サヤ取り投資でいくら儲かる?

株式会社サヤトレの増田です。

本日は、直近の読者様からいただいたご質問にお答えします。

「サヤ取り投資を行って、1年間でどれくらい儲かりますか?」

サヤ取り投資のリターンについて書かせていただきます。

私が考えるサヤ取り投資で期待出来る利益率としては
年間20%前後と考えております。

年利20%というのは、元本に100万円あった場合に
1年後に20万円増えて120万円になっているという意味です。

  • 元本100万円であれば1年後に120万円
  • 元本500万円であれば1年後に600万円
  • 元本1000万円であれば1年後に1200万円

投資において年利20%が高いか安いかは
投資家の戦略や考え方によって感じ方は違うでしょう。

想定リターンを間違ってサヤ取り投資を
実践しないように注意喚起させていただきますが
サヤ取り投資で短期的に大儲けする事は不可能です!

サヤ取りは年利20%~30%取れれば十分に成功の投資手法です。

そしてサヤ取り投資でリターンを
出すにあたってレバレッジは重要な要素です。

サヤ取り投資を行う場合は、
必ず信用口座を保有しているかと思います。

よって最大で運用資金の3倍まで
レバレッジをかけて投資する事が可能です。

よく投資の教科書には、レバレッジを
かけ過ぎてはいけないと書かれています。

実際に片張り投資のスイング保有で
レバレッジを最大にかければリスクは大きいでしょう。

しかしサヤ取り投資は両建て売買なので
レバレッジをかけて運用する事をお勧めします。

仮に運用資金が100万円の方が
サヤ取り投資でもしレバレッジをかけずに
両建てさせた場合は、次のようになります。

  • 買い銘柄50万円
  • 売り銘柄50万円

上記の投資で合計100万円です。

仮に上記のようにレバレッジをかけず
値動きが似た銘柄を保有した場合・・・

合計した損益推移は、非常に小さくほとんど動きません。

買いと売りを両建てしているので1週間保有しても
±ほぼゼロで何も投資していないのと変わらないくらい
価格変動が相殺されてヘッジされている可能性もあります。

投資の成績が落ち着いているのは良いことなのですが
あまりにも変動がなさ過ぎてもリターンにならず
時間だけ経過して余分にコストが増すだけです。

よって運用資金が100万円の場合には
レバレッジをかけて上記のように50万円の
サヤ取りペアを複数保有する事をお勧めします。

通常の証券口座であれば
100万円の投資資金があれば
50万円のペアが2つは作れます。

IG証券のようなCFDであればレバレッジが
5倍効きますのでもっと多く投資が可能です。

■サヤ取り投資おススメCFD口座
⇒ http://investars.jp/about/igmarkets.html

私は、通常は証券口座で投資しておりますが
投資銘柄によってはCFDと使い分けてもいいでしょう。

運用資金が500万円以下の場合は
CFD口座を持っておかないと
サヤ取り出来ないペアも多いと思います。

現在も毎日、買いと売りの銘柄を
常に同時保有して投資しております。

TOPIX1000銘柄を対象に両建て保有していれば
レバレッジ3倍でも安定して継続可能です。

運用資金が少ない場合はレバレッジ3倍と
高めないと両建て出来ないですが
1000万以上運用資金がある場合は
リスク許容度に合わせて抑えてください。

投資のリスクとリターンは同じです。

投資家のリスク許容度によっても違います。

私は、証券の信用口座でMAX3倍まで使う事もよくあります。

その分リスクも高くなるので推奨している訳ではありませんが
両建て売買の場合は、レバレッジ3倍でもそれほど大きく変動しません。

現在は、FX、先物、オプションのように
ハイレバレッジで短期的に収益を
上げることが可能な手段は多くあります。

しかしサヤ取り投資は決してそのような投資戦略ではありません。

年間20%取れれば十分な投資とお考えください。

大きなリターンは狙えない代わりとして
リーマンショックのような天変地異が起こった場合に
大きな損失を負う事もありません。

いつ起こるか分からない相場の暴落に対して
保険をかけ続けるのはバカらしくなるかもしれません。

しかし相場変動のストレスなく長期的にコツコツと
安定して投資の利益を積みたい方にはサヤ取り投資は
大変お勧めの投資手法だと言えます。


メールアドレス

関連記事

  1. キーエンスは何の会社?

  2. ペットボトルの蓋が勝手に動く現象

  3. アウトパフォームとアンダーパフォーム

  4. 日銀がマイナス金利で個人投資家が取るべき行動とは?

  5. FXロングショート(サヤトレLS)のお勧め組み合わせ

  6. サヤ取り投資もリスクはある

  7. 安定的に儲かったロングショートの組み合わせ

  8. 隠れたニッチな優良企業(GNT企業)

  9. テレビCMを投資に活かす3つのポイント

人気記事

おすすめ記事

増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP