サヤ取り投資初心者が陥りやすいミス

株式会社サヤトレの増田です。

本日は、サヤ取り投資の実践で
よくある間違いについてお届けします。

直近の株式市場が上昇している時に
サヤ取り初心者がよくやってしまいがちな例です。

それは両建てしている銘柄の片方だけを決済して
途中で片張り取引に変更してしまう事です。

■買い:トヨタ
■売り:ホンダ

例えば、上記のような組み合わせで両建て保有したとします。

■トヨタとホンダのサヤチャート
https://investars.jp/multichart.php?q=7203:7267&term=1&corrtype=ClosingPrice

多くの方が、仕掛けは2銘柄同時に
買い売り仕掛けを行います。

そして今のように株価が上昇していると
両建てでは、次のような損益状況になります。

■買い:トヨタ(株価が上がっているので利益)
■売り:ホンダ(株価が上がっているので損失)

上記のようになった際に多くのサヤ取り初心者の方は
空売りしているホンダ株を憎く感じてしまうのです。

「ホンダを空売りしていなければ
 トヨタ買いの利益で大きく儲かっていたのに・・・

 なぜ自分は、上昇相場で空売りをしているのだろうか?」

そのような感じで買い売りの両建て保有すると
どちらか一方は、損失になる事を事前に
承知していたにも関わらず忘れてしまうのです。

その結果、投資家の性格によってどちらを
決済するかは異なりますが、両建てしている
銘柄のどちらか一方を決済して片張りにしてしまうのです。

サヤ取り投資は、両建てする2銘柄の
同時仕掛け・同時決済が基本です。

片方だけどちらか先に決済した時点で
従来の片張りの取引と同じになってしまいます。

通常一般的には、相場が上か下かの予想を行い
その予想を当てる事狙って、片張り投資を行います。

しかし実際は、ほとんどの方が予想を外して損するのです。

片張りで儲けられるスキルがあれば
最初から両建て売買を行う必要はなく
片張りで勝負すれば良いと言えるでしょう。

昨日、食事をした投資家の友人は、ここ最近の
上昇トレンドで100万円を1000万円に増やしていました。

投資戦略は、FXでダウ理論を活かした
片張りのスイングトレードです。

リスクが大きい取引ですが、その分
リターンも大きいので釣り合っています。

彼自身500万円からのハイレバレッジの取引は
内心ビビッていてかなり怖いと述べていました。

残念ながらこのような爆発力は、
両建て売買のサヤ取り投資にはまずありません。

短期的に大儲けしたい方は、片張り取引で
別の投資手法を実践する事をお勧めします。

しかし片張り取引を行う個人投資家のほとんどが
いつか急に訪れる暴落で多くの資産を失っています。

そのいつ来るか分からない暴落が来ても
両建てのヘッジ効果で損にならないように
用心するのがサヤ取り投資を行う目的なのです。

「片張り」と「両建て」のどちらが
優れているかは、その人次第です。

【参考記事】

しかしサヤ取り投資において2銘柄同時に
仕掛けたにも関わらず途中で片方だけ
決済してしまう行為は、愚かであり間違いです。

両建てするのであれば途中で片方だけ外してはいけません。

最後まで両建てして同時に決済するようにしましょう!


メールアドレス

関連記事

  1. 3月末権利確定日に株価が上がる裏の理由

  2. 安定的に儲かったロングショートの組み合わせ

  3. 日経平均(N)とTOPIX(T)のサヤ取り(NT倍率取引)

  4. 楽天銀行の金利55.5%は嘘!?

  5. トルコリラ長期保有のポイント

  6. 新宿のスープカレーと定額制サラダバー(飲食店アイデア)

  7. 日銀がマイナス金利で個人投資家が取るべき行動とは?

  8. 株価指数を活用したサヤ取り手法の解説

  9. 円安で得する人と損する人

人気記事

おすすめ記事

増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP