投資に向いている人の3つの特徴

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「投資に向いている人の特徴」をテーマにお届けします。

私は、投資に限らず世の中に
沢山の選択肢がある中で何事にも
向き不向きが存在すると思っています。

この向き不向きは「才能」という言葉に
言い換える事が出来るかもしれません。

自分が何に向いているのか?

あなたは自分自身の向き不向きを
正確に見極める事が出来ていますか?

■営業は慣れ

■人前でのスピーチや司会は慣れ

■単純な事務作業は慣れ

「慣れ」「経験」「練習」のような
言葉を述べる体育会系思考の方も
多いですが私はそうは思いません。

私は、自分に向いていない事は諦めて
自分に向いている事に力を入れています。

そしてそれは投資も同じであり
投資にも向き不向きがあると考えています。

投資が不向きの方が投資を頑張る事で
不幸になってしまう事もあると考えています。

投資は1人(1家族)の人生を狂わすに
十分は破壊力を持っているのです。

【参考記事】

本日は、私が考える
「投資に向いている人の特徴」を3つご紹介します。

ご参考にしていただければ幸いです。

その1
■お金に関する執着やトラウマや罪悪感が無い

幼少期に両親のお金に関する
教育や家庭環境は、大きいです。

「お金は汚い物、お金は悪」というような教育や
家庭が貧乏で苦労した人は投資でお金を稼ぐどころか
働いてお金を得る事も難易度が高くなると私は考えています。

例外的に過去、超貧乏でそのバネから
大金持ちになったサクセスストーリーは
多くありますが、例外と考えた方がいいでしょう。

お金に対して大きなトラウマや罪悪感が
無いのは投資に向いている人の最低条件です。

寝ている間に大金が入って来る
可能性があるのが投資の世界です。
(その逆もあります)

お金に対する罪悪感が無い方が
投資に向いていると私は考えています。

その2
■論理的思考のゲーマー

投資の世界は、現金勝負ではありません。

あくまでもパソコンの画面上の数字です。

財布の中に10万円入っていれば大金です。

しかしパソコンの画面上に
「残高1,000,000」と表示されていれば
100万円を持っている事になります。

読む方によっては不快に感じるかもしれませんが
投資の世界は、ネット上の数字を増やすゲームに
近いのが現代の投資家のリアルな実情です。

これは投資で成功した多くの方が
本音でそう言っている事実です。

「残高1,000,000」というネット上の数字は
100万円という大金で大切なお金なのは間違いないです。

しかし投資という世界で結果を出すためには
ゲームでステータスを伸ばしたり
ハイスコアを目指す感覚が少なからず
必要であると私は考えています。

ゲーム(金融市場)の仕様のバグ(サヤ)を発見して
残高というスコアを伸ばせるのが一番理想と言えるでしょう。

その3
■決断力がある

決めたらやる!
やらないと決めたらやらない!

上記のように決断力がある方は投資に向いています。

逆を言えば優柔不断は投資に不向きです。

色々と正しい情報探してリサーチして
自分の意思決定で最終的に投資決断する。

日々の日常生活においては
お昼にどこで何を頼むかなど
小さい事から決断する訓練を
してみるといいかもしれません。

決断力の精度が高くなれば
結果的に投資にも強くなります。

以上が、私が考える投資に向いている3つの特徴です。

日々の資産運用のヒントになれば幸いです。

【本日のマネー実践タスク】

自分は投資に向いている人間かどうか考えてみましょう。


メールアドレス

関連記事

  1. 子供への金融教育の具体事例

  2. 投資家がモテない理由

  3. 日本郵政の目論見書のポイント

  4. 業種別株価指数を使った投資戦略

  5. 相場予想をはずすアナリストは無能か?

  6. JPX日経400とは

  7. 日本でお金の話はタブー

  8. 健康も命もお金で買える

  9. 株価が下落しても利益が出る投資法

人気記事

おすすめ記事

代表・増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP