2019年10月1日の消費税10%増税について

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「消費税」テーマにお届けします。

参議院選挙を間近に控えてニュースでは、政策に関するニュースが多くなっています。

その中の一つの大きなテーマが「消費税」です。

現在8%の消費税ですが、2019年10月から10%に引き上げられる方向で進んでいます。

増税まで残り3ヶ月前と間近ですが、増税反対を掲げる政治家が多くいる事を不思議に思い本日は、色々と勉強しました。

調べた結果2019年10月1日の消費税増税は、厳密に言うとまだ確定した訳ではなく、増税は、ほぼ決定事項ですが確定でないので、まだひっくり返せるみたいです。

増税まで3ヶ月前でまだ決まっていないというのは、個人的にどうかと思いました。

しかし確定させるとリーマンショック再来など大きなリスクや問題が出るので、現状のほぼ決定という状態でいいのかもしれません。

消費税に関しては、賛成・反対それぞれ意見があると思います。

私個人的には、10%の消費税は賛成です。

軽減税率8%据え置きに反対しています。

【参考記事】

消費税10%を私が賛成する理由としては、消費税は、他の主な税金と比較して、財源確保が安定しており、全員脱税が難しいからです。

消費税を引き下げて、その変わりとして富裕層の所得税や企業の法人税を上げてお金持ちから取る意見を良く聞きます。

お金持ちに税金をお支払いいただくのは、賛成なのですが、実際のところそれをやるとお金持ちは、お金を海外に移してしまいます。

お金持ちに沢山の税金をお支払いいただく仕組みは、賛成ですが現実的に難しいのです。

また所得税や法人税は、その年の景気によって税収金額は大きく変動します。

景気が良い時も悪い時もお金持ちもそうではない方も全員から強制的に取れるのが消費税なのです。

お金持ちが沢山お金を消費すれば、そのお金は、強制的に消費税で徴収されます。

荒いお金の使い方をする方を称賛した方がいいですね。

しかし、全員から徴収する消費税では、中間層や低所得層の方には、所得に対する負担の割合が大きくなります。

消費税の負担が重くなった分を考慮して一般的な中流層や収入の少ない低所得には、直接、現金を配ってくれるといいですね。

消費税を上がった税収分のお金を社会保障に回すイメージです。

つまり今、日本がやろうとしている事そのままです。

分かりやすく極論で説明すると消費税30%に増やすけど高所得者以外全員に毎月5万円現金であげるみたいなイメージです。

ベーシックインカムに近いかもしれません。

消費税で一旦沢山税金を集めるけどお金持ち以外には、返金すれば、実質沢山消費をするお金持ちへの強制増税になります。

消費税を増税した分の税収は、生活保護などの社会保障に回わるので結局、国民に還元されるのです。

私個人も、今健康ですがもし病気になって働けなくなれば、生活保護を受給するかもしれません。

支払った2%分の消費税は、本当に困った時に返ってくるのです。

脱税しやすい所得税や法人税ではなく脱税しにくい消費税で一旦お金を集めてからその後、所得の少ない方への社会保障で国民に還元する。

もちろん短期的に買い物をする消費者目線では、増税は、嫌な気持ちはあります。

しかし消費税を上げて社会保障で還元という現在のルールは、弱者に優しい制度だと思います。

皆様、それぞれ考えがあると思います。

消費税増税に関して、どう思いますでしょうか?

また増税後の消費は、大きく傾く事が予想されています。

何をしなければならないか考えておくといいかもしれません。


メールアドレス

関連記事

  1. 伊藤忠の読み方

  2. ドルインデックス(ドル指数)とは?

  3. みんなで作ろう!サヤトレロングショート企画の最終投資結果!

  4. お金の相談が出来る金融職業の特徴(大手銀行編)

  5. 金持ち父さん貧乏父さんが電子化されていない経済損失

  6. 冷房を24時間つけたままにした場合、電気代は?

  7. 年代別老後資金の作り方(70代編)

  8. 池袋ラーメン無敵屋が常に行列している理由

  9. NYダウの上げ下げを見ても判断できない?

サヤトレ会員のサヤ取りブログ

人気記事

おすすめ記事

代表・増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP