お金持ちへの嫉妬・妬み・僻み

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「お金持ちへの嫉妬」をテーマにお届けします。

私は、過去証券会社の営業で
横浜の高級住宅街を担当していました。

エリアの特色としては、ご高齢の
資産家が多く住む閑静な住宅街です。

お金持ちと言ってもいくつかタイプがあります。

【参考記事】

そのような資産家タイプの富裕層の方々と
話しをする中で私が感じた事ですが彼らは・・・

「自分がお金を持っている事を出来るだけ隠します。」

お金を沢山持っている事を公開する事は
リスクや危険がある事を知っているからです。

自宅に泥棒に入られたり、家族が誘拐されるなど
最悪の場合、犯罪に巻き込まれてしまうかもしれません。

そこまでいかずとも身近なご近所でも
駐車場に高級車を数台停めていれば妬まれて
嫌われてしまう可能性もゼロではありません。

そんなお金持ちに対する妬みや嫉妬を
お金持ちの人は知っているので資産タイプの
お金持ちは自分がお金持ちである事を隠し
出来るだけ質素に目立たず生活しています。

その一方で、ネットが普及して個人が
SNSを使うようになった今では自分が
お金持ちである事を世間に公表する方もいます。

これは成金タイプのお金持ちに多いです。

SNSでリアルを充実している事を
アピールし、贅沢な写真を公開します。

私は、過去にお金持ちがお金を使わずに
銀行預金で寝かせている方を沢山みてきました。

世の中には数千億円持っているお金持ちがいますが
お金はお金を持っている人にしか使う事が出来ません。

お金を散財したりばら撒くという行為に対して
下品に感じたり不快に感じる方がいるのは分かります。

100億持っているけど全く使わずに
銀行預金している資産家のお金持ち

10億円持っているので1億円を
派手に散財して使ってしまうお金持ち

どちらのお金持ちが良いのか?

人それぞれの価値観と異なりますが
私個人は、お金を使わないのであれば
派手にばら撒いてくれる方がいいと考えています。

実際に沢山お金を使い、ばら撒けるのは
限られたお金持ちにしか出来ない事です。

ネットやSNSでお金持ちに対して
僻みを感じる方は自分にはお金が無く
資本主義社会に負けて悔しいだけかもしれません。

人を羨む思いは、上手く使えば
向上心にもつながります。

お金持ちを妬んで攻撃して時間を無駄にせず
自分もそちら側にいけるうよう努力する
エネルギーに転換できるのが理想です。

私個人としては、そのような散財したり
お金をばら撒いている派手な方がいれば・・・

「ありがとうございます!1億円じゃ足りないので
10億・100億とドンドンばら撒いてくださいー!伝説作りましょう!」

もっと沢山派手にばら撒くように
煽って持ち上げたくなると思います。

もちろん感謝もします。

世の中のお金持ちはお金を使う批判を恐れて
お金を使わずに隠れているお金持ちが沢山います。

そのような方はSNSなどしないので
多くの人がその存在を認知していません。

認知されていないので叩かれようがないのです。

貴重なお金持ちは、日本で沢山お金をばら撒き
納税・寄付してもらう事が私は、良いと考えています。

日本でお金持ちを称賛すれば・・・

「日本中の捨て猫は、全て私が私財で保護します」

「日本中の車いすは、全て私が購入して寄付します」

「私が消費税増税分を払うので増税分を延期してください。」

そんなあり得ないような私財の使い方をする
とんでもないお金持ちが現れるかもしれません。

お金持ちを叩いて嫉妬や僻むほど
お金持ちは、日本に嫌気がさして
最後は、海外に移住してしまいます。

過去にお金を持っているにも関わらず
ずっと銀行の預金に入れて全く動いていない
お金持ちを沢山みてきた私の個人的な意見です。

あなたは、お金持ちを妬む思いはありますか?

もしそのような感情がある場合は
どうしてそう感じてしまうのか?

自分自身の心に聞いてお金に関して
真剣に考える機会にしてみてください。

【本日のマネー実践タスク】

お金持ちに嫉妬していないか考えてみましょう。


メールアドレス

関連記事

  1. レオパレスの不正と不動産オーナーのリスク

  2. 定年まで会社勤めする凄さ

  3. ストップ高の銘柄を買う方法・ストップ安の銘柄を売る方法

  4. ペットボトルの蓋が勝手に動く現象

  5. マネックス証券サヤ取り投資オンラインセミナー終了

  6. 証券会社の先輩に殴られても自己責任という考え方

  7. テレビ局が株主のメリットとは?

  8. ソフトバンクがWeWorkに投資する理由は、凡人には分からない!?

  9. 学校でお金の教育をしない理由

サヤトレ会員のサヤ取りブログ

人気記事

おすすめ記事

代表・増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP