ロングショート戦略で推奨する保有割合

株式会社サヤトレの増田です。

昨日からロングショート戦略を
基礎から学ぶ特集をお届けしております。

【参考記事】

ロングショート戦略とは将来上昇が期待される銘柄を買い(ロング)
下落が期待される銘柄を売る(ショート)両建て投資戦略です。

・買い(ロング)= 値上がりした分が利益・値下がりした分が損失
・売り(ショート)= 値上がりした分が損失・値下がりした分が利益

上がれば儲かるロングと下がれば儲かるショートを
同時に保有する事によって、金融市場の波を抑えながら
安定して利益を狙うのがロングショート戦略の仕組みです。

【買い】みずほフィナンシャルG (8411)
【売り】三菱UFJフィナンシャルG (8306)

上記のように2銘柄の買い売り両建て保有も
ロングショート戦略の一つとお考えください。(通称:サヤ取り)

本日は、ロングショート戦略の実践に必要な
保有割合についてお届けさせていただきます。

2銘柄のサヤ取り投資では、買いと売りの投資金額の比率を
出来るだけ50:50に近づける事を推奨しております。

よく間違うポイントは2銘柄を近づけるのは
「株価」でも「株数」でもなく「投資金額」です!

株価の値や株数を同じにしても意味はないので
お間違えのないようにご注意ください。

しかし実際に投資を行う場合において
単元株と運用資金の問題でキッチリと
同額にする事は難しいケースがほとんどです。

その考え方はロングショート戦略でも同様です。

必ずしも50:50にする必要はありません。

■上昇相場 = 買い60:売り40

■下落相場 = 買い40:売り60

上記のように相場のトレンドを読み
買いと売りの比率を調整する事は
実際のヘッジファンドでもよくあることです。

「買い90:売り10」のようにどちらか一方の
比重が大きくなり過ぎると片張りとあまり変わりませんが
上記のような持ち方もロングショート戦略と言えます。

ロングショート戦略相場のトレンドを読んで
ある程度裁量判断で保有比率を変える事は
間違いではないとご認識くださいませ。

しかし私自身の考えとしては相場の上下を
個人が毎回仕掛けの度に予想するのは面倒で難しい事です。

よって常に買いと売りの保有割合は基本
50:50に近づける事を推奨しております。

そして売り買いの保有比率が決めた後は
買い銘柄の中での個別の保有比率と
売り銘柄の中での個別の保有比率を決定します。

この考え方は、分散投資の考え方と同じです。

昨日の例で銀行業4社を例にして解説します。

【ポートフォリオの例】
【買い40%】みずほフィナンシャルG (8411)
【買い10%】りそなホールディングス (8308)
【売り40%】三菱UFJフィナンシャルG (8306)
【売り10%】三井住友フィナンシャルG (8316)

上記のような売り買いの保有比率は50:50でも
個別銘柄の振り分けが40:10と偏っている場合
実際に投資をした際に比重の高い銘柄の損益結果が
ポートフォリオ(資産構成)全体の損益に大きく影響します。

上記の場合ですと買い銘柄のみずほが大きく下落して
売り銘柄の三菱UFJが大きく上昇した場合は
全体のポートフォリオは損失になってしまいます。

投資選定する銘柄に自信を持って保有比率を高める事も
戦略としてはアリなのですが私自身の考えは個人の考えや
自信に関しては、信じないことをお勧めします。

そういう私自身も自分の投資センスを信じておりません。

「自分の考えを信用しない」←格言入り

上がる下がると予想して複数選んだ
個別銘柄でも必ず当たりハズレが発生します。

よって選定した銘柄の比重も投資銘柄数で割って
1銘柄の保有割合が等分になるよう調整するのが無難です。

【ポートフォリオの例】
【買い25%】みずほフィナンシャルG (8411)
【買い25%】りそなホールディングス (8308)
【売り25%】三菱UFJフィナンシャルG (8306)
【売り25%】三井住友フィナンシャルG (8316)

ロングショート戦略は、買い売り保有比率と
投資対象の保有比率を調整して変更することで
ポートフォリオの組み合わせは無限に存在します。

選択肢が多すぎると人は選択が出来なくなります。

まずは、買い売り50:50で
投資銘柄の保有割合も等分にする

上記の基本系で実践してみる事をお勧めします。

続きはまた明日お届けします・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

運営にて資金100万円で検証している
マーケットニュートラル戦略は日経ミニを1枚売り
個別銘柄を4銘柄に分散して買っています。

投資成績は次のようなイメージです。

【売り】日経先物9月     騰落率6.61%
【買い】RSIで割安な銘柄    騰落率4.29%
【買い】RSIで割安な銘柄    騰落率20.05%
【買い】一目均衡上抜け銘柄  騰落率21.78%
【買い】適当に選んだ銘柄   騰落率13.19%

上記のパフォーマンスを見ると
「RSIで割安な銘柄」以外はアウトパフォームです。

「RSIで割安な銘柄」が日経平均と比較して
10%アンダーパフォームしたら損切りする予定です。

しかしすでに1か月保有してアンダーパフォームなので
1か月は、損切り基準を5%に変更する事も検討しています。

上記の銘柄や選定方法のスクリーニング条件などは
毎月サヤトレLS会員に送る「サヤトレLSレポート」
にて詳細をお伝えさせていただいております。


メールアドレス

関連記事

  1. サヤ取りをスタートするチャンス!

  2. 逆日歩を回避する3つの方法

  3. ワインファンドのヴァンネットが破産した理由

  4. 株価指数を活用したサヤ取り手法の解説

  5. サヤ取り相関係数の正しい計算式

  6. 両建て売買の基本は投資金額を同じにすること

  7. 投資の正しい損益計算について

  8. 投資情報サイトまとめ

  9. FX戦士くるみちゃん(投資の恐怖が味わえるマンガ)

人気記事

おすすめ記事

増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP