フィンテック証券会社の増加

【サヤトレ通信 第1710号】

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「証券会社」をテーマにお届けします。

読者様がご存じの証券会社は
だいたい何社くらいありますか?

〇〇証券という会社名をつけるためには
金融庁の免許が必要となる業態です。

金融ビジネスなので簡単に創業する事は出来ません。

野村證券、大和証券、SBI証券、
楽天証券、カブドットコム証券など
色んな証券会社がありますがせいぜい
10~20くらいだと思います。

しかし以外にも現在日本には
約260社と沢山の証券会社があるのです。

証券会社のビジネスモデルの収益は
手数料となりますがネット証券の
登場で手数料が安くなっています。

証券会社は、投資家の囲い込みと
売買促進の競争が激しくなり毎年
統廃合が進んで数を減らしてきました。

しかしここ最近その証券会社の減少は底値を付けて
新しい証券会社が立ち上がり少し増加しているのです。

金融とITを組み合わせたフィンテックで新しい
証券サービスを立ちあがっているのが理由です。

大手にはない色々とユニークな
証券会社が登場してきています。

過去のメルマガで売買手数料を無料にしようとしている
新しい証券会社のスマートプラスについて少し書きました。

■参考記事
http://sayatore.com/blog/2018/05/10/8279

上記の記事では詳しく無料に出来る仕組みを
書きませんでしたがスマートプラスでは
「ダークプール」というクローズドの
取引市場を使う仕組みを利用するみたいです。

証券市場の裏側が分からないと
難しいかもしれませんがスマートプラスが
やろうとしている事は個人投資家にとっても
有利になる新しい挑戦です。

また金融業界の裏側を知っている私からすると
本当に攻めた凄い挑戦だと感じています。

■スマートプラス
https://smartplus-sec.com/commission/

その他にも以前、テーマ株の記事を書きましたが
テーマ株にそのまま投資出来る証券会社も新しく出来ています。

■フォリオ
https://folio-sec.com/

■参考記事
sayatore.com/blog/2018/08/27/8446

フォリオに関してはラインとの
業務提携が決まっています。

これから先の若い世代を中心に一気に
証券市場と獲得する可能性もあります。

長年進化せずに減少してきた証券会社ですが
減少数に歯止めがかかり新しい証券会社が
誕生しつつあるのです。

金融という業種では長年の安心感も必要ですが
新設ベンチャーの証券会社にも注目してみると
投資の時代の変化を感じる事が出来るかもしれません。

新しい証券会社の取り組みを見ると
投資にヒントになるかと思います。

【限定100名】
オートレ発注搭載記念980円キャンペーン
https://investars.jp/campaign/form-vip.php

投資で損しているあなた!株価が下がっても儲かる投資法ご存じですか?

当メディア「サヤトレ通信」では、投資初心者の方にも分かりやすくサヤ取り投資や金融経済などお金に関する情報を発信しています。

元・証券会社 → 現・IT企業経営&投資家が運営しているメディアです。

投資で損をしている方は、株価が下がっても儲かる投資法「サヤ取り投資」をお試しください。

まずは、こちらのサヤ取り投資入門レポートをご覧ください!

【初心者向け】サヤ取り投資入門レポート!サヤ取りの説明から取引実践まで

関連記事

  1. ロングショート戦略のペア数

  2. 年末ジャンボ3000円分買うのが一番楽しめる説

  3. 損する投資家ランキング集計

  4. 2020年までにいくら貯めるか?

  5. ベンチャー企業が新規上場を遅らせる理由

  6. スペインとイタリア空売り禁止!

  7. ポケモンの思い出!

  8. ギリシャと日本は似ている!?

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
PAGE TOP