投資初心者、最初の壁は金融用語

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「投資初心者」をテーマにお届けします。

現在、自社の新事業の取り組みで投資初心者の方に、投資を教えています。

慣れない業務に苦戦していますが私自身が新しく学べる知識も多くビジネスチャンスを感じています。

目立ちたくない。有名になりたくない増田のニーズ

目立って有名になりたい方のニーズ

私が裏方で知識と資金を提供して面白いコンテンツを作るイメージです。

新ビスネスや取組みの詳細、関しては、個人投資家オンラインコミュニティー「CRANEs」にて公開しています。

■個人投資家オンラインコミュニティー「CRANEs」への招待(無料)
http://sayatrade.co.jp/slack.html

初めて投資をやる方は、ゼロから投資を覚えるので最初に教えるのは、とても大変です。

四則演算(+−÷×)の算数を習わないと三平方の定理は、理解が出来ません。

物事を理解するには、段階、レベル、ステージがあります。

株式会社サヤトレの場合、お客のターゲット層を投資中級者に絞ってサービスを提供してきました。

サヤ取り投資を理解するには、ある程度の投資経験が必要です。

結果的に投資初心者のお客は、少数となり初心者に優しくないサービスとなっていました。

現在、投資初心者に投資を教えるにあたり私が過去、投資初心者だった時の事を思い出しました。

投資初心者が投資を諦めてしまう最初の壁は、金融用語です。

■金融用語・単語が分からない

「損切り」という言葉を初心者との会話の中で使うと初心者は「損切り」の意味を知りません。

私は、麻痺して忘れていましたが「損切り」という言葉は、世間一般的な言葉ではないのです。

「損切りは、損の状態で決済する事」

上記のように教えると「決済」って何ですか?

というコンボが発生します。

確かに「ポジション決済」って言われても投資やっている人以外に伝わりません。

投資初心者は、初めて耳にする証券金融用語の意味を1つずつ覚えなければならないのです。

これは、とても大変な事です。

よほどの覚悟がないと難しいでしょう。

英語を習得する際に英単語の意味を覚えるのは、必須であるのと同じように、投資初心者は、分からない金融の単語が出てきたら、調べて覚えましょう。

金融用語・証券用語・分からない言葉などで最も簡単に調べられる方法は、ネット検索です。

調べたい言葉にプラスして「とは 投資」と入力してGoogleやYahoo!で検索します。

具体的には、下記のようなイメージです。

「損切りとは 投資」

「ポジションとは 投資」

「ローソク足とは 投資」

「サヤ取りとは 投資」

「ロングショート戦略とは 投資」

こんな感じで用語の意味を検索すると知らない金融用語を覚える事が出来ます。

単語の意味が分からないと相手が話す投資の解説の意味が理解出来ません。

投資初心者が独学で投資をスタートする際に「分からない」と心が折れる大きなポイントですね。

私自身も最初は、投資初心者で分からない事だらけでした。

誰でも最初は、初心者です。

最初に購入した初心者向けのFX解説の本がとても分かりやすくつまずかずに学ぶ事が出来ました。

FXが分かれば、株も分かり、先物も分かり、オプションも分かり知識は、連鎖していきます。

最初の1つ目の投資対象のルールが分かれば、他の金融商品を理解するのは、難しくありません。

投資初心者の方は、解説で出てくる証券用語の意味が分からずに辛いと思いますがぜひ単語の意味を一つずつ調べて覚えましょう。

そして本屋に行けば、投資入門の本が沢山あります。

実際に中身をみて、一番分かりやすく簡単そうな本を選んで読むのもおススメです。

投資を覚えるのは、最初が一番大変で苦労します。

最初のハードルをぜひ超えましょう。

■個人投資家オンラインコミュニティー「CRANEs」への招待(無料)
http://sayatrade.co.jp/slack.html

■「CRANEs」メンバーの方はこちらから
https://sayatrade.slack.com/

■「CRANEs」の加入方法解説
http://sayatore.com/blog/2020/03/11/10867


メールアドレス

関連記事

  1. 銀証連携成功のカギとは?

  2. 私が証券会社を辞めてサヤ取り投資を勧めてきた理由

  3. 銀行員・証券会社員による横領・窃盗・不正

  4. FX金利裁定取引の最新情報

  5. ソフトバンクがWeWorkに投資する理由の推測

  6. コロナショックとリーマンショックの違い

  7. サヤトレロングショート!買い銘柄決定!

  8. サヤ取り投資ペア実例に関する質問回答

  9. トルコリラ長期保有のポイント

サヤトレ会員のサヤ取りブログ

人気記事

おすすめ記事

代表・増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP