ロングショート戦略の組み合わせ

株式会社サヤトレの増田です。

今週からロングショート戦略を
基礎から学ぶ特集をお届けしております。

■1日目 ロングショート戦略

■2日目 ロングショート戦略の比率

本日は、ロングショート戦略の
組み合わせをテーマにお届けします。

「株式」「先物」「FX」「商品」「ETF」「オプション」

金融商品は多くありますがこれらを組み合わせて
様々なロングショート戦略を行なう事が可能です。

■「株式」&「株式」の例
トヨタを買い・ホンダを売り

■「株式」&「先物」の例
任天堂を買い・TOPIX先物を売り

■「FX」&「FX」の例
NZドルを買い・カナダドルを売り

■「FX」&「先物」の例
米ドルを買い・日経平均先物を売り

■「商品」&「商品」の例
原油を買い・ガソリンを売り

■「オプション」&「オプション」の例
コールを買い・プットを買い

などなど

相性はありますが組み合わせは無限です。

本日は、今週新しく登場したマザーズ先物を例に解説します。

今週7月19日から「東証マザーズ指数先物」が新しく誕生しました。

マザーズ市場とは東証1部へのステップアップを
視野に入れた成長力の高い企業が集まる市場です。

マザーズ市場に上場している銘柄の特徴は値動きが荒く
上がる時はいいですが下がる時には大きなリスクとなります。

東証マザーズ指数先物はマザーズに
上場している銘柄全体の値動きです。

よって個別株に投資するのが怖い人は
マザーズ指数先物を買えばいいとお考えください。

マザーズ指数の最低取引額は約100万円で
実際に投資に必要な証拠金は10万円程度購入可能です。

そして東証1部に上場している銘柄は、貸借銘柄といい
空売りが出来る銘柄が多いのですがマザーズに上場している
銘柄のほとんどは残念ながら空売りが出来ません。

下落する銘柄が分かっても個別に空売りは出来ないのです。

よってマザーズ銘柄を個別で多く保有している
投資家はヘッジの方法がこれまで限られていました。

しかしこのマザーズ指数先物は
空売り(ショート)が出来ます。

個別銘柄と先物でヘッジする事が出来るようになりました。

【イメージ】
■マザーズ銘柄を買い(そーせい・ミクシィなどの個別銘柄)
■マザーズ先物を売り

マザーズ市場に詳しく将来有望な銘柄を見つける事が
得意な方はマザーズ銘柄に分散投資して
ヘッジ目的にマザーズ先物を売る事で
安定した運用が可能になります。

これがマーケットニュートラル戦略の考え方です。

市場全体の上下は分からずとも
全体の値動きよりもパフォーマンスの高い
銘柄を選定する事が出来れば投資で利益を出せるのです。

「株式」と「株価指数先物」のロングショートの
組み合わせはとても相性がいいです。

過去私は、確定申告の株式の損益通算を意識して
先物よりもETFでの空売りしていましたが
最近、指数の空売りは先物を売るようになりました。

いろんな組み合わせを試し安定した投資を目指しましょう。

ちょっとずつ内容が複雑で難しくなってきましが
何となくでもロングショートについて分かりましたでしょうか?

明日は、最終日にマーケットニュートラル戦略について解説します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日から新企画でサヤトレ会員先行して
ユーザーが運営している投資情報サイトの
募集をスタートしております。

投資情報サイト運営者(SNS・ブログを含む)を
弊社にご報告いただき、その投資情報サイトを
弊社でまとめて紹介させていただくという企画です。

せっかくサイトやブログを運営しているのであれば
弊社でサイトをまとめてメルマガやサイト上にて
公式にご紹介させていただければと考えました。
(運営者の名前は公開しません。URLのサイト情報のみです。)

継続して長く情報の配信や運営を行っている
素晴らしいサイトは積極的に紹介させていただきます。

読者様にもご協力お願いします。

スタートまで少々お待ちくださいませ。

投資で損しているあなた!株価が下がっても儲かる投資法ご存じですか?

当メディア「サヤトレ通信」では、投資初心者の方にも分かりやすくサヤ取り投資や金融経済などお金に関する情報を発信しています。

元・証券会社 → 現・IT企業経営&投資家が運営しているメディアです。

投資で損をしている方は、株価が下がっても儲かる投資法「サヤ取り投資」をお試しください。

まずは、こちらのサヤ取り投資入門レポートをご覧ください!

【初心者向け】サヤ取り投資入門レポート!サヤ取りの説明から取引実践まで

関連記事

  1. コロナショックでNT倍率が大幅下落している理由

  2. サヤトレユーザーのサヤ取り投資成績

  3. サヤ取り投資が普及しない3つの理由

  4. サヤトレに暗号資産を追加の裏側

  5. ロングショート自動売買の実践について

  6. サヤ取り特集1「サヤ取りの定義」

  7. 証券口座とCFD口座のおすすめの使い分け

  8. 好決算で株が下がる理由

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
PAGE TOP