225オプション2020年03月限プット15000が235円のミスプライス

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「ミスプライス」をテーマにお届けします。

直近、相場に動きがあり過ぎて面白く興奮して眠れない日々を過ごしています。

先週末のメルマガにて現在は、数年に1度のピンチ(チャンス)とお伝えしました。

【参考記事】

訂正します。

10年に一度のピンチ(チャンス)です。

1枚100円のマスクを1000円〜1万円で買う人がいるように人はパニックになると異常な価格で株を売買する事があります。

私が株式市場のミスプライスを前に経験したのは、2011年の東日本大震災において原発が爆発した時です。

もう9年前ですね。

震災後、週明けに勤めている証券会社に出社。

原発が爆発しているニュースを見ながら日本市場の先物価格とシンガポールの日経先物価格が大きく乖離している状況。

後場に東証が寄り付いてからも現物と先物の価格が一致しないミスプライス。

証券増田「えっコレどういう状況?どうするのが正解なん?」

当時は、投資レベルも金融知識レベルもまだ低かったので投資家としてミスプライスを利益に変える正しい行動が分かりませんでした。

分かっていても動けていなかったでしょう。

後から詳しいお客の投資家に教えてもらいました。

正しい行動は、サヤトレ通信プレミアムにて解説します。

そして週末の金曜日深夜に経験したミスプライスがオプションのプット価格です。

深夜2時に個人投資家コミュニティーにて一人で興奮して書き込みをしています。

加入している方は、ぜひぜひ読み返して現在のプットの価格と比較してみてください。

投資家コミュニティーは、今月中にメルマガ読者も参加出来るように招待します。

2020年2月28日の深夜にオプション取引のプットの価格は大きな異常値をつけます。

一番下の権利行使価格として日経平均15000円プット3月限の価格がなんと235円を付けているのです。

これは瞬間的なフラッシュクラッシュではありません。

深夜帯の時間ずっと100円〜200円程度ミスプライスでの売買が続いていました。

日経15000円プットオプションの価格235円を分かりやすく説明すると・・・

■プット売りの場合・・・
3月SQ(3月12日終値)までに日経平均が15000円までに下落しなければ、1枚売るだけで23万5000円の利益になる。

■プット買いの場合・・
2日前に2円で売買されているプットを買っていた方は、2日間で価格が100倍以上に跳ね上がった大儲けです。

SQ日(特別清算指数)まで残り2週間とわずかな期間で日経が15000円を割り込まなければ、大きなリターンを得る事が可能です。

99%勝てる勝負と言えるでしょう。

途中で負けの1%引きそうと思えば、諦めて損切りすればOKです。

3限月まで残り2週間の日経15000円プットが235円を付けるのは、異常だと分かるでしょう。

人か機械が分かりませんが、パニック的な売買を行ってミスプライスがついているのです。

その後、土日を挟んで投資家冷静になります。

本日15000円プットの価格は、26円に落ち着きました。

■日経225オプション2020年03月限プット15000

直近の相場は、2011年の東日本大震災以降色々と異常な事が発生している特殊な相場です。

従来、皆様が使ってきた投資戦略が一時的に機能しない可能性があります。

投資する金額を減らすなどリスクを軽減する事をおススメします。

またこのような異常な相場では、自分が正解と思う投資をデモ取引で練習してみるのも良いかもしれません。

今の相場を経験しておくと10年後に同じような状況が発生した際に焦らず正しい行動を取れる可能性が高まるからです。

まだ異常な相場は、収束しておりませんが今回私も経験値を得る事が出来ました。

混乱が落ち着けば会員限定メルマガにて「サヤ取り通信プレミアム」にて結局どう行動する事が正解だったのか?

詳しく解説したい考えです。

繰り返しになりますが注意喚起です。

オプション・先物・信用取引・FXなど「レバレッジが効く投資対象」において高いレバをかけて「片張り取引」をしている方!

よく聞いてください。

今の相場において買いor売りの2択を外すとあなたの人生が大きく歪むかもしれません。

本日、日銀の株買い発言で反発しています。

しかしどさくさに紛れて北朝鮮が日本にミサイルを打ってきているニュースも入っています。

北朝鮮がお金目的に225を信用売り(ショート)後に日本にミサイル打って株価を下げてくる可能性もゼロではありません。

いろんなシナリオやリスクが考えられます。

何が起きるか分からないので生き残るためにも投資の資金量を下げておく事をおススメします。

そして例外ですが・・・
過去にこのような暴落を何度も経験して訓練を積みレベルを上げてきた強者の方。

もし今の相場と戦える自信がある方は、直近の相場は、震災以降大きなチャンスかもしれません。

自分の体力(資金量)とMP(精神力)と投資レベルを見極めて戦い大勝利してください。

リスク覚悟して大勝負しにいく方は、勝った時に大きなリターンとなります。

それが投資のルールです。

皆様、投資への関わり方はそれぞれですが異常な相場がまた続いている事を前提に行動ください。

以上、皆様の資産運用のヒントになれば幸いです。

■有料版メルマガ サヤトレ通信プレミアム
⇒ https://investars.jp/member/form-mail.php

関連記事

  1. 年末年始にしない方が良い3つの事

  2. 本当に優しい人は、怒ってくれる人

  3. 弱っている女の子に優しくするとモテる

  4. マーケットニュートラル戦略の解説

  5. トヨタが水素燃料電池車(FCV)を仕掛けるタイミング

  6. アフターコロナで儲かる業種は、IT・情報通信

  7. 決算発表前の銘柄への投資

  8. トヨタが電気自動車を作らない経営戦略

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
 
PAGE TOP