ディーエヌエーを空売りして大損

株式会社サヤトレの増田です。

キャンペーン企画で公開検証している
ロングショートシステムトレードが
本日、大きく動きました。

大事故を起こしています。

ロングショート戦略を実践する方にとって
とても良い(悪いお手本)事例になっています。

週末に配信した会員限定の
サヤトレLSレポートの内容も交えて
状況について説明するのでご確認ください。

まずは、昨日10月23日までの
投資成績をご確認ください。

■10月23日終値の投資成績
https://i1.wp.com/sayatrade.co.jp/img/mag/201710241.png

■評価利益:6ペア(保有中)
■評価損失:2ペア(保有中)
■利益確定:0ペア
■損切決済:4ペア

■合計損益率:+10.80%

上記の通り、損切りしている銘柄もありますが
評価益を加えたトータルは+10.80%と勝ち越しています。

しかし本日の大事故によってトータルの損益は
一気に大きくマイナスに転じてしまいました。

その要因は・・・

空売りを仕掛けている(2432)ディー・エヌ・エーが
本日、好材料ニュースで大きく上昇してしまったからです。

本日(2432)ディー・エヌ・エーは
前日比+7.78 %の大幅高となっています。

空売り銘柄なので上昇した分が損失です。

本日終値の最新株価で確認したのが下記の成績です。

■10月23日終値の投資成績
https://i0.wp.com/sayatrade.co.jp/img/mag/201710242.png

合計損益率は+10.80%から
-22.49%に一気に落ち込みました。

本日、ディー・エヌ・エーの株価が
大きく上昇した理由は、任天堂と協業して
スマホアプリをリリースするニュースです。

本日の個別銘柄のニュースは事故的な要因です。

誰も事前にこの情報を知る事は出来ません。

しかし今回の逆転負けは実際の投資であれば
十分に回避することが出来た事例だと私は考えています。

その理由は今回のポートフォリオには
とても大きな欠点があったからです。

そいは「投資銘柄を分散していない」ことです。

過去のLSレポートにも記載しておりますが
先週にサヤトレLS会員様に配信した
最新版のLSレポートが分かりやすいです。

内容を一部抜粋しますのでご確認ください。

■サヤトレLSレポート10月号6ページ目
https://i1.wp.com/sayatrade.co.jp/img/mag/201710243.png

重要な部分は下記の箇所です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
12ペアに分散投資をしていても同じ銘柄が入っていると結局のところ
「ディーエヌエー」と「アステラス」の値動き次第で勝ち負けが決定します。

検証は、個人投資家の裁量判断を一切挟まない100%システムトレードなので
1ページ目の12ペアにそのまま投資しておりますが実際にユーザーが取引きする際には、
同一銘柄が被る事ないように取引する事をお勧めします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回の事例は、まさに上記の通りになってしまいました。

ロングショート戦略を実践している方は、
今回のケースのように投資する銘柄が
固まらないようにご注意くださいませ。

複数ペアを仕掛ける場合には、分散を意識してください。

今後、運営としては同一銘柄を除外するような
検索条件を新しく追加出来ればと考えています。

会員限定のサヤトレLSレポートは・・・
「サヤトレLSをどう投資に活用していいのか分からない?」

上記のようなお客様を解決するために
投資戦略の検証と解説を行うレポートです。

今月儲かるお勧め銘柄が記載していたり
投資を推奨・助言するレポートではありません。

お間違えないようにご注意ください。

11月はまた新しい切り口で
ロングショート戦略の手法を
検証して会員様限定にお伝えします。

ロングショート戦略を実践する投資戦略の
考え方の一つとしてお役立てください。

【参考記事】


メールアドレス

関連記事

  1. 金持ち父さん貧乏父さんが電子化されていない経済損失

  2. 大手企業に入社するべき理由

  3. フラッシュクラッシュとは

  4. VIX指数(恐怖指数)を使ったサヤ取り

  5. 同業種ロングショート戦略

  6. サヤ取り投資が普及しない3つの理由

  7. 株主優待を購入する際の注意点

  8. ビットコインの税金について

  9. 決算発表前の銘柄への投資

人気記事

おすすめ記事

増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP