株価が下落しても利益が出る投資法

株式会社サヤトレの増田です。

本日の日経平均株価は、期待されていた
日銀の追加金融緩和が見送られた結果
前日比624円(3.61%)安の大幅続落です

そんな中でサヤトレLS会員にお伝えしている
マーケットニュートラル戦略の損益結果を確認してみましょう。

■マーケットニュートラル戦略の損益

マーケットニュートラル戦略の解説は
下記の過去記事をお読みください。

【参考記事】

本日の株式市場が大きく下落しております。

しかしマーケットニュートラル戦略では利益が倍増しています。

これはポートフォリオ全体で
どういった現象が起こっているのでしょうか?

現在検証中のマーケットニュートラル戦略は
次のようなポートフォリオ(資産構成)となっています。

【検証中のマーケットニュートラル戦略】
(TOPIXや日経平均などのインデックス指数=売り)
■日経平均 170万円 売り

(値上がりを予想する銘柄=買い)
■電気機器銘柄A 34万円 買い
■精密機器銘柄B 34万円 買い
■情報通信銘柄C 34万円 買い
■輸送用機器銘柄D 34万円 買い
■化学銘柄E    34万円 買い

株価指数を170万円分空売りして同時に
個別株を5銘柄に34万円ずつ分散して保有します。

これで「買い170万円」と「売り170万円」で
両建て売買のポジションとなります。

この状態で保有している個別銘柄5つの騰落率が
日経平均株価の騰落率よりも上回ったパフォーマンスとなれば
その上回った分が利益になるイメージです。
(通称:アウトパフォーム)

「株価指数」と「個別株」に分けて解説させていただきます。

仕掛けを行なった時点から日経平均株価は下落しております。

日経平均株価はショート(売り)しているので
株価が下落した分が利益となります。

本日時点で利益は+29,640円です。

そして買い保有している5つの銘柄ですが
日経平均株価が下落しているにも関わらず
頑張って利益を出している銘柄が多いのです。

【買っている5銘柄の損益イメージ】
■電気機器銘柄A ちょっと利益
■精密機器銘柄B ちょっと利益
■情報通信銘柄C 損失
■輸送用機器銘柄D ちょっと利益
■化学銘柄E    利益

上記5銘柄を足した利益+10,776円

日経平均ショートの利益+29,640円
個別株ロング5銘柄の利益+10,776円
合計の利益=40,416円

上記のような損益結果となります。

買いと売りを組み合わせた両建て売買では
本日のように大きく株価下落する日でも怖くありません。

むしろ利益になる事もあります。
(反対に上昇相場で損になる事もあります)

相場の上下に一喜一憂する事は無くなり
優良な銘柄を選ぶことで安心して保有出来るのが
マーケットニュートラル戦略の良い点です。

今回運営側にて選定した5銘柄は
好業績で利益率の高い企業を証券会社の
無料スクリーニングツールで選定しました。

(スクリーニングツール=条件を入れて銘柄を検索するツール)

これまで私は有料・無料のスクリーニングツールを
色々と使ってきましたが無料で使うのであれば
楽天証券のスーパースクリーナーがお勧めです。

とても使いやすく素晴らしいツールです。

■スーパースクリーナーの解説(動画を見ると分かりやすいです)
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/learn/seminar/ondemand20150703.html

楽天証券に口座を持っていると無料で利用出来ます。

■楽天証券の口座開設
http://investars.jp/about/rakuten.html

サヤトレも楽天証券のスーパースクリーナーも
一番儲かる条件というのは存在しません。

結局のところ使う投資家の腕によって成績が変わります。

しかし膨大な数の銘柄の中から絞り込みが可能ですので
上手くご活用いただく事で時間の短縮や投資結果の向上に
繋がる可能性は高いことでしょう。

今回、運営で選定した5銘柄が正解かどうかは分かりませんが
サヤトレLSの会員様には今後私自身のスクリーニングツールの
使い方などもお伝え出来ればと考えております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

明日からGWですね。

私は、人ごみが苦手なのであまり出かける
予定は立てていませんが折角のキャンペーンが
終わった休みなのでゆっくりしたいと思います。


メールアドレス

関連記事

  1. 合計損益率と利回りは違う

  2. おとり物件よりもエグイ投資業界の裏側

  3. 安定的に儲かったロングショートの組み合わせ

  4. オルタナティブ不動産投資レポートプレゼント

  5. 証券会社の暗黙のルールとは?

  6. シャープ債券の利回りが上昇するとどうなるか?

  7. マザーズとジャスダックの違い

  8. 株価指数を活用したサヤ取り手法の解説

  9. 証券会社のレーティングは無視しよう

人気記事

おすすめ記事

増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP