞めてサヤ取り投資を勧めてきた理由

  8. 「緊縮財政」VS「積極財政」どちらが正しい?

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
 
PAGE TOP