おとり物件よりもエグイ投資業界の裏側

株式会社サヤトレの増田です。

週末ワールドビジネスサテライトという
経済番組にて不動産仲介業の裏側の闇である
「おとり物件」について特集されておりました。

■不動産業界の暗部「おとり物件」
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_107032

おとり物件とは、賃貸物件などで「成約済み物件」を
「空き物件」とネットで偽り新規の客を呼ぶ手法です。

最近のお部屋探しの傾向としては、
事前にネットで物件を探して気にいった部屋を
見つけてから仲介業者に来店するケースが多くなっています。

賃貸物件を探せる検索サイト上に
相場よりも非常にお得な物件を掲載しておき
新規客が来店した後に掲載物件は埋まってしまったと告げ
別の物件をお勧めするのがおとり物件の役割です。

私は、友人に不動産仲介業をしていた者がおり
10年前から「おとり物件」の裏側を知っていました。

その他にも不動産仲介業の裏側を色々と教えてもらい
おかげ様で私は引越しについてはかなりの上級者です。

無い物件なのに何も知らない人が来店すると
かなりの時間を奪われ無駄にしてしまいます。

そういったモラルの無い行為が沢山あるという
情報として知っているかどうかは重要です。

そして金融業界の裏側を知っている私からすれば
投資業界も同様で改善するべき点は非常に多いと感じます。

金融機関は、個人や投資家に対して出来るだけ
金融商品の見た目を良くして買ってもらおうと
都合の悪い部分は分かりにくくなっているからです。

例えばですが・・・

■年利30%の定期預金
(1週間しか良い金利はつかない)

■年利10%の債券 販売手数料無料!販売手数料は一切かかりません!
(為替スプレッドというコストが往復で約10%かかる。
つまり為替リスクと信用リスクを取って債券を1年保有して
はじめて損益がチャラになる商品。実質、円安になった部分が利益)

■毎月配当金が300円!配当利回り30%!
(配当金は基準価格から出ているので全く無意味。
送金コストもかかり複利効果も消えて利回りは低下する。
しかし日本人に大人気でよく売れる。今でも沢山売れている。)

■株式アクティブファンドでベンチマーク(TOPIX)を大幅に上回る比較チャート
(ファンドの基準価格チャートは、配当金込み再投資のデータを使い
TOPIXチャートは、配当金なしのデータを使って比較している。
両方なしで比較するとTOPIXの成績に負けているダメファンドでも良く見える)

などなど・・・

適当に例を出し数行の解説を行っておりますが
このメルマガ読者であれば内容の意味が分かると思います。

もし意味が理解出来ない場合は
騙されないように注意する事をお勧めします。

ここからは、私の過去の経験と持論ですが
個人投資家の金融リテラシーが高くなれば
金融機関側が行う営業や商品のレベルは高くなります。

金融の営業は、顧客の金融リテラシーを
考慮して金融商品を持って提案にいきます。

頭の良いお客様にダメな金融商品を提案して
論破されたら信用を失ってしまうからです。

そして今後取引をしてくれなくなるでしょう。

つまりダメな金融商品ほど金融について
分かっていないどうでもいい人に提案するのが現実です。

良い金融商品や情報が欲しいのであれば
キレイな商品案内資料に騙されず
個人が金融リテラシーを高める事が大事です。

【参考記事】

金融機関のセミナーでもこのような
見分け方は中々教えてくれません。

全く利害関係のない第3者に教えてもらうか
読者様ご自身が知識として身に付けるしかないのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、閏年(うるうどし)です。

1年は365日で地球の公転と同じになっています。

しかし地球の公転は正確には365.2422日
365日5時間50分となり1年で6時間弱のズレがあります。

そのサヤを修正するために
1日多くしようと決まったみたいです。

2月末の理由は単に日数が少ないからではありません。

古代の暦では2月が年末にあたるので
2月末に1日追加となったみたいです。


メールアドレス

関連記事

  1. サヤトレを使った投資戦略を公開

  2. 相場下落時に分かる投資家レベル

  3. 投資は、大損してからが本当のスタート

  4. サヤ取り投資ペア実例に関する質問回答

  5. 土用丑の日にうなぎを高値掴みする方へ(投資の話)

  6. サヤトレロングショート企画の募集締め切り日

  7. 楽天銀行の金利55.5%は嘘!?

  8. 株式長期投資の3つの戦略

  9. 負ける投資家のタイプ分類

サヤトレ会員のサヤ取りブログ

人気記事

おすすめ記事

代表・増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP