サヤ取り投資ファンドが存在しない理由

株式会社サヤトレの増田です。

私は、過去に証券会社に勤務していた際に
投資信託(ファンド)の販売勧誘を行っておりました。

ファンドの販売側だった私自身が
購入する際に考える定義は1つだけです!

「個人では出来ない運用が出来るファンド」

個人が出来ない運用と言っても
個人の投資レベルや金融資産によって変わります。

いくつか具体例を挙げると次のようなイメージです。

■個人が投資出来ない金融市場
(元立ての上海A株など外国人は買えません)

■多額の資金が必要な投資(分散投資も出来る)
(海外ヘッジファンドなどは1億円からなど小額で投資出来ない)

■プロしか出来ない投資戦略
(グローバルマクロ・イベントドリブンなど)

ファンドでは複数の投資家からお金を集める事によって
個人では投資する事が出来ない国や金融商品であっても
投資が可能になります。

私がファンドの中身を見る際には私個人が
このファンドと同様の投資を再現する事は出来るかを考えます。

ETFを買って同じ動きを作れるようであれば
ファンドを買う意味は正直あまりありません。

そしてファンドを販売していて感じた事ですが
サヤ取り(ロングショート)ファンドは、
現在、日本ではほとんど存在しておりません。

証券マンだった当時の私は、投信部門に配属になったら
サヤ取りファンドを作ってやろうと考えおりましたが
サヤ取りファンドが存在しない理由は大きく2つあります。

■投資家に売れない(人気がないので販売出来ない)

■空売りが出来ない

投信会社は、「儲かるファンド」よりも
「売れるファンド」を作る必要があります。

サヤ取り投資の仕組みを理解出来る
投資家は少なく一般的な個人投資家には
人気がないので組成しても売れないのです。

そして大手運用会社が仮に公募でサヤ取りファンドを作って
大量の空売りを行うと金融市場にインパクトを与えます。

機関投資家には個人投資家と違い規制があり、
自由に空売り出来ない点も、サヤ取りファンドが
日本にはほとんどない理由と言えるでしょう。

いくつか日本で取り扱っているサヤ取りファンドもありますが
日本の公募投信はファンド・オブ・ファンズでマザーファンドは
海外のファンドのケースであるケースが多いです。

最近では、全国の読者の方から
「増田さんこんなサヤ取り情報知っていましたか?」

上記のように読者の方から
教えていただけるケースも増えています。

私自身知らない事は沢山ありますので
とてもありがたく感じております。

当たり前ですが投資の情報は自己責任という
認識を持っておりますので読者様も情報を
教えていただければ自己責任で検証させていただきます。

仮に損しても読者様の責任ではありませんので
面白いサヤ取り情報があれば教えていただければ幸いです。

■お問い合わせ先
https://investars.jp/contact.php

今後も金融市場で個人が取引できる
サヤを探してお伝えしていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

【参考記事】


メールアドレス

関連記事

  1. 証券会社社員の年収を大公開!

  2. NT倍率を使ったサヤ取り投資について

  3. IT社長がモテる3つの理由

  4. 3月末権利確定日に株価が上がる裏の理由

  5. シャープ債券の利回りが上昇するとどうなるか?

  6. お正月にBtoB企業がCMを流す理由とは?

  7. 株価指数を活用したサヤ取り手法の解説

  8. 投資助言業と詐欺師の見分け方

  9. 煽り運転の法律は間違っている

人気記事

おすすめ記事

増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP