転換社債アービトラージの質問回答

株式会社サヤトレの増田圭祐です。

昨日の転換社債アービトラージの記事は
かなり好評でした!

【参考記事】

イベントドリブン戦略で運用している
ファンドの社長からも分かりやすいと
お褒めの言葉をいただきました。

難しい話を出来るだけ簡単に説明しましたが
この魅力が伝わるか不安でしたが、
分かる方には目からウロコのようです。

多くの方からご質問をいただいたので
本日、まとめて回答させていただきます。

■質問
シャープの株式を空売りするタイミングと
転換社債を買うタイミングは同じですか?

>>回答
同じです。

■質問
信用売りの期日は6か月ですが
1年間どうやって保有するのですか?

>>回答
6ヶ月後にまた同じ額の空売りを行います。
6ヶ月後に空売り規制
(シャープの新規空売り禁止)
などが入る可能性のリスクもあります。

そうなった際には、損益相殺パターンとして決済するなど
臨機応変に考えて対応する必要があります。

もしくはCFD口座を使って空売りする事も一つの手です。

■質問
 転換社債は63円で、これは何株単位で買えるのでしょうか?

>>回答
転換社債は株ではなく株価に連動した債券とお考えください。
額面100万円単位なので昨日ですと最低63万円から購入できます。
額面200万円の場合は126万円必要です。

■質問
両建てする際のポジション比率を教えてください。

>>回答
株数の例は、あえて出しませんでした。

空売りをかける株数は、今後のシャープの
株価の値動きの考え方でヘッジする株数が
変わってくるからです。

しかし一般的なイメージとしては、
同金額の両建てで問題ないと思います。

株式(空売り)200円×3000株=600,000万円

転換社債(買い)63円×100万額面=630,000円

上記のようなポジションで同じ金額で行うのが良いと感じます。

実際に私も上記の比率を使って保有しております。

上記のポジションの場合シャープの株が
大きく上がる事が一番のリスクとなります。

質問の回答は以上です。

最後に本日の終値で損益を確認してみましょう。

シャープ株価 212円の10円高ですので
空売りの場合3000株の投資では3万円の損失です。

一方シャープの転換社債の値段

65円の2円高なので
100万額面の場合2万円の利益です。

足し引きマイナス1万円となっておりますが
一定のヘッジは、出来ております。

この手法の一番のリスクは、この1年の間に
シャープの株価が上場を続けることです。

多くの方が疑問に思っている可能性があると
思い、今回、全体に向けて回答しました。

参考になれば幸いです。


メールアドレス

関連記事

  1. 投資結果を振り返る重要性

  2. パナマ文書の分かりやすい解説と問題点

  3. カンブリア宮殿の株価は上がる フライデーサヤ取りの手法

  4. サヤ取り投資初心者が陥りやすいミス

  5. 業種別株価指数を使った投資戦略

  6. 相場予想をはずすアナリストは無能か?

  7. 証券会社の暗黙のルールとは?

  8. トルコリラ長期保有のポイント

  9. 官民ファンドが失敗する理由

人気記事

おすすめ記事

増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP