サヤトレロングショートファンドの運用報告

株式会社サヤトレの増田です。

本日は、週末ですので読者参加企画サヤトレロングショートファンドの途中経過についてご報告します。

3月19日から運用スタートした損益状況は、+445,300円(投資利回り1.390%)です。

■みんなで作ろう!サヤトレロングショートファンドの損益状況
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1Dwy-gaWOOuEd7J3Ni28siWKOgR-DvEgp4ydILLwa2Pk/edit#gid=0

買い16銘柄のTOPIX騰落率比較でみると5勝11敗と負けている銘柄の方が多いです。

インパクトHD(メディアフラッグ)と正栄食品工業が大きく値上がりしているので全体の損益合計としては、利益が出ています。

このような損益結果になった場合、多くの人は、結局大きく値上がった当りの銘柄だけ買えたらいいと考えがちです。

しかし繰り返しお伝えしておりますがこの投資戦略は、買い(ロング)16銘柄で一つのチームと考える事が投資では、大切です。

ホームランを打つ選手も居れば空振りしてエラーする選手もいます。

チーム全体で勝つ考え方が重要とお考えください。

この考え方が理解出来ない投資家は、毎回ホームランを打つ選手を探し続けるでしょう。

一生かけても見つからないと思います。

【参考記事】
http://sayatore.com/blog/2019/03/27/10274

実際の株価を使ってシミュレーションしているので不謹慎ですが6月までに株価が大きく暴落してくれるとロングショート戦略のヘッジ効果を伝えやすいです。

今のように株価が上がっていると実例では、どうしてもTOIPXは、信用売り(ショート)しなくても良かった。

そう考える方が出てします。

ロングショート戦略は、株価全体が上がっても損益全体に恩恵は、ありません。

よって実践している投資家の心理的には、株価が下がった時の方が嬉しい気持ちになります。

まだまだ保有期間あるので暴落のチャンスはあります。

毎日、株価と損益推移データを更新して管理していますので下記から確認いただけると幸いです。

■みんなで作ろう!サヤトレロングショートファンドの損益状況
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1Dwy-gaWOOuEd7J3Ni28siWKOgR-DvEgp4ydILLwa2Pk/edit#gid=0

今後もロングショート戦略を普及出来るように努めてまいります。

【本日のマネー実践タスク】

サヤトレロングショートファンドの損益状況を確認しましょう。


メールアドレス

関連記事

  1. BIGで10億円当たった時の使い方【続き】

  2. ブロックチェーンの分かりやすい説明

  3. サヤ取り投資の失敗実例「バンドウォーク」

  4. 日経平均とNYダウのサヤ取り

  5. VIX指数(恐怖指数)でヘッジする方法

  6. 東岳証券のサヤ取りシステムトレード

  7. ロングショート戦略の組み合わせ

  8. パナソニックは、超ホワイト企業

  9. NT倍率のサヤ取りが上手くいかない理由

人気記事

おすすめ記事

代表・増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP