かぼちゃの馬車投資して損した借金をスルガ銀行は、帳消しにするべきか?

株式会社サヤトレの増田です。

本日は昨日に引き続き「借金」をテーマにお届けします。

【参考記事】

日本では、お金に対する教育がありません。

世論や一般的なイメージに流されるのではなくご自身でお金の知識をつける事が大切です。

自分がいる立場によって判断の良し悪しは、変わりますが本日、借金について考えるきっかけとなるニュースがあります。

ぜひこの問題について考えてみてください。

それは、スルガ銀行の借金帳消しに関する記事です。

■スルガ銀行、異例の借金帳消し(日経新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52421800Q9A121C1EE8000/

スルガ銀行と破綻したシェアハウスかぼちゃの馬車の不正融資問題をご存知無い方もいるかもしれません。

まずこの問題を簡単に解説します。

「かぼちゃの馬車」は、スマートデイズという企業が運営していた女性専用シェアハウスです。

このシェアハウスの仕組みは、オーナー制度になっています。

最初にオーナーがお金を出してリスクを取り物件(シェアハウス)を所有します。

その物件に人が住むとオーナーには、毎月、家賃収入が入る仕組みです。

つまり物件を立てて人に貸す不動産投資(大家さん)です。

スマートデイズは、オーナーに対してそれらの運営サポートを行っていました。

オーナーは、お金だけ出せば、不動産の知識が無くても丸投げ出来るのです。

スマートデイズは、不動産価値の低い物件をオーナーにボッタくり価格で販売して儲けます。

そもそも不動産投資は、基本的にお金に余裕あるお金持ちの投資です。

しかし、かぼちゃの馬車のオーナーの多くは、お金も金融知識もない会社員がほとんどでした。

会社員で安定した給料にプラスして不動産投資で大家さんになり不労所得を手に入れたいと考えたのでしょう。

CMでタレントのベッキーが出ているので安心。

日本人の心理を上手く利用して沢山の会社員が投資したのです。

シェアハウスのような物件を立てるには、最初に多額のお金が必要となります。

シェアハウス1つ1億円以上するみたいですが会社員は、毎月の安定給料はありますが1億円のような貯金は、まずありません。

そこでスルガ銀行からお金を借りてシェアハウスを建てて、その家賃収入でスルガ銀行に毎月の借金を返す。

自転車操業の投資知識のない会社員による不動産投資が繰り広げられていたのです。

本来、銀行は、お金の無い人にお金を貸しませんが他行の銀行預金の通帳を偽造して預金残高があるように見せてスルガ銀行の融資審査を通します。

そしてその通帳の偽造に関してもスルガ銀行は、真実を知っていましたがお金を貸したいので気付かないふりをして融資していたみたいです。

最終的にシェアハウスを運営していたスマートデイズは、破綻して物件所有しているオーナーは困り、スルガ銀行の不正融資も明るみになったのが問題の一連の流れです。

物件オーナーの会社員(投資家)

スマートデイズ(不動産投資のサポート)

スルガ銀行(不正を知りながらお金を貸した)

登場人物は、3者です。

誰のどこが悪く、どう責任を取るべきだとあなたは、考えますでしょうか?

文句を言いたいスマートデイズが倒産したので物件オーナーの会社員達は、スルガ銀行の前に立ち日々抗議を行い自分の借金の帳消し求めていました。

なんと本日のニュースでは、スルガ銀行がシェアハウス所有者を対象に融資を帳消しにする異例の対応をとる方向になったというニュースです。

借金して投資した人達は、大喜びでしょう。

しかし投資家目線の私からすると、銀行側の対応は、本当に良いのか疑問です。

この判例が長い未来、真面目にやって融資を受けたい個人や会社が不利になるような気がしてなりません。

そう感じる理由は、シェアハウス投資を行った会社員は、結果的に自分の預金通帳を偽造してスルガ銀行からお金を借りていた訳です。

通帳残高の偽造をオーナー本人がどこまで知っていたのか?

これは、裁判において重要なポイントになる事でしょう。

結果的に本来ならお金が無いと出来ない不動産投資が結果的に特別に出来たのは事実です。

これは、投資家側にとっては嬉しい事ですよね。

投資家が家賃保証をしていたスマートデイズに対して怒る思いは、分かりますが倒産しているので何も出来ません。

しかしスルガ銀行に対しては、多額の融資をしてくれてありがとう。

投資結果が損失なので抗議していますがもしシェアハウスへの投資が上手くいっていたら上記のように感じていたのではないでしょうか?

頭金貯めて、資産担保に入れて本当にリスクを取っている不動産投資家からすると投資で損したら借金が帳消しになるのは、おかしいと感じる事でしょう。

「元本保証」「家賃保証」「大手なので安心」「芸能人がCMしているので安心」など

投資の世界では、よく使われますが結局その運営会社が倒産したら終わりです。

投資に絶対はありません。

不動産投資で不労所得を得る事を憧れる会社員の方は、多いです。

しかし投資の世界は、素人が誰でも儲かるほど甘くありません。

投資の知識が無いにも関わらず1億円の借金リスクを背負い投資する。

これは、かなりリスク高いですよね?

今回のニュースでぜひお金を借りる事や投資のリスクについて考えてみてください。

また今回のスルガ銀行の借金帳消しの判断に対して、あなたはどのように感じますか?

下記にアンケートをご用意したのでクリック協力いただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いします。

【アンケート】

■スルガ銀行の借金帳消しに「賛成」
https://abaql.biz/brd/archives/zucwga.html

■スルガ銀行の借金帳消しに「反対」
https://abaql.biz/brd/archives/dgivvc.html


メールアドレス

関連記事

  1. 学校でお金の教育をしない理由

  2. LINE(ライン)株の買い方

  3. 投資初心者への最速アドバイス ステップ3 損失に慣れよう

  4. ルーズリーフファイル特許出願

  5. 投資は、大損してからが本当のスタート

  6. 個人投資家が運用資金額と心のバランス

  7. IT社長がモテる3つの理由

  8. ロシア暴落で投資のチャンス!!

  9. 世界の金融市場が開くサイクル

サヤトレ会員のサヤ取りブログ

人気記事

おすすめ記事

代表・増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP