NT倍率を使ったサヤ取り投資について

株式会社サヤトレの増田圭祐です。

「NT倍率」という指標があります。

N=日経平均
T=TOPIX

この2つのインデックスにおいて
日経平均株価をTOPIXで割って
計算したのが「NT倍率」です。

『日経平均株価÷TOPIX=NT倍率』

つまりNT倍率は、日経平均とTOPIXのサヤです。

■NT倍率の推移チャート
https://investars.jp/multichart.php?q=1321:1306&term=1

私的には、さほど注目しておりませんが
同じ日本株式の代表する平均値の2つですので
全国の多くのサヤ取り投資家は、NT倍率に注目しております。

直近の株式相場では、TOPIXよりも
日経平均株価の方が大きく上昇する傾向があり
NT倍率は大きく上振れていました。

平均回帰への収斂を狙ったサヤ取り投資家も多いと思います。

テレビのニュースでもNT倍率というワードが
よく出てきたいたので、それをきっかけに
サヤ取りを知った方もいるかもしれません。

NT倍率は、行き過ぎたタイミングから
平均方向に戻ってくる回帰狙いに使われる事が多いのですが
今年に入ってから厳しい局面を乗り越えて実際に戻ってきております。

実践していた方は、年末にかけて厳しかったと思いますが
ここで回数に分けてナンピン出来る資産配分で
投資している上級者は「計画通り」と笑っているでしょう。

私は、あまりナンピンはせずに
一定の損切り水準で早期決済するタイプです。

しかしそれは
「資金力」「選定ペア」「リスク許容度」
など投資家によって戦略は変わってきます。

何が正しいか間違いかというのは分かりません。

大切な事は、確固たる信念を持ちながら
自身の投資戦略を最後まで貫き通す事と思います。

もう少しすると今年からスタートした
JPX日経400に連動するETFが上場してくるはずです。

今後は
■日経平均
■TOPIX
■JPX日経400

上記3つを絡めてサヤ取り投資が出来ると思います。

私は、JPX日経400には期待しているので
弱い指標を売り続けながらJPX日経400を買い保有して
かい離方向に仕掛ける戦略など良いのではないかと考えております。

【参考記事】

JPX日経400連動ETFが上場すればサヤトレの採用銘柄として
取り入れる予定です。


メールアドレス

関連記事

  1. 空売りする企業の探し方

  2. 両建て売買の基本は投資金額を同じにすること

  3. 円安で得する人と損する人

  4. サヤ取りツール比較検証(会員様ブログより)

  5. マザーズとジャスダックの違い

  6. 株価データ管理が困難な理由(運営の裏側)

  7. 官民ファンドが失敗する理由

  8. 相場予想をはずすアナリストは無能か?

  9. FX戦士くるみちゃん(投資の恐怖が味わえるマンガ)

人気記事

おすすめ記事

増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP