ストレス・悩み・闇を抱えている人への具体的アドバイス

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「メンタルケア」をテーマにお届けします。

有料メルマガ「サヤトレ通信プレミアム」で書いた事があるのですが、過去私は、死のうと思っていた時期があります。

なので自ら命を絶つ人の気持ちが分かります。

最近では、心を病む人への理解が進み、精神医学の研究も科学的に進んでいますが、周りから見れば、明るく振舞っていても心に奥には、闇を抱えている方も多いです。

ストレスの多い現代社会で自分と家族のメンタルケアの知識は、とても大切で知っておくべき知識です。

本日は、私個人が習慣的に行っているメンタルケアの方法を具体的に3つお伝えします。

心が疲れている方は、本日からすぐに出来ます。

実行に移して欲しいと思います。

メンタルケアの具体例の1つ目は、今すぐ出来て効果の高い方法です。

ネガティブな情報が入ってこないように情報のルートを遮断しましょう。

私は、SNSで情報収集をしていますが誰かの悪口や炎上、失敗、不倫、などネガティブな情報を発信する人をミュートにします。

他者に興味が無いというのもありますが一番大きな理由は、ネガティブな情報が自分に入ってしまうと自分の心がすり減りダメージを負う事を心理学的に理解しているからです。

私自身もITを使い起業や情報発信をしているのでネット上には、心無い攻撃をしてくるヤバい人がいる事を知っています。

ネガティブな情報が入ってくると気にしないようにしても、その情報に対して怒りや不安などが必ず発生してしまうものです。

入ってくる情報で出来るだけネガティブな情報遮断する意識を持つ事をおススメします。

2つ目は、瞑想・サウナです。

これの効果は、抜群です。

サウナで「整う」という状況をご存じでしょうか?

「整う」とは、サウナに入って熱された体が水風呂に入って急激に冷える際に脳内から何かしらの物質が出て、気持ち良くなる事です。

激熱の体が急速に冷やされる際に脳内で何の物質が出ているのか?

医学的な詳しい話は、分かりませんがこれは実際に経験した方は、抜け出せません。

■熱い体が冷やされるタイミング

■冷やされた体が常温に戻るタイミング

この2つの時に脳内から謎の物質が出て身体の自立神経のバランスが整って体がリラックス、気持ち良くなるのです。

夜は、良く眠れます。

サウナでの整い方は、コツを知らないとかなり難易度が高いです。

サウナの熱いのが気持ち良いのではなく(むしろ苦痛)水風呂で熱い体が冷える時と、その後の休憩が気持ち良いのです。

整った経験が無い方は、下記の動画が整う手順を面白く解説しているので参考にしてサウナに行ってみてください。

■サウナの魅力をプレゼン
https://youtu.be/2x3j_7il91o

動画内でも「合法」と表現していますが水風呂(サウナ)が法律で禁止されても「そりゃそうだよね。」と思えるくらい合法で気持ちよくなれるリラックス法です。

サウナや瞑想などで個人が心を落ち着かせる習慣を身に着ける事は、ストレス社会で大切です。

定期的に回復する仕組みを作りましょう。

そして最後が「悩みを誰かに話す」です。

私は、自分に関係する失敗ややらかしをよく人に話します。

世間一般では、恥ずかしくて言えない隠すような事であっても信頼出来る人には、積極的に話して相談してアドバイスをもらいます。

一人でストレスを溜め込まずに他者に話す事は、とても重要です。

私が誰かに相談する内容がネガティブな情報の場合、そうならないような対策を交えて相手に伝えます。

自分がネガティブな話をする際、相手側は、マイナスの情報を聞く事になるからです。

そして私が人に話して助けてもらう代わりに私に話を聞いて欲しい人がいた場合、私は、積極的に聞くようにしています。

1つ目の話とつながりますがネットからネガティブな情報は、自分がダメージを負うので受け付けません。

しかし対面や知り合いは、異なります。

相手を助けたいので、全力で聞きます。

逆に私も聞いてもらうのでお互い様です。

自分の悩みや心の疲れを相談出来る相手がいる事は、メンタルケアでとても重要です。

相手がいない場合には、専門の病院に行って話を聞いてもらってください。

一人で溜め込むのが一番よくありません。

以上がメンタルケアで私が日々行っている具体策です。

ストレスの多い社会であなたと家族のメンタルを守るため何かしらヒントになれば幸いです。

【メンタルケアの3つの具体例】

■ネガティブな情報を遮断する

■瞑想・水風呂(サウナ)で脳内物質を出す

■心の疲れを誰かに話す


メールアドレス

関連記事

  1. やりたい事・やりたくない事・出来る事の明確化

  2. ピケティ「働くよりも投資のほうが儲かる」

  3. 大人が勉強する目的は何?

  4. 娯楽・遊興費に使うお金の考え方

  5. ウイルス感染リスクがある職場で働けますか?

  6. 休日と平日オンとオフの境目を線引しない

  7. 子供の金融教育でお金持ちにも貧乏にもなる

  8. 証券営業時代の研修資料を大公開

  9. 長期資産運用は、若い世代ほど有利

サヤトレ会員のサヤ取りブログ

人気記事

おすすめ記事

代表・増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP