サヤトレ新機能「権利付き最終日の銘柄除外機能」

株式会社サヤトレの増田です。

本日は、サヤ取り投資分析ツール「サヤトレ」の新機能をご紹介します。

直近の改良に新しく高機能版サヤトレに「権利付き最終日の銘柄除外機能」を搭載しました。

■サヤ取り投資ペア検索ツール『サヤトレ』
⇒ https://investars.jp/

こちら新機能の使い方は、名前通りですが、権利付き最終日に該当する銘柄をサヤトレの検索結果から除外する事が可能になっています。

まだご存知無い方が多い気がしますが2019年7月16日約定分より権利付き最終日の起算のルールが変更になっています。

従来は、約定日の3営業日後が受渡日でしたが7月16日以降、約定日の2営業日後が受渡日に縮まります。

株主優待のサヤ取りなどをやっている方は、今月からお間違いないようにご注意ください。

今回サヤトレに搭載した新機能は、企業の期末などで権利付き最終日が直近の銘柄を検索結果から除外する事が可能になっています。

■買い(ロング):銘柄の配当落ち

■信用売り(ショート):銘柄の配当金支払い・逆日歩

サヤ取りを行って両建てしている期間内に気付かずに権利付き最終日を跨いでしまうと上記のようなリスクを背負う事になります。

信用売り(ショート)していて逆日々払うのは、もったいないですよね。

今回のバージョンアップにて、サヤトレ全銘柄の権利付き最終日のデータを新しくデータベースに取り込みました。

検索結果から除外出来る期間は・・・

■3日以内
■1週間以内
■2週間以内
■3週間以内
■1ヶ月以内

など任意の期間で設定する事が可能です。

基本的に、こちらの設定に関しては、適度な期間除外する方向で検索するのが望ましいと考えています。

今回のバージョンアップは、有料版の機能となりますが現在無料版も含めたサヤチャートの部分を改良も進めております。

ユーザーが使いやすくなるように日々改良バージョンアップを行う方針です。

有料版の高機能版サヤトレは、無料版には、無い便利な機能が備わっておりますので投資で儲かった際には、ぜひご検討いただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いします。

■高機能版サヤトレお申込みフォーム
⇒ https://investars.jp/member/form-new.php


メールアドレス

関連記事

  1. サヤトレの新機能紹介「オートレ発注」

  2. サヤトレの相関係数について

  3. サヤトレでバックテストが出来ない理由

  4. FXロングショート(サヤトレLS)のお勧め組み合わせ

  5. 相場が下落しても儲かる投資戦略

  6. サヤ取り投資の失敗実例「バンドウォーク」

  7. サヤトレに先物と為替が追加

  8. ロングショート新企画 読者選んだサヤトレ社のロングショート戦略ファンド

  9. サヤトレの株価更新は、ビッグデータで時間がかかる

サヤトレ会員のサヤ取りブログ

人気記事

おすすめ記事

代表・増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP