三井住友銀行の営業ノルマ廃止について

株式会社サヤトレの増田です。

本日の日経新聞に次のような記事がありました。

■銀行・証券、脱ノルマに3つの理由 三井住友「廃止」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44128200U9A420C1EE9000/?nf=1

銀行・証券業界には、金融商品の販売ノルマがあります。

従来この販売ノルマを職員が達成するために顧客の高齢者への強引な営業がありました。

年金生活のおじいちゃん・おばあちゃんにリスクの高い金融商品を販売する行為は、職員側にとっても精神的に中々きついです。

その結果、優秀な人材は、退職して若手人材の獲得も困難になっています。

■強引な営業への「反省」

■人材確保という「守り」

■提案型営業の強化の「攻め」

上記3点の理由から三井住友銀行は、金融商品の販売ノルマを廃止するとの記事です。

10年前に私が金融業界に感じていた事がそのまま書かれている記事だと感じました。

今日・今月のノルマをクリアするために強引な金融商品の営業は、全国に支店を持つ金融機関では、珍しくなく行われています。

私個人が金融や投資に関する職業において最も重要であると考えているのは「信頼」です。

金融や投資は、多額のお金を扱う職業です。

職員がノルマ達成のために強引な勧誘をして信頼を失うかもしれません。

金融商品の販売ノルマがあることで月末に職員が追い込まれて顧客に無理な勧誘で信頼を失っているケースは多いでしょう。

銀行や総合証券会社のような対面がメインの金融機関は、三井住友銀行のように今後、少しずつ変わっていくかもしれません。

一方、ネット証券は、総合証券会社とは大きく異なります。

ネット証券は、基本受け身なのでお客がネットで口座解説をして自らの意思で投資するビジネスモデルです。

直接、対面営業で投資勧誘する事は基本ありません。

明日マネックス証券のオンラインセミナーに出演させていただきますが、私は観たい人だけが参加して観ていただける素晴らしい仕組みだと思います。

対面での強引な勧誘で売り上げるよりも長く信頼を積み重ねて最終的にお客に選んでもらえる会社が私は、好きです。

自分自身もサヤトレもそうなりたいと目指しています。

マネックス証券のオンラインセミナーは、明日の夜8時から出演します。

生放送なので緊張しますが、お時間ある方はご覧くださいませ。

【4月25日(木)20:00~21:30 マネックス証券オンラインセミナー】
■サヤ取りツール開発者が解説!株価暴落でも利益が狙える投資戦略とは?
https://info.monex.co.jp/ts-info/seminar/20190425.html

【本日のマネー実践タスク】
強引な対面営業や勧誘をしてくる会社のイメージについて考えてみましょう。

投資で損しているあなた!株価が下がっても儲かる投資法ご存じですか?

当メディア「サヤトレ通信」では、投資初心者の方にも分かりやすくサヤ取り投資や金融経済などお金に関する情報を発信しています。

元・証券会社 → 現・IT企業経営&投資家が運営しているメディアです。

投資で損をしている方は、株価が下がっても儲かる投資法「サヤ取り投資」をお試しください。

まずは、こちらのサヤ取り投資入門レポートをご覧ください!

【初心者向け】サヤ取り投資入門レポート!サヤ取りの説明から取引実践まで

関連記事

  1. 日本郵政の目論見書のポイント

  2. 投資の営業アポイントの変化

  3. 投資家に必要な7つのスキル総まとめ

  4. 3月末権利確定日に株価が上がる裏の理由

  5. サヤ取り投資の軸銘柄と脇銘柄

  6. お金ばら撒き新規発行は、価値を下げる

  7. 日本企業の終身雇用は終わる

  8. 投資で損している時に考えるべき事

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
PAGE TOP