仮想通貨詐欺のHYIP(ハイプ)に騙されないために必要なこと

株式会社サヤトレの増田です。

昨日ワールドビジネスサテライトにて
仮想通貨詐欺の特集が放送されていました。

本日の日経新聞のニュースにもなっています。

■仮想通貨 トラブル急増 「必ず値上がり」高齢者勧誘
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG09H4A_S7A620C1CC0000/?dg=1

仮想通貨詐欺に騙された人が若ければ・・・
「この機会に将来に向けてお金の勉強しましょう。」

上記のようにアドバイスするでしょう。

私のように過去に投資で大失敗する事で
真剣に勉強するケースは結構多いと思います。

投資で少額を騙される経験は、
失敗を成功に活かせる方であれば
長期的にみると意外とありかもしれません。

投資で失敗するのであれば
なるべく早い方がいいのが私の持論です。

一番残念なのは、マジメに40年間働いた
会社員の方が定年退職金をこのような
詐欺に全額投資してしまうケースです。

高齢者が投資詐欺にあって騙されるケースは
本当に可愛そうで、何の言葉も出ません。

1日2%、年率730%など超高配当な投資商品の事を
High Yield Investment Programを略して
通称「HYIP=ハイプ」と呼びます。

仮想通貨の投資詐欺を紹介した人には
紹介料が入るマルチ商法になっているのです。

金融リテラシーの低い強欲な人が
金融リテラシーの低い強欲な人を
勧誘して感染していく恐ろしい仕組みです。

■参考動画(WBSの有料契約が必要です)
http://txbiz.tv-tokyo.co.jp/wbs/newsl/post_134522/

ポンジスキームなので破たんするまでに時差があります。

【参考記事】

繰り返しお伝えしておりますが
投資勧誘を受けた場合にはその会社が
金融庁のホームページに載っているか?

まずこれを一番にご確認ください。

サイトに乗っていなければ99%詐欺です。

少なくとも100%違法です。

また「必ず値上がり」「必ず儲かる」などの
単語が出た時点で同様に99%詐欺で100%違法です。

【参考記事】

投資詐欺で騙されたお金は返ってきません。

読者様ご自身と読者様の大切な
ご家族の金融資産を守るのは読者様の金融知識です。


メールアドレス

関連記事

  1. 楽天が証券アナリストの個人を批判する

  2. お金の相談が出来る職業の特徴(まとめ編)

  3. 銀行・証券は、店舗にお客が来るほど赤字になる

  4. 人手不足の本当の理由は、安い賃金で働いてくれる日本人不足

  5. 証券会社が月末に売る金融商品

  6. テレビ局が株主のメリットとは?

  7. 証券会社員は投資のプロではない

  8. トランプショックで損切りした人は愚か者?

  9. シャープ債券の利回りが上昇するとどうなるか?

サヤトレ会員のサヤ取りブログ

人気記事

おすすめ記事

代表・増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP