投資家がモテない理由

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「投資家がモテない理由」をテーマにお届けします。

大手企業年収500万円の会社員と
運用資産1億円の投資家の2人がいたとします。

世間一般的にどちらがモテると思いますか?

答えは簡単ですが、年収500万円の会社員です。

残念ですが日本で投資をしているという事は
ギャンブル扱いされる事も多いのが実情です。

億単位のお金を動かしている
専業投資家であったとしても
世間的に見れば無職と同じ扱いです。

職業「投資家」はお金を持っていますが
投資家の社会的信用や地位は非常に低いのです。

投資家がモテない一番の理由は・・・
社会的ステータスの低さ(無職・ギャンブラー扱い)です。

モテない投資家の一方で
私の周りでモテている友人の
共通点は下記の3つがあります。

■顔がカッコいい

■大企業に勤めている

■面白い(コミュ力が高い)

【参考記事】

お金を持っておらずモテない人は
お金があれば自分もモテると
思っている方も多いかもしれません。

しかしいくらお金があったとしても
投資家(無職)だとモテるのは難しいです。

■モテたい

■お金持ちになろう

■投資に手を出す

上記の思考から投資をスタートしても
まずモテる事は無いのでご注意ください。

人からモテたければ結局・・・
「個人」の魅力が高める事が重要だと思います。

【参考記事】

私は、過去に大企業ブランドの恩恵を
受けた経験ありますが「モテ」よりも
「お金」「時間」「自由」を選びました。

とは言え日本で投資家の社会的ステータスは
非常に低いですが、ここ数年の投資ブームで
底値を付けて上昇しつつあるように感じます。

先日、スタッフも話していましたが世の中で
投資している女性の数は明らかに増えています。

若い女性がスマホで気軽に株を買う
時代に突入しているのです。

そう考えると10年後には投資家の
社会的地位が向上してモテる時代が
いずれは、来るかもしれません。

投資家のイメージアップや
社会的地位の向上を願いします。

【本日のマネー実践タスク】
「モテる」VS「お金」

どちらを優先して取るか決めておきましょう。


メールアドレス

関連記事

  1. ビットコインの税金について

  2. 確定申告と経費について

  3. 東京エレクトロンのボーナスは215万円

  4. IT社長がモテる3つの理由

  5. BIGで10億円当たった時の使い方

  6. パナソニックは、超ホワイト企業

  7. 金持ち父さん貧乏父さんが電子化されていない経済損失

  8. 投資の正しい損益計算について

  9. 寝ている人を起こしてはいけない理由

人気記事

おすすめ記事

増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP