楽天銀行の金利55.5%は嘘!?

株式会社サヤトレの増田です。

金利の話が連続しますが
本日、楽天銀行から5周年記念として
「金利55.5%」の商品の案内が届きました。

楽天銀行から届いた金利55.5%の商品はこちらです。

■外貨定期預金
http://www.rakuten-bank.co.jp/assets/forexdep/term/
(注意 推奨していいません)

南アランドの外貨預金です。

主なリスクは為替が円高に推移した場合に
円に転換したら損する「為替変動リスク」です。

5周年記念にちなんで金利55.5%と大きく書かれています!

しかし注意点としては
この金利55.5%は、年利ではありません!

金利系商品でよく使われる罠が仕掛けられています。

一昨日のメルマガにてちょうど書いていますが
金利と言えば一般的に1年間と定義するのが一般的です。

【参考記事】

しかし100万円投資しても1年後には
155万5000円になって返ってきません。

なぜならば今回のケースは、金利55.5%がつくのは
外貨預金をした最初の1週間(7日)だけだからです。

8日目には利率が下がります。

その後も長く保有し続けるほど
ドンドン金利が下がっていく設計です。

金融機関の広告表記は、厳しい基準で審査されていますが
金利系の商品に関してはこの誤解を招く表記はOKみたいですね。

大きな文字で金利55.5%と明記してキャッチコピーにして
小さい文字で1週間だけと明記する戦略はどこでも使われています

そしてこれが証券会社の場合
販売ノルマがある営業マンは
「金利55.5%ですよ!マジやばいっすよ!」

みたいな雰囲気の営業トークで
一生懸命販売を頑張っているのです。

今回の外貨預金のケースにおいては
預け入れ期間によって金利が変動するので
面倒過ぎて計算してませんが大切なのは1つだけです。

「1年で実際にいくらの利回りになるのか?」

7日間だけ金利55.5%とか
8日目~14日目まで20%とか

はっきり言ってどうでもいいのです。

「1年間で100万円投資したら
いくらになって返ってくるのか?」

金利系金融商品の場合は、
上記のような考え方が大切です。

見た感じどこにも書いていません。

自分で計算するしかなさそうですね。

そして今回の外貨預金のケースは
円からランドへの預け入れに限定したキャンペーンです。

仮に最初の7日間は金利55.5%と
高金利ですがその後、金利は下がります。

平均して年利に換算した場合は、
ザックリ年利10%くらいでしょうか。(適当です)

もし年利に換算して10%だった場合は
ランド金利の条件としては非常に良いですが
円に転換する際の為替手数料が必ず発生します。

為替手数料も調べていませんが
もし仮に片道5%だった場合には・・・

100万円の円をランドに交換して
ランドを円に戻した場合には往復で10%かかります。

年利10%付いたとしても為替に交換する
手数料で帳消しになる可能性もあります。

ランドは特に為替手数料が高い傾向にあるのでご注意ください。

ちゃんと確認しないと1年間保有して
円転したらほとんど儲かっていない可能性もあります。

この場合、リスクだけとって金融機関に
手数料だけ支払っているイメージです。

どこかの証券会社は、この仕組みを利用して
南アランド外債の販売にとても力を入れていました。

しかも満期償還の際に南ランドで預ける事は出来ずに
強制的に円に転換されるという恐ろしさです。

このような商品を頭の良いお客に勧めると
信頼を失うリスクがあるのでお客様を選んでお勧めします。

楽天銀行の場合は、外貨での預け入れに
対応しているみたいですがランドの外貨から
預金すると金利が下がる仕組みになっています。

とてもよく出来ていますね!

銀行も証券もビジネスですので
ちゃんと利益を取らなければなりません。

手数料が発生するのは当たり前ですが
金融機関も個人投資家もどちらも儲かるような
金融商品がより多く増えればいいと思います。

企業努力で自社の利益を少なくして
投資家に還元を頑張るような商品や
金融機関も少数ながらたまに存在します。

投資案件の条件見た際に
その投資は条件が良いのか?悪いのか?

個人の能力で見抜く力を身につけていただき
運用方針にマッチした投資を行っていただきたく思います。

■追伸
今回の外貨預金について推奨も批判もしません。

最終的な投資の判断はご自身の判断でお願いします。


メールアドレス

関連記事

  1. サヤ取り相関係数の正しい計算式

  2. 証券会社のレーティングは無視しよう

  3. 投資結果を振り返る重要性

  4. 会社名「損保ジャパン日本興亜」から読み取れる裏の事情

  5. 投資は継続した練習が重要

  6. トルコリラ長期保有のポイント

  7. テレビCMを投資に活かす3つのポイント

  8. 2017年に伸びる業界とは?

  9. ニックリーソンという人物から学んだこと

人気記事

おすすめ記事

増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP