2020年の相場予想と投資で儲ける考え方

株式会社サヤトレの増田です。

明けましておめでとうございます。

2020年初めのメルマガです。

今年も投資やお金に関するテーマでお役に立てる情報を配信していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

最初なので毎年恒例ですが「相場予想」をテーマにお伝えします。

2020年の相場に関して皆様は、どう予想しますでしょうか?

上がると予想する方もいれば、下がると予想する方もいるでしょう。

いつも通り私の相場予想は、外れるのでお伝えしませんがネットで少し検索した感じ今年も2割程度上がると予想している方多いみたいです。

日経平均が23,000円とすると2割上昇で27,000円~28,000円というイメージです。

他人の相場の予想を聞く事は、面白いですが、このような1年後の相場予想が当たる精度は、初詣で引くおみくじと同じレベルです。

おみくじについて詳しく解説するまでもありませんが、おみくじは、ただの確率で書いてある内容は、全部適当です。

私も毎年おみくじを引き楽しんでますが、おみくじ自体に科学的な根拠は、全くない事を理解して楽しんでいます。

おみくじで大吉が出ても大凶が出ても生活に影響は、全くありません。

その人本人に思考と行動次第です。

世の中多くの個人投資家は、証券会社で働く会社員が予想した適当な相場予想でも、とてもありがたがって信じます。

しかしその占い結果は、3ヶ月も経過したらその予想の数字は、みんな忘れているのです。

証券会社員の相場予想がハズレても誰も覚えていないので叩かれません。

(相場予想は、難しいので分からない)

そして来年も同じように相場を占う繰り返しです。

本日1年の初めにお伝えしたい事をまとめます。

他人の相場予想は、あくまでおみくじと同じ。

2020年の相場が大吉(上昇)でも大凶(下落)でも個人投資家は、どちらを引いても対応して利益にしましょう。

ひいたおみくじの結果に関係なく儲けを狙う事を目標にしてください。

結局のところ相場が上がっても下がっても関係なく儲ける事が出来ないといずれ大きな暴落が来たら大きく損をしてしまう事でしょう。

2020年の相場が上がろうが下がろうが買い(ロング)と信用売り(ショート)を上手く活用して相場で儲けてください。

2020年相場がどうなっても投資で儲ける。

これを目標に資産運用を行いましょう。

今年もどうぞよろしくお願いします。

関連記事

  1. MMT(現代貨幣理論)の解説(ウォーレン・モズラーの名刺)

  2. 投資家オンラインコミュニティー参加方法

  3. 東証のシステムミスで稼ぐ個人投資家CISの思考

  4. ITビジネスの作り方 コツ2

  5. 東証TOPIX100とTOPIX1000一覧まとめ

  6. バブル相場の逃げ時「炭鉱のカナリア」

  7. 電気自動車のソフトウェア覇権はどこ?

  8. サヤトレ会員のサヤ取り投資成績を公開

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
 
PAGE TOP