大手企業に入社するべき理由

株式会社サヤトレの増田です。

本日から3月がスタート!

本日から大手企業の採用活動が解禁されて
どこの企業も優秀な学生を獲得するために
広報活動にお金をかけて力を入れております。

現在、日本経済の景気は良いため
学生の就職活動は、有利みたいです。

いわゆる売り手市場というやつです。

サヤトレのメルマガ読者の平均年齢は高く
50歳以上の男性を想定してお届けしております。

現在、お子様が就職活動をしている方も
多いのではないではないかと想定して
本日は、私の考える就職するべき会社をお届けします。

まず、ほとんどの学生に該当すると思いますが
やりたい事や就職したい業種が決まっていない学生

私は、将来の目標が明確に定まっていない学生が
就職で目指すべき会社は「大手企業」だと考えています。

今の時代一つの会社に一生勤める方が非常に珍しく
就職した会社を辞める事が普通と言える時代です。

なんだかんだ「大手企業」のブランドは強く
大手企業から中小企業に転職する事は出来ても
中小企業から大手企業に転職する事は難しいです。

大手企業に勤める能力80の方と
中小企業に勤める能力80の方では
大手企業の社員の方が評価は高くなりがちです。

■やりたい事がない

■やりたい事があってもまだ出来ない。

■どこの会社が良いか分からない。

上記のような学生は、業種を問わず
大手企業に就職する事をお勧めします。

大手企業に就職してから起業したくなれば
私のように会社を辞めたらいいのでしょう。

転職したくなれば大手からは転職も有利です。

大手企業に入ったからと言って
将来安泰と述べたい訳ではありません。

しかし中小零細ベンチャー企業よりも
大手企業は、人生のリスクは低いのが事実です。

中小零細ベンチャー企業の人事部は
「大手企業よりも成長出来る。」など
都合の良いこと述べますが騙されてはいけません。

ベンチャー企業は、優秀な学生が欲しいだけなのです。

中小零細ベンチャー企業には、後からでも入れます。

しかし大手企業では新卒のタイミングを逃すと
入社や出世は、難しくなる会社が多いです。

特にやりたい事がない学生は出来るだけ
誰もが知っている大手企業に就職する事が
人生最大のリスクヘッジだと私は考えています。

「新卒」という人生で1度しか使えない
ウルトラレアカードを使うタイミングは
本当によく考えた方が良いでしょう。

どうせやりたい事も目標のない訳ですから
リスクが高いより低い方がよいという理論です。

そしてもう一方のやりたい事や就職したい業種や
企業が明確になっている学生に関しては
大手も中小零細ベンチャー企業も関係ありません。

会社規模や安定(給料)ではなく・・・
「自分のやりたい事を最重要に考える」べきだと思います。

一つ注意点としては、本当に自分のやりたい事が
本当にその業種であっているのかという業界研究です。

例えば金融に興味があり銀行に就職したい学生は
銀行員が実際にどんな仕事をしているのかの事実を
しっかりと業界研究した方がいいでしょう。

映画やドラマなどで観る銀行員の仕事と
実際の銀行員の仕事内容が同じとは限りません。

理想と現実は違います。

就職してから思っていた業界とはかけ離れていた。

就職先が大手企業ではないので転職も難しい。

上記のような流れになってしまうと
人生で遠回りすることになってしまいます。

業界の現実の裏側まで調べる努力をしてから
その業界に飛び込む事をお勧めします。

そして最後になりますが大手中小零細
全ての会社に言える事ではありますが・・・

「儲かっていない会社」よりも
「儲かっている会社」に就職した方がいいです。

上場企業であれば決算が発表されているので
儲かっている会社を簡単に探すことが出来ます。

読者様の就職活動しているお子様に対して
「やりたい事がないなら儲かっている大手企業を目指せ!」

上記のように伝えて大学生に真意が伝わるとは
思えませんが私の考えをお伝えさせていただきました。

お子様の性格に合わせて上手く
アドバイスしてみてはどうでしょうか?

何かしらのご参考になれば幸いです。

【参考記事】

【あとがき】
毎年、学生に人気の就職業種ランキングがありますが
その人気業種は数年後には失墜している事が有名です。

この人気業種が失墜してランキングが変動する
サイクルは理にかなっていると思います。

メディアのランキングを見て楽して給料が欲しい
やる気の無い大学生が沢山入社してくる結果として
会社がダメになって会社の売上げが落ちる仕組みです。

数年前の大学生の就職先人気業種と株価の関係を
分析すると面白い投資法になるかもしれません。


メールアドレス

関連記事

  1. 頑張っている人に会う重要性

  2. 池袋ラーメン無敵屋が常に行列している理由

  3. 私が証券会社を辞めたいと思った理由

  4. 寝ている人を起こしてはいけない理由

  5. 証券営業時代の研修資料を大公開

  6. 興味の無い情報を遮断するリスク

  7. 元証券マンが考える年代別の理想貯蓄額(小金持ち)

  8. パナソニックは、超ホワイト企業

  9. 証券会社社員の年収を大公開!

人気記事

おすすめ記事

増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP