好きで楽しい事を仕事にするコツ

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「楽しい事を仕事にするコツ」をテーマにお届けします。

昨日のメルマガの続きです。

好きで楽しい事を仕事にしてお金を稼げるようになると人生が良くなり充実するという内容です。

まぁ当たり前ですよね。

しかし世の中の多くの人が出来ていません。

働く事は、辛い事で我慢する事と思い込んでいる人も多いでしょう。

本日は、現実的な話とそれを実現するコツをお届けします。

好きな事や、やりたい事を仕事にしようとすれば実際には、現実的な問題や正論にぶつかります。

「みんながみんな好きな事を仕事には、出来ない」

「給料やお金の問題があって、今の仕事を辞められない」

「やりたくない事をやってくれる人がいるから世の中回っている」

上記の意見に関して、完全に同意します。

否定する気は、全くありません。

その通りです。

なので昨日言ったように・・・

■好きで楽しい事を仕事にするか?(給料は低いかもしれない)

■我慢してやりたくない仕事をするか?(給料は高いかもしれない)

上記のような選択があった場合に自分で選択する権利があるのです。

職業選択の自由です。

自分で選びましょう!

本日は、好きで楽しい事を仕事にしてお金を稼ぐコツを1点に絞りお届けします。

その分野での「実力」をつける事です!

昨日のテニスコーチの例で解説します。

どれだけテニスが大好きだったとしてももし本人にテニスの実力が無かった場合テニスコーチになる事は出来ません。

職業には、数に限りがあります。

実力が無いとなる事が出来ないのです。

だってそんな人には、ニーズが無いのだから!

人気の職業で言えば・・・

■プロスポーツ選手になりたいのであれば、実力が必要です。

■お笑い芸人やタレントになりたいのであれば、実力が必要です。

■弁護士になりたければ、司法試験に受かる実力が必要です。

■ITエンジニアになりたければ、プログラミングの実力が必要です。

実力が無い人には、その分野の職業には就けない。

厳しいですが、職業には、数に限りがあるので頑張っている人が評価される公平なルールです。

好きな仕事に就いてお金を貰い人生を豊かにしたいのであれば、その仕事分野において実力を付けましょう。

人生ゲームをやった事ある方多いと思いますがパラメーターが足りていないと職業選択が出来ません。

これは、現実の人生でも同じなのです。

まとめると・・・

好きで楽しい事を仕事にするためには、実力が必要!

そうでない場合には、選択肢が狭まって職業選択の幅を我慢しなければならない。

全員が勝つ事は出来ない競争のルール。

自分がやりたい仕事を目指して実力をつけるために努力するか?

我慢して嫌な仕事をするか?

選択決定するのは、本人次第です。

私は、現状ITと金融の分野で起業家としての仕事を継続したい思いです。

そのためには、その分野での実力が必要です。

お客が喜ぶサービスを提供する必要があります。

私の実力不足で稼げなくなったら生活のためにやりたくない仕事も我慢してやるでしょう。

そうならない為にも実力を高めるためにレベルアップに勤しんでいます。

現状、好きな事を仕事に出来ています。

自分が好きな事なので、頑張れるし苦ではありません。

皆様も自分が好きな事を仕事にするため、その分野での実力を高める事を意識すると良いでしょう。

以上、好きな事を仕事にしてお金を稼ぐコツをお届けしました。

関連記事

  1. 長期資産運用は、若い世代ほど有利

  2. 中立的なお金の情報の重要性

  3. マザーズとジャスダックの違い

  4. MMT(現代貨幣理論)の解説(ウォーレン・モズラーの名刺)

  5. 損得勘定で考える人助け

  6. 湿疹を全力で掻き毟り続けた結果・・・知識が無いと損をする

  7. 外出自粛で鬱にならないコツ

  8. 個人投資家コミュニティーの目的

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
 
PAGE TOP