オートレ発注のカブコム新APIの変更方法解説

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「サヤトレのオートレ発注」をテーマにお届けします。

有料版サヤトレには、オートレ発注という機能があります。

■サヤ取り投資ペア検索ツール『サヤトレ』⇒ https://investars.jp/

オートレ発注の機能は、サヤトレで抽出したサヤ取り投資ペアをサヤトレから証券会社に直接、株売買の注文を発注する画期的なシステムです。

ユーザーが設定したネット証券会社のAPIという仕組みを利用する事で安全性高く証券口座にログインする必要なく、2銘柄の買い(ロング)と信用売り(ショート)注文が可能です。

証券口座にログインせずに株が売買出来るなんて怖いと思う方もいるかもしれませんが、「API」という証券会社側が提供しているシステム公開によって安全性が確保されています。

投資家目線私自身も最初は、少し不安でしたが、証券口座にログインせずに行う自動売買を行うようになってからは、APIの利用は必須になりました。

現在、日本の個別株式で出来る証券会社は、カブドットコム証券のみです。

また証券会社のAPI発注の技術開発の橋渡しをしている会社がオートマチックトレード社です。

■オートマチックトレード
http://www.automatictrade.net/

日本で自動売買が普及する仕組みを作るために活動している企業です。凄いですね!

時代の先行き過ぎていますが、車の自動運転が「自動ブレーキ」や「急停車防止」など少しずつ普及していくように投資業界も少しずつ自動化は、進んでいくと予想しております。

そして本日の本題に入りますが、直近カブコム側のAPIにて新しく「新kabu.com API」の誕生にてサヤトレのオートレ発注でも会員様に変更設定の協力をいただく必要となりました。

現在、サヤトレのオートレ発注で利用しているカブドットコム証券のAPIは「旧API」です。

(カブコム公式で(新)と書かれていないAPIを旧と勝手に呼んでいます)

本日はサヤトレのオートレ発注を「新API」に設定する手順をお伝えします。

手順ステップは大きく2つです。

カブドットコム証券で新APIをゲットしてその新APIをサヤトレで設定するだけです。

【手順1】カブドットコム証券で新APIを設定

まずは、カブドットコム証券にログインして新kabu.com APIの利用設定を行っていただきます。

カブドットコム証券 らくらく電子契約ページ
https://s20.si0.kabu.co.jp/members/personal/dkstatus/dk01101.asp

らくらく電子契約ページに掲載されている「その他サービス」新kabu.com API利用設定の 「設定・変更」ボタンをクリックしてください。

API連携サービスページの「kabu.com API」利用設定が表示されます。

「設定」ボタンをクリックしてパスワード設定画面に進み、パスワード設定を完了してください。

APIパスワード設定の最後に入力するパスワードは、APIパスワードではなく「カブドットコム証券アカウントのパスワード」です。

APIパスワード設定が完了しAPI連携サービスページに戻ると「APIユーザID」を確認できます。

このAPIユーザIDは、サヤトレのオートレ発注設定の際に利用します。カブコムの証券口座番号とは、別の文字列です。

API連携サービスページに戻り、外部ツールからサヤトレの「登録」ボタンをクリックして利用登録を完了してください。

これでカブドットコム証券での「APIパスワード」「APIユーザID(ご利用ID)」「サヤトレの利用登録」が完了です。

【手順2】サヤトレのAPI設定手順

有料版の高機能版サヤトレにログインいただき会員限定ページから「口座管理変更フォーム」をクリックします。

■オートレ発注証券口座管理
https://investars.jp/member/form-account.php

サヤトレユーザーがオートレ発注の登録を完了していると、口座情報を登録して発注することが出来るようになります。

証券口座の選択設定で「(新)カブドットコム証券」を選択して「口座設定」をクリックしてください。

クリックすると、kabu.com APIログイン画面が表示されます。

先ほどカブドットコム証券で設定した新APIの情報をご入力ください。

カブドットコム証券に登録中のアドレスで認証コードを受信したら、2段階認証画面に入力します。

ご利用のデバイスのログイン設定で「設定」ボタンをクリックしてください。

ご自宅の環境などであれば、有効にしておくことで再度ログインする際に手間が省けます。

アクセス権限の有効期限を1~180の間で設定して「はい」をクリックしてください。

注意点として設定した有効期限を過ぎてしまうと、システムが証券口座にアクセスできなくなります。

有効期限を過ぎてしまう前に、同じ手順で期限を延長していただく必要がございます。

再設定が面倒な場合は、有効期限を「180」で設定いただく事をおススメします。

kabu.comからサイトに戻り、証券口座の登録処理が完了します。

「登録済みです」と表示されていれば、カブコム新APIの設定変更は完了です。

以上がカブコム新APIの利用設定とサヤトレでのAPI設定の方法です。

また既存の会員様で既にカブコム旧APIを設定している方も新APIへの変更手続きよろしくお願いします。

■オートレ発注証券口座管理
https://investars.jp/member/form-account.php

旧APIを利用したオートレ発注に関しては、今後ご利用いただけなくなります。

本日以降、分かりにくい点やいただきましたご質問を元に、情報を整理、分かりやすくまとめます。

既存の会員様には、後日再度アナウンスさせていただく予定です。

証券会社やフィンテック企業による新しい技術革新の登場で常にバージョンアップ対応を行っております。

クラウド上で完結してお客様の手間が必要ないバージョンアップもありますが、お客様側での設定変更が必要なケースもございます。

お手数ではございますが、どうぞご理解のほどよろしくお願いいたします。

今回のサヤトレのカブコム新API設定の変更に関して、ご不明な点があれば、下記のお問合せよりご連絡ください。

今後ともサヤトレをどうぞよろしくお願いします。

■お問い合わせ先
https://investars.jp/contact.php

投資で損しているあなた!株価が下がっても儲かる投資法ご存じですか?

当メディア「サヤトレ通信」では、投資初心者の方にも分かりやすくサヤ取り投資や金融経済などお金に関する情報を発信しています。

元・証券会社 → 現・IT企業経営&投資家が運営しているメディアです。

投資で損をしている方は、株価が下がっても儲かる投資法「サヤ取り投資」をお試しください。

まずは、こちらのサヤ取り投資入門レポートをご覧ください!

【初心者向け】サヤ取り投資入門レポート!サヤ取りの説明から取引実践まで

関連記事

  1. サヤトレからの配信メールドメインの変更について

  2. サヤトレ・バージョンアップ情報(お気に入りペアのCSV取得)

  3. サヤトレトップページの改良更新のご報告

  4. サヤトレバージョンアップ「サヤ取りペアお気に入りフォルダの移動」

  5. 株価データ管理が困難な理由(運営の裏側)

  6. NT倍率のサヤ取りが上手くいかない理由

  7. 個人投資家オンラインコミュニティー「CRANEs」

  8. サヤトレの改良(問題の根本解決を目指す)

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
PAGE TOP