PayPal(ペイパル)にビットコインを預けてはいけない理由

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「暗号資産」をテーマにお届けします。

本日、暗号資産を代表するビットコインの価格が約10%と大きく上昇しています。

個人投資家オンラインコミュニティー「CRANEs」のメンバーの方も儲かっているみたいです。

■個人投資家オンラインコミュニティー「CRANEs」への招待(無料)
http://sayatrade.co.jp/slack.html

本日アメリカのペイパルが暗号資産に参入するニュースを好感して、ビットコインが大きく上昇しました。

先月のメルマガで予想した通りアメリカの動きの早い企業が今後も暗号資産市場に参入してくるでしょう。

【参考記事】

ペイパルを使っているユーザーは、世界中に数億人います。

沢山の一般層を連れてくるのではないでしょうか?

本日は、ペイパルに恨みがある私は、絶対にペイパルに暗号資産を預けません。

過去にペイパルを使って課金決済をしておりましたがトラブルで揉めて大きな損失を受けた経緯があります。

ペイパル社の対応はひどく最悪でした。

ペイパルの口座に暗号資産を預けてはいけない理由は・・・

民間のペイパル社にあなたの暗号資産の生殺与奪の権利を渡す事になるからです。

暗号資産は「秘密鍵」という英数字の羅列のようなパスワードで管理されています。

そのパスワードと口座(ウォレット)は、紐づいていてパスワードがあれば、その中にある暗号資産を自由に動かし事が出来るからです。

ペイパル口座(ウォレット)にお金をいれて支払いが出来るのは、便利な事です。

しかしペイパル社に入れている暗号資産がコインチェック事件のようにクラッキングされて盗まれてしまったり、ペイパル社員の犯罪によって横領。

ペイパル社のミスで秘密鍵を失ったり、倒産する。

などなど、暗号資産の価値は上がってもペイパル社のやらかしやミス一つで資産を失ってしまうリスクがあるからです。

過去私は、クリプトピアという取引所に暗号資産を〇〇〇万円保管していました。

2019年にクリプトピアは、クラッキングされてコインは、盗まれてしまい破産しました。

クリプトピアに預けていた私の暗号資産数百万円は、無くなってしまったのです。

最悪ですが、どうしようもありません。

メルマガのネタにするしかないです。

他社に預けて大金を失った私が断言します。

あなたの暗号資産(秘密鍵)を他社(他者)に預けるな!

暗号資産の秘密鍵は、自分で保管して管理しましょう。

自分で保管しておけば、取引所や国や政府やクラッカー(犯罪者)が奪おうとしてきても不可能です。

暗号資産の秘密鍵(英数字)は、自分で管理してください。

暗号資産に投資する投資家としては、ペイパルのような世界企業の銀行が参入してくれるのは、ありがたい事です。

暗号資産の認知度や安全性や需要が高くなれば、自然と価格は、上昇していくので保有者は儲かります。

引き続きビットコイン含め、暗号資産は、魅力的な投資対象です。

■bitFlyer(ビットフライヤー)
http://sayatrade.co.jp/ad/bitflyer

■Coincheck(コインチェック)
http://sayatrade.co.jp/ad/coincheck

■BINANCE(バイナンス・世界最大規模の取引所)
http://sayatrade.co.jp/ad/binance

関連記事

  1. 投資下手向けの投資戦略は、サヤ取り

  2. 株取引時間が午後3時半まで延長

  3. 株式投資は、オンラインゲーム

  4. 投資初心者の最適投資金額とは?

  5. 予想的中と投資結果の差

  6. 投資マネーが仮想通貨(暗号通貨)に流れる とどうなるか?

  7. 投資テーマ(ゲノム編集)の勉強

  8. 投資のタネ銭の作り方

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
 
PAGE TOP